タイトル

スポンサー リンク

大阪市南東部

魚や なべいち  【鶴橋 / 立ち飲み

味:B+ CP:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市天王寺区舟橋町10-14 【MAP】

営業時間:17:00-23:00

JR環状線鶴橋駅から、線路沿いを北に100mほど行ったガード下にある海鮮が売りの居酒屋。最初は立ち飲み営業だったようだが、今はスツールが置かれて座り飲みになっている。

看板メニューは「気持ち盛り」という刺し身の盛り合わせ(690円)で、サーモン、ハマチ、生ダコ、甘エビ、カツオのたたき、トリ貝酢味噌などが並んでおり、ネタ的にそれほど珍しい物は無いけれど、適切に熟成されて素材の旨味を引き出されており、目利きの確かさを実感させられる。トロ鉄火も脂が乗って溶けるよう。マグロすき身も実質的には大トロで表面が脂でテカテカに光っている。3尾も載ったシラサエビの天ぷら(480円)は、甘い身はもちろんカリカリと揚げられた頭が実に香ばしい。ウニの握り(1貫350円)は、臭み全く無く舌の上で溶けていく。たった230円という魚の中落ち煮は、魚本体よりも冷えてジュレになった煮凝りの旨さがたまらない。

海鮮以外もクォリティは劣らず、地鶏のみぞれ煮は肉の味が濃くブリブリ、揚げナスや小芋の煮物には葉山椒が添えられ、ダシも上質で美味しい。だし巻きも温め直しだがフンワリと大きい。ドリンクは大瓶が480円、梅干しとシソが入った「なべいちソーダ」が380円、焼酎は250円からで、日本酒は500円前後で地酒や吟醸酒がいろいろ揃っている。

(16/09/30 更新)

亀や  【寺田町 / その他・買い物

味:B CP:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区林寺2-7-1 【MAP】

電話:06-6716-9617

営業時間:10:00-19:00

定休日:火曜

アクセス:JR寺田町駅を東へひたすら向かい、ソカイ道路を越えてさらに行った南側

http://www.cybercityosaka.com/ikuno/ikucenter010.htm

ここはおはぎや柏餅、饅頭なんかも売る甘味屋さんだが、売上のほとんどはみたらしだんごだそうだ。

そのみたらしだんごには、普通の甘辛いたれがかかったものの他に、白く透明な蜜に青海苔がかけられた「青いみたらしだんご」があって、どちらもしつこくないさっぱりした甘さで、辛党にもいける逸品である。値段も1本40円と超庶民的価格。千林大宮や西成の萩之茶屋にも店があって、同じものが食べられる。

  • 千林店:「亀屋」大阪市旭区清水3-7-28 06-6954-8748
  • 西成店:「福屋」大阪市西成区花園北2-10-4

(09/10/28 更新)

まもる  【上本町 / 立ち飲み

味:C+ CP:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市天王寺区上本町6-3-31 上本町ハイハイタウンB1F 【MAP】

電話:06-6773-3915

営業時間:11:00-22:55

定休日:無休

近鉄上本町駅に隣接する、大阪駅前ビル群と並ぶB級グルメ集合ビルとして知られるハイハイタウンの中にある、ちとボロいけど常時客で賑わっている立ち飲み店。

この店の売りは、新鮮でボリュームがある海鮮メニューで、イカやタコ、マグロの刺身、鯖きずしが280円、アワビやつぶ貝、中トロが380円という値段でありながら、どれも分厚い切り身で5〜6枚は出てくる気前の良さ。フグ白子など、皿一杯に敷き詰められたホイル焼きでたったの480円である。

他の一品も、揚げ置きとは言え皿にたっぷり載った天ぷら、肉厚の牛串カツの3本セット、小鉢にてんこ盛りのポテトサラダがそれぞれ220円と格安。飲み物も、スーパードライ大瓶が390円、焼酎も「かのか」なら180円で飲めるのだから、コストパフォーマンス的には全く言う事なしのお店である。

(11/09/22 更新)

得一 緑橋店  【緑橋 / 立ち飲み

味:C CP:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区中本1-11-19 【MAP】

電話:06-6977-2040

営業時間:15:00-23:00

定休日:土曜

アクセス:地下鉄緑橋駅降りて交差点を中央大通り西へすぐ北側

牛肉やエビなどの串カツが70円と80円、種類の豊富な一品物は枝豆や冷奴が120円からサイコロステーキ330円まで、結構季節感があるラインナップの刺身もマグロ330円より高くても生牡蠣480円まで、しかも酒は日本酒やチュウハイが170円と恐るべきコストパフォーマンスを誇る店。それでいて味も量も値段ほど悪くないのが素晴らしい。店は殺風景だし吸殻は床に散らばってるけれど、わたしゃ何も文句は言えません。ただただ脱帽。ビール大瓶は390円。

  • 土居店:大阪府守口市土居町2-18 06-4250-1123
  • 大宮店:大阪市旭区大宮2-16-13 06-6953-6144

(2004年以前のデータ)

かんむりや  【動物園前 / 居酒屋

味:D+ CP:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西成区山王1-4-16 【MAP】

電話:06-6646-3558

営業時間:14:00-23:30

定休日:無休

あいりんのベッドタウンである山王地区に現れた異次元空間。表のテントには「たこ焼き・イカ焼き」と書かれてはいるが、実質的には居酒屋(?)として営まれていて、雑然かつ狭い店内には所狭しとメニュー短冊やポスター類が壁を埋め尽くしている。

メニューは、そのたこ焼きとイカ焼きはもちろんの事、お好み焼きにねぎ焼き、肉・野菜の炒め物、揚げ物、麺類、ご飯類、乾き物、果てはかき氷と非常に豊富だが、調理の前準備や下ごしらえは全くされておらず、出来合い以外は店主のモミさんがどこからか材料を探しだして、それぞれいちいち刻んでから手作りするという、ほとんど家庭料理のノリでビックリする。

調理がそういう調子な上に、ドリンクも洗い物も全てモミさんが行うので、料理をオーダーしてから出来上がるまでに30分以上かかる事もザラではあるが、ラーメンどんぶりに豆腐半丁とダシがなみなみ入った湯豆腐、ニンニクと卵で炒められた「そめすけ焼飯」が150円、肉とイカがたっぷり入った、普通に中華屋で出てくるような大きさの揚げそばが350円、モモ肉を150gは使っているであろう唐揚げが300円、もやし炒めまで付いて来る豚平焼き、ホクホクのマグロ天が200円、何故か衣を付けて揚げられた串フランクフルトに、里芋やコンニャク、ゼンマイなどが皿いっぱいに入った野菜の田舎煮が90円という有り得ないボリュームと値段で全てが許せてしまう。

その代わりと言っては何だが、ビール大瓶が460円、チューハイが300円、焼酎水割りシングルが230円、日本酒が200円と酒の値段は割りとノーマルで、逆の意味でちょっと安心させられる。

(12/10/12 更新)

金久右衛門  【新深江 / ラーメン(大阪)

好み:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区深江北3-2-8 【MAP】

電話:06-6975-8018

営業時間:11:30-14:00 18:00-22:00 (月・火・水)11:30-14:00

定休日:日曜

アクセス:地下鉄深江橋駅から中央大通りを東へ行った南側

店の外に屋号は一切無く、真っ白の暖簾と醤油の一升瓶が開店の目印という不思議なラーメン店。

ずっしりとしたコクのある濃口の黒醤油と、あっさりしてながら懐かしさを感じる旨みがある薄口の金醤油、そして中間の紅醤油という3種類のスープと、麺は太麺と細麺を自由に組み合わせるシステムが楽しい。丼になみなみと注がれるスープは、醤油の効いた鶏がら&豚骨のすっきりとしたタイプで、仕上げに加えられた鶏油がこの店ならではのオリジナリティを与えている。具の巻きタイプのチャーシューや半熟味玉もレベルの高い出来。トッピングや卓上にある粗挽き唐辛子やつぶし機で入れるにんにくを加えて好みの味に仕上げよう。

最近は、太麺が平打ちのシコシコとした麺になり、イカの墨を香味油に加えた「大阪ブラック」などがラインナップに加わるなどますます好調。

(08/10/10 更新)

串源  【北巽 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:A CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区巽中1-14-13 【MAP】

電話:06-6754-7793

営業時間:17:30-24:00

定休日:木曜

地下鉄北巽駅にほど近い住宅地の真中にあって、毎夜たくさんの地元客で賑わう穴場店。とは言え憂歌団や桑名正博といった有名人も常連として知られている。

それもそのはず、バラやテッチャンを始め、アカセン、コリコリ、コブクロなど様々なホルモンの串焼きが1本100円と130円と言う値段、生レバーも1本130円で甘くて新鮮そのものと来れば、これで人気が出ないはずが無い。生ものはコブクロやハツはもちろんミノやフク(肺)の刺身など、ホルモン天国の生野区でも珍しいぐらいに充実しており、店の鮮度への自信が伺える。さらに特製ピビンパやユッケジャン、富士山のようななおにぎり、ハラミ+キムチ+生卵の源丼、自家製手打ち冷麺などご飯やスープものも豊富にあり、座敷もあるので同系の大成屋とは違って家族連れにも安心して使える店だ。ヒネ鶏や激辛青唐辛子、絶品のマッコリなど裏メニューも豊富にある様子なので、顔なじみになったらいろいろ聞いてみるべし。

(05/11/07 更新)

中島屋  【鶴橋 / 居酒屋

味:B+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区東小橋3-13-22 【MAP】

営業時間:10:00-22:00

定休日:日祝

鶴橋駅を出て千日前通りを少し東にいったところにある居酒屋。以前は「くにさだ」という店名だったのだが、いつの間にか旧店名である「中島屋」という屋号が復活していた。

おでんを除けばアテの価格は皆300円以上で一見するとCPがあまり良く無さそうだが、この店の看板メニューである980円の刺身盛り合わせを見ればその疑念は消し飛んでしまう。何しろ、大ぶりな皿の中に巨大なマグロ中トロのぶつ切りやエンガワ付きの平目、肉厚のイカ、そして新鮮なウニなどの鶴橋市場直送の新鮮な魚が所狭しと盛られ、この鮮度と量なら普通であれば軽く2倍の値段は取られるような代物なのだ。当然、その魚のアラをふんだんに使っているだろう大きなあさりがゴロゴロ入った赤だし(300円)やおでん(100円より)も絶品。ほとんど中トロのマグロが詰まったぶっとい鉄火巻や大きな海老の寿司(380円)もマストアイテムだ。ただしワサビは粉だし魚系以外のメニューはあまりお薦めできないが。

また、この店には11時から14時までのランチタイムに生ビールと一品で500円になるサービスがあり、一品とは言え巨大なアラ炊きもあったりしてお得感は十分だ。ビール大瓶450円。

(14/09/10 更新)

大成屋  【鶴橋 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:B+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区東小橋3-14-26 【MAP】

電話:06-6972-8385

営業時間:17:00-22:00

定休日:不定

鶴橋駅ガード下に何軒かある串焼きホルモン店の元祖と言われる店らしい。ただ、ここはガード下ではなくて駅の北東、しかも2階という非常に分かりづらい場所にある。表に出された大きな赤い提灯の灯がともっていれば開店の印。

店内のメニューと呼べるものは「串1本120円」と書かれた短冊一枚のみで、席に座ると生キャベツとコチュジャンベースの味噌と甘辛のタレがセットになった皿が出され、焼きあがり次第にハツ、ミノ、テッチャン、コリコリなどのホルモンが次々と並べられる。何も言わないとひたすら追加されるので注意。他にもキモやミノ、コブクロ刺しといった生ホルモン類やキムチ、ひね鶏といった品があるが、それらはその都度注文するシステムだ。

串焼きのホルモンが新鮮でうまいのはもちろんだが、同じように串に刺された生ギモはことさら絶品である。通常良く見る血抜きされたピンク色のレバーとは違って真っ赤な鮮血がしたたり落ちる代物で、見た目に反して臭みの無いコクのある重厚な味わいは、従来の価値観を一変させる衝撃がある。下手をすると開いてる日よりも閉まっている日の方が多いぐらいなので、訪れる前には電話確認を。

(2004年以前のデータ)

丸福  【鶴橋 / お好み焼き

味:B CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区鶴橋2-14-7 【MAP】

電話:06-6741-5482

営業時間:11:00-20:00

定休日:水曜

鶴橋本通商店街の奥でひっそりとたたずんでいる土着店。客はほとんどが常連客で、店のおばちゃんと世間話をしながら勝手にビールなんかを出したりしている。

メニューも大阪的に何でもありという感じで、うどんや丼物、おでんや串カツまであったりする。豚玉450円からあるメインのお好み焼きは、小麦粉でしっかりと焼き上げられた典型的な下町タイプで、卵とダシが効いていて見た目以上にうまい。30円の玉ねぎから、高くても海老やカキの60円までというびっくり値段の串カツも小ぶりながら結構いけるので、お好み焼きが焼けるまでのアテにお薦めだ。

(06/02/10 更新)

大黒 寺田町店  【寺田町 / 居酒屋

味:B CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市天王寺区寺田町2-8-23 【MAP】

電話:06-6772-4343

営業時間:16:00-22:00

定休日:日祝

西九条の本店を中心とする大黒グループの1店。正宗屋とは違ってこちらはメニューも雰囲気もほぼ共通だ。店内は黒を貴重とした和風の空間で気持ちが良く、女性にも抵抗は無い作りだ。立ち飲みで紹介した福島店に比べ、こういった肴をじっくり楽しみたい店は座って飲むほうが合っている。

関サバ400円やマグロ中トロ580円、本マグロアラ塩焼き400円など、量はやや少なめだが良い素材をシンプルに調理した日本酒に合う海鮮メニューが非常に豊富。ただ、ワサビが粉ワサビだったり卓上の塩がアジシオだったりするのが非常に残念。50円ずつ値上げしていいので改善して欲しいところ。

  • 梅田(堂山)店:大阪市北区中崎西2-2-10
  • 京橋店:大阪市都島区東野田町3-1 06-6882-6677
  • 西九条店:大阪市此花区西九条1-33-5 06-6461-4659
  • 福島2店:福島区福島

(2004年以前のデータ)

鈴屋  【緑橋 / 居酒屋

味:B CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区中本3-15-22 【MAP】

電話:06-6971-5596

営業時間:17:00-23:00

定休日:火曜、第3月曜

アクセス:地下鉄緑橋駅から今里筋を南へすぐ

ジャンジャン横丁の八重勝やてんぐなど、大阪と言えば串カツが有名なのだが、その中でもCPで特筆すべき店。

ふんわりとした口当たりの良い衣が特徴の串カツが、1本90円からという激安ぶり。まずはこの店一押しの、甘めの味噌にくるまれたとても柔らかいドテ焼きを食べつつ、何を揚げてもらうのかを決めるのが定番コース。串カツメニューの中ではイカやカキなどの海産物の串がお薦め。ただし、大型の有頭海老だけは時価(およそ800円前後)なので、頼む時は値段を確認しよう(笑)。食べた後の串は串入れに入れて後で清算する。時間が遅くなると油が古くなる時があるので早めに訪れたい。

東大阪市の長田交差点から1km弱ほど北に行ったところに弟さんがやっているら支店があり、こちらは海老が定価で800円、どて焼きが少し大きめという違いがあって面白い。

  • 長田店:東大阪市楠根2-2-33 06-6746-0530 17:00-23:00 月休

(08/04/10 更新)

酒倶楽部すぎはら  【北巽 / 居酒屋

味:B CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区巽北2-16-8 【MAP】

電話:06-6752-4066

北巽にあるひっそりとした商店街にある酒屋併設の居酒屋。と書くと、いかにも古びた立ち飲みをイメージするのだが、本格的なカウンターと白木の椅子があって専門店と見紛う本格的なしつらえにビックリする。

ご立派な体格のマスターと美人の奥さんとのコンビで出してくれるアテのほうも、店の見た目に負けない玄人はだしのもので、大トロと全く遜色が無いマグロの脳天肉などの刺身が400円台、殻いっぱいに身が詰まったアサリの酒蒸しが330円、カリッと揚がった大ぶりの牛ヒレひとくちカツは350円、これでもかと干しエビが入ったナスの煮付け、甘めのダシが効いたおでんは100円からと、値段は立ち飲みレベルながら、料理の質はそこらの居酒屋顔負けである。

酒の値段はどこにも書かれていないが、おそらく瓶ビールが400円程度と酒屋値段としては普通の部類だったように思う。

(12/09/14 更新)

大西酒店  【中津 / 立ち飲み

味:B CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市北区中津1-10-12 【MAP】

電話:06-6371-3063

営業時間:17:00-23:00

定休日:日祝

何と常時50種類以上の生酒、あらばしり、純米大吟醸クラスの銘醸日本酒を揃え、どれも半合で300〜400円台のリーズナブルな価格で飲めてしまうという、日本酒好きには堪えられない中津の角打ち。

アテのほうはおでんが120円からと激安価格帯ではないが、牛すじやじゃがいも、六合ソーセージ、そして名物の豆腐などどれも巨大なポーションで、はっきりとした味のダシが効いていて絶品。刺身類は500〜600とお高めだがこちらもかなり量が多く、昆布の旨みが染みたきずしや、厚めに切られた平目の熟成された味わいが何とも言えない。何でもないポテサラも、卵たっぷりで実にリッチな味わいと、メニューの数はそれほど多くないがどれも酒のアテとして厳選された品ばかりである。

中でも面白いのが、ホタルイカの素干しとコンビーフで、ホタルイカにはライターが付いており、それで炙りながら食べると香ばしさが一段と増して日本酒にバッチリ。コンビーフはチンしてマヨネーズとネギをかけるから「コマネチ」という渾名が付けられている。他にもショウガ天やコロッケ、乾き物など気軽なツマミも揃っている。

(12/07/20 更新)

金屋  【桃谷 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:B CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区勝山北2-1-31 【MAP】

電話:06-6716-6167

定休日:木曜

桃谷商店街から少し外れたところにある、御年84歳の働き者なオモニが切り盛りするわずか8席ほどの小さなホルモン屋。

メニューも値段も店内には何も書かれてないが、焼肉はホルモン盛り合わせ、ハラミ、マメ、ハツ、アゴスジ、テッチャン、レバー、ロースといった種類があるようで、焼き物以外であるのはご飯とキムチ、コブクロ刺しぐらい。さらに酒はビール大ビンと日本酒、韓国焼酎しか置いていないというシンプルさ。値段はおそらく、ホルモンも酒も5〜600円というところだろう。

ホルモンの肉質はどれも良好で、名物のノドスジは噛めば噛むほど旨みが滲み出て、ハツやレバーは生でも食べられそうなエッジと甘みが素晴らしく、ちょっと処理が雑だととたんに臭みが出るマメもサクサクとした食感と旨みだけが余韻に残る。ロースやハラミは決して霜降りじゃないけれど、あっさりとした甘めのタレに浸け込まれていて柔らかく、思わずご飯を頼みたくなる。

そして外せないのは、コチュジャンが効いたピリ辛ダレで和えたコブクロ刺しで、注文を聞いてからお母さんが切ってくれるのだが、普通はあり得ない大きさのぶつ切りと100gはあるポーションに仰天する逸品である。

(12/04/12 更新)

一富久  【大池橋 / たこ焼き

味:C+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区巽北1-1-4 【MAP】

電話:06-6752-6444

昭和で時が止まってしまったかのような店内の雰囲気と値段。たこ焼きはしっかり醤油味のついた超下町タイプ。どういう関係があるのか、ここ以外にも美章園や西成区花園にも同じ名前の店があって味も一緒である。休日の昼下がりにのんびりつつきたい。たこ焼き10個200円カキ氷300円よりコーラ、ミルクセーキ90円小倉ソフトクリーム250円。

  • 西成店:西成区花園南1-9-30 06-6657-0225 11:00-2

(2004年以前のデータ)

千石酒場  【寺田町 / 居酒屋

味:C+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区生野西2-1-30 【MAP】

電話:06-6741-9001

JR寺田町駅のすぐ近くにある、昭和の雰囲気が充満している老舗の居酒屋。渋いという言葉を超越した店内には2台のテレビが置かれ、常連達が毎夜阪神戦を楽しんでいる。若者や女性客が皆無な店なのに、今時の若い女の子2人が携帯片手に給仕しているのがなんともミスマッチで面白い(笑)。

料理も店同様虚飾が極限まで排された実直ぶりで、350円の甘いつゆが特徴的な天ぷら盛り合わせには大ぶりの白身魚やイカが乗っかり、250円の鉄火巻はマグロが濃厚で、500円の寄せ鍋はイカや数種類の白身魚、鶏肉など実に盛りだくさん。ぎんなん、鰻、魚などがぎっしり詰まった茶碗蒸しやサバ(松前)寿司も実にうまい。

他にも日替わりで魚の刺身や焼き物(350〜500円程度)がホワイトボードに書かれている。冬場にはてっさやてっちりも楽しめるようだ。ビール大瓶400円。

(08/11/05 更新)

串かつ いぬい  【平野本町 / 居酒屋

味:C+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市平野区平野本町2-4-15 【MAP】

電話:06-6796-1194

平野区の市街地のど真ん中に、串カツ店が3軒ほど密集しているところがあって、ここはそのエリアを代表する店と言ってもいいだろう。串カツの値段は何とほとんどの品が60円であり、牛肉や野菜はもちろんの事、小さめだけどエビやイワシ、キス、甘鯛といった海鮮でも同じ値段なのだから仰天する。まあ、全体的に鮮度を厳しく問う人にはちょっと合わないかもしれないが、値段が値段なのだから文句があるはずも無い。

中には1本200円の品もあったりするが、巨大なアスパラをベーコンでグルグル巻きにし、揚がったら4つに切ってポン酢をかけて出されるアスパラや、エビ・イカ・肉・ししとう・ウインナーが串に刺さったバーベキューといった豪快な品だったりするので、割高感は全く無い。

ソースはちょっとドロリとした不透明なタイプで、不思議なコクがあってジャンクな串カツに良く合う。もちろん、どて焼き&こんにゃくも同じ値段で、甘すぎない白味噌でトロトロに煮込まれていて、串カツの前につい何本も行ってしまう事請け合いだ。

また、鉄板焼きメニューもなにげに豊富で、細く割いて醤油マヨネーズをかけたエリンギは常時オーダーがかかる人気だし、串カツ用の山芋がたっぷり入った生地でひょうたん型に焼き上げられる、エビ・牡蠣・肉・イカ・じゃがいもがギッシリの「いぬい焼き」など、いろいろアイデアに溢れている。初老のマスターと、お母ちゃんの掛け合い漫才も楽しい、下町の雰囲気あふれる老舗である。

(12/02/01 更新)

武田  【平野 / 立ち飲み

味:C+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市平野区平野本町1-5 光永寺の塀沿い、南東角 【MAP】

営業時間:16:00-21:00(売り切れ終了)

定休日:日祝・雨天の日

平野本町の住宅地にある、光永寺の南東角のところに夕方から開く、2人のお母さんで営まれている屋台の串カツ店。定休日は日曜祝日だが何と雨の日も休みで、気候が良ければ屋根もない完全なオープンエアー状態での営業になるのが驚き。

屋台なのにメニューは非常に豊富で、海老や牡蠣、ホタテ、ゲソ、イカ、ハモのような海鮮から、ズリ、牛肉、レバーといった肉類、野菜、納豆の袋詰め、ニラベーコン、黒はんぺんといった惣菜物まで実に幅広く、それぞれのネタのボリュームが新世界などのレベルからすると圧倒的に大きくて唐揚げなんかは大きな塊が4個ぐらい連なっている豪快さ。それでいて値段はだいたい70〜140円、たまに200円と激安。衣はフワフワのフリッター状で、大きなヒレ肉の串カツなんか、まるで綿アメを食べているかのように舌の上でとろけてしまう。

また、アキレス腱がトロトロになるまで煮込まれたどて焼きも絶品でオーダーは必須。ただし持ち帰りのオーダーが非常に多く、どて焼きなんかは早々に売り切れてしまうので、出来るだけ早めの時間に訪れたいところだ。

(11/12/22 更新)

西口酒店  【小路 / 立ち飲み

味:C+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区小路1-22-9 【MAP】

電話:06-6751-7318

地下鉄小路駅の交差点角にある、戦前から続く古い歴史を持つ本物レトロな酒屋の立ち飲み。

アテはおでんに、カウンターにある惣菜がいくつかといたってシンプルだが、おでんは真っ当なダシの味がする真面目な作りでおいしく、夏場はおでんに代わって天ぷらが登場し、あっさりとしながらも旨み深いマグロの串天ぷらなんて珍しい品も1本100円でいただけたりする。こってりした身欠ニシンの煮付けや白和え、きずしといったお袋の味に加え、その場でネギが入った玉子焼きやナスの炒めものなんかを作ってくれる事も可能だ。

ビールは大瓶400円、チューハイや焼酎が300円、ワインと日本酒が250円と、酒屋としても比較的リーズナブルな部類である。

(12/07/06 更新)

キョロちゃん  【森ノ宮 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:C+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪市東成区中道1-12-3 【MAP】

電話:06-6981-2127

営業時間:17:00-22:00

定休日:月曜、第3日曜

森ノ宮駅のやや外れにあり、七輪の煙が充満するような決して綺麗とは言えない店にもかからわず、週末には引っ切り無しに客が訪れてくる。

ロースやハラミ、ミノや赤センなどが500g入った盛り合わせ1200円を始め、それぞれ130g入った単品が420円からほぼ700円代までとスーパー激安価格に目を奪われる。それでいて、その辺の安焼肉チェーン店より数ランク上の肉を使っている事が良く分かる。梅田が本店の岩崎塾のフランチャイズらしいが、肉質は本店より優れているように思う。接客はかなりいい加減なところがあるが、普段使いの焼肉店として絶対のお薦め。

追記:6/16にJR森ノ宮駅沿いの南東側に移転オープン。めでたし。

(08/06/16 更新)

まんまるこ  【桃谷 / お好み焼き

味:C CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区勝山北5-11-17 【MAP】

電話:06-6716-5293

営業時間:11:30-20:00

定休日:月曜

アクセス:JR桃谷駅から商店街をずっと東へ。疎開通りを渡ってからさらに東に進み、南北に通っている商店街を南へ行った東側

大阪には洋食焼という小麦粉を水で溶いたものの上にキャベツや天カス、卵、ショウガなどを載せて平たく焼いたものを100円で売っているような店があちこちにあるが、ここはそんな店の中でも特にボリュームがある一軒である。ちょっと甘めのソースも独特でうまい。

メニューは結構豊富で、他にもプラスチックパックに入りきらずに2パックに分割される(!)モダン焼きが400円、負けじと巨大な豚玉が300円、いか焼が100円とB級グルメの天国のような店である。持ち帰りがメインで、店内に席はあるが常連の人以外がそこで食べるのはかなり勇気が要るだろう(笑)。

(2004年以前のデータ)

西村たこ焼き店  【桃谷 / たこ焼き

味:C CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区勝山北2-1-5 【MAP】

電話:06-6731-4034

営業時間:11:00-19:30

定休日:火曜

アクセス:JR桃谷駅から桃谷商店街を東へ

たこ焼き6個100円、ソフトクリーム100円という超庶民的価格の小さなたこ焼き屋。店内には狭いながらもテーブルが置いてあるので店内でも食べられる。

たこ焼きは正に大阪下町スタンダードでしみじみと美味しい。ちょっと横にからしが添えられているのが独特。こんな時代にこんな店が残っている事自体が貴重だし嬉しい。

(2004年以前のデータ)

岡室商店  【森ノ宮 / 立ち飲み

味:C CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区中道1-1-1 【MAP】

電話:06-6972-3468

JR環状線森ノ宮駅を出てすぐ東にある酒屋併設の立ち飲み店。とは言え、店内のほぼ全部が立ち飲みスペースとなっていて、酒屋としての機能を果たしていなかったりするのはご愛嬌。

ビール大ビンが380円で、アテは全品80円のおでんと天ぷら、120円の湯豆腐に小鉢がいくつかと言う、いたって簡単明瞭お値打ち価格。天ぷらは揚げおきだが、おでんと湯豆腐のダシは値段の割にはなかなか立派なもの。大勢の客が引っ切り無しにやってくるので、夜は早めに行かないとネタ切れもしばしばなので注意。

(2004年以前のデータ)

天平食堂  【寺田町 / 和食・寿司

味:D+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市天王寺区大道4-11-12 【MAP】

営業時間:10:00-16:00

定休日:日曜

JR環状線寺田町駅の南側のガード下にあるかなり古びた大衆食堂。味も雰囲気も、まるで昭和の昔に近所の家でメシをご馳走になっているような錯覚を起こしそうになる店。

刺身が360円な以外は、アジのフライと芋の天ぷらが載ったものやポテトサラダ、だしまきなど10種類以上ある全てのおかずが120円、ご飯も小中大が110円からの10円刻み、うどんと中華そばがそれぞれ160円と230円という激安ぶり。しかも、おかず2品とご飯、スープで400円にまでさらに割引(計算が適当なだけか?)されるのが凄い。ここの名物はトミーズ雅が考案したと言われるにんにくスープ120円で、もやしや肉、生卵が入った優しい味が特徴。さらに「赤井英和のスープ」もあって、雅のスープとほとんど同じながらもこちらはにんにくの代わりに韓国産唐辛子が入っている。ビールは中瓶が270円、大瓶が440円。

(05/05/10 更新)

東成きんせい  【玉造 / ラーメン(大阪)

好み:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区東小橋1-1-6 【MAP】

電話:06-6981-1778

営業時間:11:30-14:30 18:00-22:00

定休日:水曜

高槻にある有名店「きんせい」の2号店。場所は、金久右衛門の2号店だった玉造の「一等星」があった場所にそのまま入った形。

ラーメンのベースとなっている鶏白湯はネットリと白濁したコラーゲンを感じるスープで、これをベースに醤油(680円)と塩(700円)のラーメン、そしてつけ麺のバリエーションが作られている。ロース肉のチャーシュー、メンマ、ナルト、ネギ、うずら卵、カイワレと豊富で目にも舌にも楽しい。ランチタイムには50円でライス1杯、200円で豚めしや餃子+ライス、300円でから揚げ+ライスがつくサービスあり。

醤油は比較的あっさり目で優しい味わいなのに対し、塩はより粘度の高いスープと旨みのみを抽出した貝ダシでパンチを感じる出来、つけ麺は強めの魚介風味と生玉ねぎで奥深みを出していて、3品3様の味が楽しめるのが嬉しい。個人的な好みとしてはつけ麺と塩かな。

(08/05/12 更新)

三谷製麺所  【鶴橋 / ラーメン(大阪)

好み:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区玉津3-1-6 【MAP】

電話:06-6975-5557

営業時間:月〜金曜11:00-15:00 土・日11:00-17:00 金・土18:00-21:00*ウ休

定休日:無休

鶴橋と今里交差点の途中にある、平日は製麺販売のみで、土日だけ店内でラーメンとつけ麺を提供するというユニークな営業形態を取っている店。大淀にある「大吾朗商店」の店主だった方がオープンされた店だそうだ。

つけ麺は、鶴橋市場の浜弥鰹節をふんだんに使った和風ダシと店鶏がらスープをブレンドして酸味を効かせた醤油味のつけダレで、プリッとした鶏ももチャーシューに1個まるまる味玉が入っている。麺は色白でツルツルしたのどごしで、さっぱりしたつけダレと良くマッチしている。麺量はノーマルで200gあり、150gにつき100円ずつアップで増量が可能だが、ノーマルでも結構食べごたえがある。ラーメンのほうは、ストレートな和風味スープでさらにのどごしの爽やかさが強調された細麺との相性もバッチリ。具はつけ麺とほぼ同じだがこちらは青ネギの細切りが添えられていて清涼感が強調されている。

あと、1日15食限定の「こってりつけ麺」というメニューもあり、うどんかパスタのようなモッチリした極太麺に、ポタージュのようにドロドロの超濃厚鶏スープを合わせた一品で、ノーマルメニューと全く毛色が変わっているのが面白い。

値段は、ラーメン・つけ麺ともに600円で、つけ麺には別容器で割りスープの提供もあり、内容からすると今時珍しいコストパフォーマンスと言える。生麺の持ち帰りは、細麺と太麺の他に、焼きそば麺と生パスタがあってどれも1玉100円とこちらも格安。特に焼きそばは目から鱗が落ちる出来栄えになり、絶対のお薦めである。

(14/04/30 更新)

すしぎん  【鶴橋 / 和食・寿司

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区鶴橋2-3-8 【MAP】

電話:06-6712-7105

営業時間:平日9:00-21:00 日祝:12:00-21:00

定休日:水曜

アクセス:近鉄鶴橋駅東口南へ50mほど

鶴橋の魚市場すぐ近くにある、正に今日市場で取れた旬の魚を食わせてくれる店。鮮度が要求される生の光り物が充実しているところに店の自信がうかがえる。

小さ目のシャリで、分厚くいかったネタに細かく切れ込みを入れて食べやすくし、ネタによってポン酢やすだちで食べさせるスタイルが特徴的。単品は250円から1000円まであるが、マグロやイカ、エビなど標準的なネタが8カン付いた「にぎりセット」900円を頼んで後は追加で、というパターンが比較的お得。予算に余裕があるならおまかせでどうぞ。席数が10席と少なく、マスコミ取材お断りなのにも関わらず、かなり長く待たされるときがあるのでピークを外して行きたい。

(2004年以前のデータ)

パゴダ白雲 本店  【鶴橋 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区桃谷5-5-2 【MAP】

電話:06-6741-4862

営業時間:11:00-21:30

定休日:無休

http://www.kaiwai.net/pagoda/

鶴橋近辺でどこがベストかと言われればこの店だろう。猪飼野のコリアタウンにある本店は近隣で一番の格式を誇り、韓国からの観光客もこぞって訪れる名店。

肉はどれも素晴らしいが、ジューシーで適度なサシが入った特撰和牛上ハラミ(1000円)と上塩タン(1500円)は外せない。さっぱりしたオリジナルのつけダレも美味しく、ボリュームも確実に100gは入っていて値打ち度は高い。コストパフォーマンス派であれば、いわゆるサムギョプサルである「豚バラ焼き」がお薦め。フレッシュな生のバラ肉をこんがりと焼き、エゴマの葉、青唐辛子、ニンニク、味噌をサンチュでくるんで食べれば幸福度満点。野菜関係であれば、肉厚・大ぶりでありながらサクサクフワフワのチヂミ(500円)、ガッツリと魚介類の旨みが利いた絶品キムチも絶品。キムチは500円で持ち帰りも可。公式サイトでの通販も可能。

マスコミにあまり取り上げられない割に人気が高く、席数もそれほど多くないので予約は必須である。予約は公式サイトのメールフォームからでも受け付けている。なお、昼は1000円前後でシレギスープやユッケジャン、コムタンといった韓国料理が楽しめるお得な定食もやっている。

(13/05/06 更新)

ミナミ大沢商店  【桃谷 / その他・買い物

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区桃谷5-6-2 【MAP】

電話:06-6741-3159

営業時間:8:00-17:30

定休日:不定休

鶴橋の南にある大阪のコリアタウン、御幸森商店街は韓国食材の宝庫で、山田商店のキムチなどに人々の行列が出来たりするのだが、個人的な一押しはここの蒸し豚(100g200円)だ。

店頭で豚肉のいろんな部位を量り売りしてくれるのだが、是非とも皮付きの部分を買って欲しい。肉にかぶりつくと皮の裏のプルプルしたゼラチン質の部分がたまらない。辛子醤油で食べると豚のうまみが口一杯に広がってビールのつまみに最高である。他には豚足や腸詰のスンデなども売っている。もちろん持ち帰りのみだが、薄い紙袋に肉隗をゴロリと包んでくれるだけなので(笑)、遠方の人は持ち帰りに工夫が必要だ。

追記:天満市場(ぷらら天満)の1Fに支店ができた。そこではキムチも売られている。

(09/12/24 更新)

川徳  【鶴橋 / その他・買い物

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区鶴橋2-5-14 【MAP】

電話:06-6712-2115

営業時間:5:00-13:00

定休日:日祝・水曜

鶴橋卸売市場の南端、細い一般道に面したところにある、すし店などのプロ御用達の鰻店。鶴橋にうなぎの店は多くあれど、ここが一番売れ行きの回転が早い。

店の中で次々にさばかれて蒲焼にされるうなぎは、当然国産の活けのものを使っており、うなぎの身の厚さと柔らかさ、臭みの無さは圧巻で、スーパーで身の薄いペラペラの国産うなぎと称する代物を買うのが馬鹿らしくなる。値段はマーケットプライスで、小さなサイズで1000円前後からあるが、どうせなら1500円ぐらいの大ぶりのサイズを頼みたい。酒をふりかけてホイルで蒸し焼きにしたものを、うな丼にして食べると最高に幸せになれるぞ。

また、鰻は白焼きにしてもらう事も可能。もし店にう巻きが残っていればそれも是非忘れずにどうぞ。

(10/08/12 更新)

成駒家  【桃谷 / お好み焼き

味:B+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区桃谷3-8-15 【MAP】

電話:06-6731-3456

営業時間:11:00-22:00

定休日:水曜日

韓国食材の店が建ち並ぶ御幸森商店街西側というディープな場所ながら、まずは120円の洋食焼きを底辺として、150円のいか焼き、たこ焼き、420円の豚玉から始まる具の豊富なお好み焼きや焼きそばの数々、当然のモダン焼き、さらにねぎ焼き、とどめにかき氷やソフトクリーム、冷やしあめなど、大阪下町グルメのデパートと呼ぶべき幅広いレパートリーに圧倒される。

しかし、さっくりした歯ざわりと舌で感じる滑らかさが心地よい山芋たっぷりの生地で焼き上げられたお好み焼きを始め、全てのメニューに外れが無いのはさすがである。やや雑然としたセミ・オープンエアの店内にはあちこちに手書きのメニューが張られていて、何かを注文した後になって「こんなものがあったのか」と歯噛みする事もまた、この店の楽しさの一つだろう(笑)。

(2004年以前のデータ)

あかし屋  【緑橋 / たこ焼き

味:B+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区東中浜3-17-3 【MAP】

電話:06-6968-5382

営業時間:10:30-18:00

定休日:月、火

地下鉄緑橋駅を少し北に上がったところから東に伸びる、ひなびた緑橋商店街の奥のほうに佇むテイクアウト専門の店だが、近所の人気店らしく客が途切れなく訪れる。

8個で300円の「あかし焼き」はソースや青海苔などをかけずにそのまま食べるタイプのたこ焼きだが、その淡白そうな名とは全くの裏腹に、おおぶりなたこ焼きの中には天カスと桜えびがたっぷり使われていて、あの「うまい屋」をも凌ぐほどの濃厚な味わいに驚いてしまう。1個の大きさもなかなか大きくて食べ応えは十分だ。あかし焼きと同じく、ダシと桜えびが利いた豚玉、イカ玉のお好み焼きもあり、それぞれ330円とこちらもリーズナブル。

最近は、卵がたっぷり入った分厚いイカ焼きや、チーズを載せたイカ平焼きなど、メニューも幅広くなってますます好調である。

(12/12/10 更新)

グリル・ロア(桃谷)  【桃谷 / 洋食

味:B+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市天王寺区勝山1-2-5 【MAP】

電話:06-6771-8532

営業時間:11:30-14:00

定休日:日祝

近くにあった洋食の名店「グリルトミー」は残念ながら閉店してしまったが、こちらはまだまだ健在の様子。

ここの売りはまずステーキで、しっかりした大きさで厚みのあるサーロインステーキにサラダ、スープ、ライスがついて1100円はランチとは言え格安のお値段。ビフカツも1000円という値段ながら、一口カツと呼ぶには大き過ぎるフライが5個載って、ボリューム満点&中もしっかりとレア状態なのが嬉しい逸品。ドミグラスソースも昔風に甘味を押さえた感じなのもポイントが高い。昼は限定でオムライスも提供されるようだ。

(07/04/02 更新)

キッチンむらうち  【玉造 / 洋食

味:B+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区東小橋1-1-8 大西ビル1F 【MAP】

電話:06-6971-7088

営業時間:11:30-14:30 17:00-21:30 日祝12:00-14:30 17:00-21:30

定休日:火曜

玉造駅の東隣り、東成きんせいや極楽うどんTKUといった有名店が集結するエリアに佇む、テーブル12席ほどの小さな洋食店。

夜のメニューには当然アラカルトもあるが、オムライスやスパゲティにサラダと飲み物がついた1000円のセットや、ハンバーグやポークソテー、エビフライ、ホタテのバター焼きなど14種類の品から2品と、ライス、スープ、コーヒーor紅茶がついた1000円といった割安なセットがあり、ドミグラスソースはワインたっぷり・苦味キリリの贅沢な大人の味で、ハンバーグはあくまでフンワリと、2本並んだ長〜いエビフライはミディアムレアで甘みがしっかりと引き出されていて完璧。

さらにランチタイムには、日替わりで魚と肉が2品にライスとスープがついたサービスランチがたったの750円と言う破格のお値段でいただけ、カレーの香りを感じるスズキのムニエルはフワフワと柔らかく、ニンジンとピーマンの彩が美しい魚のピカタ、大ぶりで柔らかいビーフカツ、肉厚で香ばしいポーク香草焼きなど手抜き感はゼロで、サラダがホースラディッシュ風味のコールスローだったり、漬物には出汁醤油で煮凝りにされた野沢菜が添えられていたりと、この店ならではのオリジナリティが溢れており、サービスランチだけならCPはAに匹敵する内容だ。ただし、ライスの量はノーマルでは少なめなので、男性は大盛り(無料)推薦。

(10/11/02 更新)

西光園  【桃谷 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:B+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区桃谷4-19-13 【MAP】

電話:06-6716-7295

営業時間:12:00-13:30 17:00-22:30

定休日:月曜

http://www.oct.zaq.ne.jp/saikouen/

在日韓国人御用達の店。店内はハングル語が飛び交っていてちょっとした異郷気分を味わえる。値段表だけを見ると特別安くは無いが、とにかく1人前の量が非常に多い。それで食事が完結してしまうような本当の1人前である。肉の質は申し分が無い。おいしい肉を腹いっぱい食べたいときには是非。店の間口は狭いが上階には宴会可能な大きなスペースがある。

東大阪に同じ名前の焼肉店があるが、あちらは「せいこうえん」でこっちは「さいこうえん」なので注意。

  • 西光園かんてき:大阪市生野区巽東2-8-32 06-6751-5085

(2004年以前のデータ)

八勝園  【深江橋 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:B+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区深江北2-2-1 【MAP】

電話:06-6975-0029

営業時間:17:00-26:00

定休日:月曜(祝日・祝前日の場合を除く)

アクセス:地下鉄中央線深江橋駅4番出口を出て東に歩いてすぐ

http://www.estro.jp/hassyoen.html

深江橋にあった老舗の焼肉店がリニューアルオープン。とは言え1階の一人焼肉専用(?)カウンター席はしっかり残されている。

以前の営業と比べるとかなり高級志向にシフトしており、並カルビの680円から特選品は1000円台後半、生レバーも680円と結構なお値段。しかしハラミなんかは並であってもちゃんとサシが入っており、血のしたたる生レバーは甘味が濃く、ホルモンも非常に新鮮で値段に見合った肉質だ。一人前は100gで量的にもまずまず満足出来る。卓上には定評のあるつけタレに加えて、塩ダレとアンデスの塩&レモンが加わったのも嬉しいところ。ただ、生ビールの値段が480円とかなり上がってしまったのはCP的に減点ポイント。

追記:再オープン後に訪問したので内容を更新。

(07/12/25 更新)

萬野  【桃谷 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:B+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市天王寺区勝山4 61番先JR環状線桃谷寺田町間ガード下番号114、115 【MAP】

電話:06-6775-1100

営業時間:17:00-23:30

定休日:不定

アクセス:JR環状線桃谷駅を西に出て線路沿いに南へしばらく行き、大通りを渡ってすぐ。

http://www.mannoya.com/

肉の質は申し分なく、その日の仕入れによって変わるミスジやヒウチなどの超霜降りの特選素材はもちろん、並でも他店ではゆうに上クラスの肉が出てくる。しかも超特選でも2000円以内、並だと500円からあるのが嬉しい。キムチや冷麺などのサイドメニューも手抜きせず、焼きも炭に備長炭を使うなど配慮が行き届いている。ただ、ちょいとタレが酸っぱいのが個人的に残念だが、味付けは「そのまま」「塩」「タレ」が選べるのが嬉しい。店は綺麗で良い意味で焼肉屋らしくない。カップルにもお薦め。

隣に、鍋類を中心としたホルモン料理店「萬の屋」を併設している。

再訪。うーん、生レバーやクッパは最高だったけど、肉は頼んだものによって少し質のばらつきがあるような・・・以前ほどの感動が無かったので評価を少し下げる事に。それでもCPが高い事には変わりないのだが。

  • 北畠店:大阪市阿倍野区王子町4-3-16 06-6626-1110
  • 上六ホルモン舗:大阪市天王寺区上本町7-2-30 06-4305-1110
  • 天王寺ホルモン舗:大阪市天王寺区堀越町16-6ニイタカ天王寺駅前ビル2・3F 06-6776-7000

(2004年以前のデータ)

万正  【鶴橋 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:B+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区桃谷3-3-2 【MAP】

電話:090-2592-9687

営業時間:17:00-25:00

定休日:月曜

昔はマンションの脇にある屋台で、毎晩マンションの部屋中に回りそうなもの凄い煙を出していて大丈夫なのかと思っていたら案の定移転(笑)。今はお好み焼の有名店オモニのちょうど隣になった。

ゴマと甘味の効いたタレが特徴で、赤身の肉よりもホルモン類をカンテキの煙にまみれながらガツガツ食べる店。生レバーやトロトロのミノサンド、油の乗ったスジ、ニンニクがたっぷり乗せられた塩タンなどがうまい。メニューは500円から。

(2004年以前のデータ)

きくや  【玉造 / 居酒屋

味:B CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区東小橋1-1-17 【MAP】

電話:06-6976-9629

営業時間:11:30-22:00

定休日:土日祝

一見すると何の変哲も無い古びた飲み屋なのだが、JR玉造駅の南東すぐにある公園の脇というアクセスの良さもあってか、老若男女問わず店の前には常に空き待ちの列が出来る。

その客の目当ては何と言ってもこの店のおでん。30種類近くあるネタは大根や玉子などが90円から、高くてもすじ肉160円、ほたて170円と激安ながら、鶏ガラと昆布ベースのダシにすじ肉のコクが合わさった、あっさりしていながらも深みのある味が魅力的で、若い女性に人気が高いのもうなずける。もともとの商売なのか何故かうどん類がメニューにあって、これが客にとって格好の締めになっている。大瓶ビール500円。

(2004年以前のデータ)

大起水産回転寿司 東部店  【東部市場前 / 和食・寿司

味:B CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東住吉区今林3-1-29 【MAP】

電話:06-6753-1002

営業時間:11:00-22:30

定休日:月曜

http://www.daiki-suisan.co.jp/contents/daisukiya/main_01.html

魚の卸業者が直営する回転寿司の店。「くら」や「かっぱ寿司」などいわゆる100円回転寿司よりは値段は張るが、100円ネタであってもイキの良さは比べ物にならない。大トロなどの特選素材を除けばそれほど財布にも響かない。ファミリー客はもちろん、近くにある大阪市東部卸売市場の関係者の姿も多く、それだけプロに支持されているという証拠だろう。

ランチタイムには200円の皿が100円になるサービスがあってお得。いつの間にか店舗がたくさん増えたので公式サイトで確認を。

(2004年以前のデータ)

すし幸  【鶴橋 / 和食・寿司

味:B CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市天王寺区舟橋町20-13 【MAP】

電話:06-6762-7680

営業時間:18:00-25:00

定休日:日曜

7人も並べば一杯になる、JR鶴橋駅前ガード下の名物立ち食い寿司店。一応本店が近所にあるらしいが、そちらは全く世間の話題に上らない(笑)。

店の規模とは正反対に豊富なネタは、2個で400円と200円のものがあるが、アワビ・中トロ・煮穴子といった高級ネタ以外はたいてい200円なので安心だ。網でさっと炙られる鰻や穴子はしっかり肉厚で、中トロは舌の上でとろけ、アジやイワシといった光物の鮮度が高くて充実しているのはさすが鮮魚の卸売市場を抱える鶴橋といったところ。ちょいと塩辛目の、漬けマグロや鯛の昆布締めといった一仕事された酒に合うネタもあるのが嬉しい。

狭いながらも店に職人さんは2人いて、本当にパパッと食べてサッと店を出る、江戸前寿司の源流である寿司屋台そのまんまの楽しみ方が出来る店だ。

(08/06/04 更新)

  【緑橋 / 洋食

味:B CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区中本1-11-22 【MAP】

電話:06-6973-0388

営業時間:7:30-10:00 11:30-14:00 17:00-21:00(金土日のみ)

定休日:水曜

アクセス:地下鉄中央線緑橋駅出て緑橋交差点西すぐ北側

16席程度のこじんまりした店ながら、女性スタッフがメインの店らしく、あちこちに女性らしいセンスの小物が飾ってあって落ち着ける。

しかし店の印象とはうって変わって食事はボリュームたっぷりである。看板のオムライス(750円)は楕円形の皿に合わせたかのごとく、周りにドミグラスソースをはべらせた堂々たる威容を見せる。が、見た目の威圧感とは裏腹に一口食べるとふんわりとした優しい味が口一杯に広がる。大ぶりのとんかつとハンバーグ、エビフライ1匹とたっぷりの野菜、食べ放題のご飯がついたBランチ950円も満足度高し。朝はモーニングもやってるそうだ。

(2004年以前のデータ)

麒麟  【大池橋 / 中華料理

味:B CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区中川西3-9-10 【MAP】

定休日:火曜

ボリュームたっぷりの街の中華料理屋。チャンポン650円などはでかいどんぶりに具が一杯のアツアツのとろみ餡がなみなみと注がれる。カリッと揚がったから揚げもお薦め。

追記:現在は鶴橋店(東成区東小橋3-19-8)に移転中。

(08/12/07 更新)

INKAカレー帝国  【玉造 / カレー・エスニック

味:B CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区東小橋1-1-6 【MAP】

電話:06-6971-2331

営業時間:11:00-15:00 18:00-20:30

定休日:土日

名前は凄いが、インカコーラを置いている事以外はいたって普通のメニューと内装のカレー店。場所は玉造駅の西側、ちょうど東成きんせいのお隣にあたる角に位置している。

カレーのルーには、たっぷりの香味野菜を使ったさらっとしたタイプの「野菜」と、デミグラス風の「バター」の2種類があり、具はベジタブルやチキン、ビーフ、揚げ物の白身魚やチキンカツ、ポークカツなどが選べて(600〜800円)、日替わりでいくつかのトッピングが用意され、その中の1つが割引で提供されるシステム。カレーには小皿でピクルスが付き、卓上には一味唐辛子とマリー・シャープスのハバネロソース、そして福神漬けが並んでいる。

野菜ルーは、ドミグラスのような苦味、甘味、酸味がはっきりしているところにクミンの香りが立っていて、他ではなかなか味わえないインパクトがある。一方のバタールーは、大阪風に甘味を立たせた欧風カレーと言う趣で、店の個性という意味では野菜のほうが際立っている。押し麦入りのご飯は小・中・大が同額で、ルーもたっぷり目なのでCP的にも合格点を挙げられる。ただ、揚げ物が冷凍ものな上に、トッピングのボリュームは全体的に少なめなので、トッピングを追加していくと相対的にコストパフォーマンスが下がるので注意。

(10/11/09 更新)

やました  【桃谷 / その他・買い物

味:B CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区勝山北1-7-2 【MAP】

電話:06-6716-6507

営業時間:10:00-12:00

定休日:日曜・水曜

開店から常に行列が出来、あっという間に売り切れた後は閉店してしまうため、幻のコロッケと呼ばれる桃谷商店街の超人気店・・・だった「さきやま商店」が閉店してしまい、そこで働いていた方が同じ味と形式で新しくオープンした店。

ラードでカラリと揚げられたコロッケは90円と肉屋のコロッケとしては高めだが、ネットリと甘くてクリーミーなメークインがぎっしり詰まっており、この値段も十分に頷ける逸品。160円のミンチカツも肉汁がたっぷりでこちらも絶対に外せないところだ。

(15/09/30 更新)

The Doghouse Inn  【鶴橋 / 居酒屋

味:C+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区東小橋3-14-3 【MAP】

電話:06-6972-3314

営業時間:17:00-24:00

定休日:無休

http://www.thedoghouseinn.co.uk/

鶴橋駅の北東に位置するディープな場所ながら、そこに現れたるはまごうかたなき英国風パブリックハウス。公式サイトのドメインがukなのもある意味凄いが(笑)、もちろん中身もしっかり英国で、ジョンスミスやBassのエールを始め、ギネス、キルケニー、ヒューガルテンなどの本場物ビール(1パイント800円〜)が生でいただける。スタウトやエールの泡もしっかりクリーミーで、マスターのビールに対するこだわりがビールのうまさに現れている。

で、何がB級グルメかと言えば、スコッチエッグやヨークシャープディングなどイギリス料理が全て500円のワンコインで食べられるところである。フィッシュアンドチップスなど山盛りのフライドポテトに白身魚のフライがゴロゴロしていて一人で食べると胸焼けする事確実のボリュームである。最近では不定期での提供ながら何とあのハギスまでメニューに載るようになった。自由に使える輸入物のソース類も豊富で楽しい。

(2004年以前のデータ)

源氏  【鶴橋 / 立ち飲み

味:C+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

営業時間:多分夜

アクセス:JR鶴橋駅出口を出た西側にある本屋の北の並び

始終焼肉目当ての客と客引きでにぎわう鶴橋駅前商店街のすぐ裏という穴場的なロケーションながら、毎晩オヤジの活気に溢れている立ち飲み屋。

ビール大瓶が500円、おでんや串カツが120円、一品物は170円均一とメニューだけを見るとあまり魅力的とは言いがたいラインアップなのだが、しっかりとした大きな切り身が嬉しい豚串カツや、じゃがいもを頼むと丸々一個が出てくるおでん、関西では珍しい醤油と赤味噌が効いたどて焼きと、どれもこれもボリュームとオリジナリティがキラリと光る品ばかりだ。威勢のいい兄ちゃんと常連オヤジとの漫才のような掛け合いも見ていて楽しい。

(2004年以前のデータ)

海幸  【鶴橋 / 和食・寿司

味:C+ CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市天王寺区舟橋町20-13 【MAP】

電話:06-6761-4758

営業時間:11:00-23:00

定休日:無休

鶴橋駅前に、同じ寿司屋である「うをさ」と「すし幸」と軒を並べている寿司店。3店の中ではこの店だけが回転寿司となっている。

1皿の値段が135円、195円、295円の3種類ある中堅価格帯の店だが、135円の価格帯が50種類近くあって非常に充実しており、うどんや赤出汁も常時135円なので家族連れには嬉しいところ。ネタはものによっては小さめのものがあったりするが、サーモンやハマチ、鯛、タラコ、生エビなどはかなりの大ぶり・肉厚で食べ応えがあって鮮度も悪くない。鶴橋市場を控えているとあってか、イワシやアジといった足の早い青魚が揃っているのも嬉しい点。ビールは中瓶で495円と標準的なお値段。もしお金に余裕があれば、295円の鰻白焼きを是非。大ぶりかつ分厚く、脂の乗った白焼き一切れで酒が一本飲めてしまうぐらいだ。

鶴橋には他にも入船寿司やすしぎんなど本格寿司屋が揃っているが、曜日に関係なくゆったりと手軽に食べられる店としてはなかなか貴重な存在だ。なお、毎月23日は135円の皿が105円になるサービスがある。

(10/08/10 更新)

キャベツ焼き 鶴橋本店  【鶴橋 / お好み焼き

味:C CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市天王寺区船橋町19-8 【MAP】

営業時間:9:30-27:00

http://www.kyabetuyaki.com/

近頃天満やなんばなどあちこちに進出している、キャベツや卵などを小麦粉を平たく焼いた上に載せて焼き、最後にソースをかけて半折りにするいわゆる「洋食焼き」チェーンの本店がここ。と言ってもつい最近までその事実を知らなかったのだが(笑)。

チェーン店とは言え、本店という事もあるのか味の実力は侮りがたく、大きさは小ぶりながらも干しエビと卵の風味がしっかりと利いていて、130円という値段にしてはまずまずのクオリティだ。駅前という立地を考えれば、地元民にとっても利用価値の高い店なのは間違い無い。

追記:とうとうキャベ焼きも130円・・・仕方ないけど厳しいねえ。

(08/07/24 更新)

三養軒  【玉造 / 洋食

味:C CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区東小橋1-3-31 【MAP】

電話:06-6971-5974

営業時間:11:00-22:00

定休日:月曜

玉造駅の南東、表通りから1筋裏の静かな商店街にある、おしどり老夫婦が営む本物レトロな洋食店。エビフライ420円、とんかつ400円、ハンバーグやミンチカツが380円と値段も昭和で時が止まっており、カツ丼や親子丼、うどん、ラーメン、果てはオムうどんまである何でもアリなお店。

魔法のレストランなどマスコミには、とんかつラーメンというメニューが取り上げられたらしいが、わずか320円のノーマルラーメンであっても、分厚い醤油味のちゃーしゅーが3枚、薄焼き卵、モヤシ、カマボコが載っていて、スープも単なる業務用じゃない深みが感じられて食べ応え抜群。700円のランチには、ハムエッグ・エビフライ・ハンバーグ・トンカツと実に4品もメインが乗るという盛り沢山。オムライス(450円)も、分厚い牛肉がゴロゴロ入っていてラーメンとセットで食べるとお腹パンパン。

かかっているのはデミグラスソースじゃなくてケチャップベースのソースだし、揚げ物は全体的に黒っぽいし、ハンバーグは焼きムラが多く、カレーは酸味が強めと味的に突込みどころは多いけど、いつまでも元気で料理を作っていただきたいお店だ。

(11/07/05 更新)

源さん゛  【玉造 / ラーメン(大阪)

好み:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区玉津1-1-36 【MAP】

電話:06-6973-9222

営業時間:11:30-14:00 18:30-26:00

定休日:火曜

いわゆる高井田系に属するラーメン店だが、無化調で材料にこだわるという本流と真逆の方針を謳っているのが面白い。その「気張る」意気込みが「ん」についた濁点で表されているらしい。

そのラーメンは、極太麺とクリアな醤油鶏ガラスープにバラ肉チャーシュー、メンマ、青ネギと見た目は高井田系そのまんまだが、スープには十分な旨みがあり、黒豚を使っているらしいチャーシューは柔らかくて味が濃く、メンマも良質なものを使っていて見た目とのギャップに驚かされる。並だとちとボリュームは少なめだしサイドメニューは高めだが、これだけの内容で500円という価格なのは立派。

牛の小腸をカリカリに揚げた、いわゆる「油かす」とゴボウ、ニンジンを炒めたものが載る「かすそば」(750円)も、コッテリとしたホルモンの旨みがスープに溶け出し、また違った味わいでクセになる。

(07/08/27 更新)

麺屋7.5Hz 生野本店  【小路 / ラーメン(大阪)

好み:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区小路東2-1-21 【MAP】

電話:06-6758-6751

営業時間:6:00-16:00 18:00-28:00

定休日:木曜

http://www.geocities.jp/menya9_9/

「光洋軒」が発祥とされる、濃口醤油が効いた鶏ガラスープ+極太麺の「高井田系」と呼ばれるラーメンが特徴の店。大阪市南東部を中心にいくつか支店を広げている。

その醤油ラーメンは、スープの醤油辛さ・酸味にお決まりの極太麺、たっぷり盛られた太切りの青ネギ、濃く味付けされたチャーシューやメンマと、丼の中の各要素が互いに激しく自己主張をしていながらも、不思議とバランスが良くておいしく食べさせてくれる。しかも並で450円と言う値段も嬉しいところ。重層的な味が好みのマニア向けでは無いかもしれないが、かつてラーメンが中華そばと呼ばれていた時代の満足感を思い出させてくれる店だ。

(08/07/18 更新)

丸徳ラーメン  【平野 / ラーメン(大阪)

好み:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市平野区背戸口4-3-5 【MAP】

電話:06-6701-1456

営業時間:11:30-24:00

定休日:火曜

内環状線沿い、JR平野駅と地下鉄谷町線平野駅との中間ほどにあるラーメン店。

味が染みたバラ肉チャーシューとライト豚骨スープの組み合わせ、そして刻みニンニクが入ったにんにくラーメン(ラーメンと同額の650円)がラインナップに揃っているところは薩摩っ子や天洋を彷彿とさせるが、それらよりもスープの粘度と塩気、調味料が強くてジャンキー度合いがさらに増しており、ライスと一緒に食べるとちょうど良いバランスになるラーメンだ。とは言え、柔らかいチャーシューがノーマルで5mm厚のものが4枚も乗っかり、昼は100円、夜は200円で追加出来るキムチ+ライスのセットについているキムチも本格派で安っぽさは感じられず、トータル的に薩摩っ子よりもお得かつ完成度の高いラーメンだと言える。

マニア的にラーメンをじっくり味わうのではなくて、とにかくラーメンライスでガッツリ・ワシワシと行きたいときには最適な店だろう。

(09/06/17 更新)

蛸鶴  【今里 / たこ焼き

味:A CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区中川1-1-14 【MAP】

電話:06-6758-3540

営業時間:17:00-26:00

定休日:不定

アクセス:地下鉄今里駅から今里筋を南へ、近鉄ガードを超えたところ

以前は京都の超有名店である蛸虎の支店だったが、独立して蛸鶴と名前を変えての再出発。

たこ焼き(9個500円)は天カスをたっぷり使ったカリカリの表面が特徴的でうまい。たこ焼きも中のたこも大ぶりで、値段に見合うだけの食い応えがある。しかも本店に比べると値段が100円安いのが嬉しい。韓国風タレをまぶしたたこ珍味やたこ刺し(各500円)などで一杯やるのもお薦め。

(2004年以前のデータ)

すし割烹 吉すし  【鶴橋 / 和食・寿司

味:A CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区鶴橋2-5-23 【MAP】

電話:06-6716-2496

営業時間:7:00-21:00 11:00-23:00

定休日:不定休

http://yosi-susi.com/

以前は鶴橋鮮魚卸売市場の一角にへばりついていた小さな店だったが、隣の敷地にきちんとした店舗となってリニューアルされ、メニューや飲み物も一気に充実した。

濃厚な旨味と鉄分が歯に染みる生の本マグロや、ふんわりと舌の上で溶ける穴子、噛めば噛むほど味が染み出るタコ、どこまでも甘いとり貝や生のシラサエビ、そしてこの店一押しの、口の中で磯の香りだけを残して消えてしまう、一舟まるごと使ったミョウバン不使用の瀬戸内のウニ(2000円)など、和歌山や瀬戸内の地物を中心にした一級品の素材が店に並んでいる。鯛や平目といった白身も驚くほどの旨みが詰まっており、寿司ネタの熟成度合いも万全だ。

ただ、値段は3貫で500円から1000円相当と決して安くない上に、正直言って寿司の技術はあまり見るべきものは無いので、鱧や鯛などの骨回りのほぐし身を皮とあえてポン酢と一味をかけたものなど、常連は店主が作る漁師料理風のアテをおまかせで頼んでいる場合が多く、まさに魚通による魚通のための店だと言える。なお、近くに寿し吉という似た名前の店があるので注意の事。

(09/05/21 更新)

桃太郎  【深江橋 / お好み焼き

味:B+ CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区大今里南6-2-2 【MAP】

電話:06-6972-3388

営業時間:11:30-22:30

定休日:火曜

http://momotarou1.com/

有名な店ではあるのだが、駅から遠いためか観光客より地元の人の割合が圧倒的に多い。つまりそれだけ味にうるさい生野区の庶民に支持されている証左でもある。

ここの良さは全てにバランスが取れた味わいにある。それでいてボリュームも下町らしく十分。ふかした芋が中に入ったいもすじねぎ玉が看板メニューなのだが、よさを味わうためにはまずはシンプルな豚玉を食べてみて欲しい。サミー戎プラザ「道頓堀極楽商店街」にも支店が出来た。

追記:桃谷から深江橋に06年1月に移転。

(2004年以前のデータ)

さとみ  【今里 / お好み焼き

味:B+ CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区中川西2-18-4 【MAP】

電話:06-6731-4416

営業時間:11:30-24:00

定休日:水曜

おでん(1個100円)をお好み焼きの中にトッピングとして入れられるシステムで有名な店。店内は生野にある店とは思えないアメリカン調の明るいインテリアでB級グルメ初心者にも入りやすい。

お好み焼き(450円)やモダン焼き(600円)のベースに、1種類100円のおでんはもちろん豚やイカ(各150円)、えび、スジ、貝柱などのトッピングを組み合わせる方式。トッピングをいろいろ組み合わせていると結構高くついてしまうが、ベース自体が大きい上に各トッピングの量が多いので、モダンにトッピングを2つも入れたら高さが4cm近くになって食い切れなくなる。味のほうも山芋がふんだんに入ったふっくらした味わいで万全。辛子が利いてビールにぴったりなそばロールもお薦め。

(2004年以前のデータ)

たこはち  【鶴橋 / お好み焼き

味:B+ CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区東小橋3-15-11 【MAP】

電話:06-6971-1781

営業時間:10:00-18:00

定休日:水曜、第3火曜

ここも、JR鶴橋駅の韓国物産商店街の中にある店。土日のランチタイムなどは買い物客でかなりの賑わいで、パワフルで世話焼きなアジュンマ達がお客をどんどんさばいている。コテコテにカリカチュアライズされたCMに出てくるような漫才さながらのおばちゃんパワー全開の接客が、関西以外の方に意外と受けているらしい(笑)。

お好み焼きは500円の豚玉からあるが、ここではイカ入りのメニューがお薦め。サイズは小判型でやや小さ目ながら、大きなイカが生地の中にたっぷり入っていて満足感がある。また、この店では是非チヂミを食べてみて欲しい。卵をたっぷりと使った生地にこれまた具がぎっしりと並べられ、独特の辛いタレで食べるとビールがどんどん進む。もちろん持ち帰って食べてもOKだ。お好み焼きだけならBだけど、チヂミも含めての味の評価。

(05/03/08 更新)

寿々  【鶴橋 / お好み焼き

味:B+ CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区東小橋3-15-1 【MAP】

電話:06-6973-3738

営業時間:11:30-23:00(日祝9:00-23:30)

定休日:第2、3月曜

JR鶴橋駅の東側に広がる韓国物産商店街の中にある店。1050円からあるもんじゃ焼きも名物らしい。

山芋がたっぷり入った、ふんわりとした口当たりが特徴的なお好み焼きのほうは、豚玉が609円、豚キムチが入ったキムチポッカ焼きが819円と、値段こそちょっぴり駅前価格ではあるが、ボリュームは相当あるしイカやエビなどの海鮮素材には生を使用しているなどの気配りが感じられ、CP的にはそれほど悪くない。芋やすじ肉、チーズといった定番はもちろん、もやしやカレーといった変り種のトッピングがあるのが面白い。

(05/03/08 更新)

風月市場店  【鶴橋 / お好み焼き

味:B+ CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区鶴橋2-5-24 【MAP】

電話:06-6716-5646

営業時間:11:00-22:00 土曜11:00-19:00

定休日:木曜

鶴橋卸売市場の南端通り沿い、鰻の「川徳」や「吉すし」のならびにあるお好み焼き店。一応店名に「風月」の文字は入っているが、あの鶴橋風月とはロゴも違うし直接的な関係は無いらしく、地元では「裏風月」と呼ばれているそうな。

中の雰囲気も、前にテーブル席がいくつかあって、奥にテレビと厨房がある街場のお好み焼き屋標準の形だが、生地の中に具や鰹節を入れこみ、極少量のつなぎでサックリ焼き上げる方法は風月と全く同じ流儀。ただ、こちらのほうがほんの少し生地が多め、そして焼き目がそれほど濃くなくて、キャベツが細く長く切られているので中がふんわり仕上がっている。

焼きそばはモッチリした食感の太麺が使用され、出来上がりはあっさりした味でウスターソースやとんかつソース、どろソースを好みに加えていただく。市場がすぐそばにあるからか、ホタテ、海老、牡蠣、タコと海鮮が豊富で、イカゲソ焼き(400円)なんかは肉厚、新鮮で美味い。

値段は豚玉が680円、焼きそばが400円からで、トッピングは100〜400円、モダン焼きはお好み焼きに200円アップと、鶴橋風月チェーンに比べると安く、天満風月よりは高めで、B級グルメ的にはちょっとCPについては厳し目の評価にならざるを得ないが、バイトによって当たり外れが激しいチェーンで食べるよりも安定しておいしさが味わえるのは美点である。

(14/01/10 更新)

極楽うどんTKU  【玉造 / うどん・そば

味:B+ CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区東小橋1-1-4 【MAP】

電話:06-6981-1333

営業時間:11:30-14:30 18:00-22:00

定休日:月曜

http://www.gokuraku-udon.com/

門真南の有名店「三ツ島真打」で修行されたいた方が、玉造に出店した讃岐風うどん店。師匠の店ゆずりのメニュー構成だが、限定の創作メニューも意欲的に提供していて若さを感じる店である。

一番人気の鶏玉ぶっかけ(790円)は、間違いなく子供の拳はある巨大な鶏天が3個に温玉も載っかる凄まじいボリュームで、グイ〜ンと伸びる剛麺も丼にぎっしりと、全体的に値段は高めだが内容は十分それに見合っている。コクのある脂が特徴的なマンガリッツァ豚のバラ肉がたっぷり入った「MKつけ麺」(980円)も一度は味わう価値がある。

また、大判のきつねや大ぶりで上質な油かすといったアイテムが揃っている温かいうどんや、三ツ島真打ゆずりのスパイシーなカレーうどんでも、麺のコシが落ちない力があり、オプションで大盛りや特盛りはもちろん、少盛りやカレーうどんのご飯抜きも選べるなど、女性や少食の方への配慮があるのも嬉しい。

師匠の店に比べて一つ惜しい点があるとすれば、ダシが麺の力強さに比べるとバランス的にやや負けてしまっているところ。上質なのは間違いないが、ぶっかけダシにしても温かいダシにしても、あと一歩というところで存在がすっと消えてしまうのがちと残念かな。

(11/07/12 更新)

創華飯店  【今里 / 中華料理

味:B+ CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区中川3-4-29 【MAP】

電話:06-6752-8463

営業時間:16:30-21:00

定休日:火曜、第3水曜

外観や内装も全くごく普通の街の中華料理屋なのに、フカヒレや上海蟹などの海鮮素材から湯葉や豆腐といった精進系食材までオリジナル料理がズラリと並び、調味料や食材もオーガニック系のみを使用すると言う奥の深さとこだわりを誇る店。店内はいつも常連客で満杯だ。

もちろんラーメンや炒飯など普通のメニューもあるが、定食(980円)の内容も黒酢の効いた酢豚や卵の味の濃さが分かるかに玉、鳥の味がダイレクトに伝わるから揚げなど、外見と食べてみての味のギャップに驚いてしまう。ただ、もう少し火の通し方に気をつけてくれると嬉しいのだが、この値段でそこまで言うのは贅沢か。あっさりしながらも滋味溢れる豆腐餃子(6個300円)が一番人気。

(2004年以前のデータ)

紅龍  【杭全 / 中華料理

味:B+ CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東住吉区杭全6-5-5 【MAP】

電話:06-6719ー7241

営業時間:11:00-22:00

定休日:月曜、第三火曜

決して激安というわけではないが、どの料理もうまみ調味料に頼り過ぎない非常に丁寧な作りが感じられる店。

鶏のから揚げなども、ただのぶつ切りではなく、火が均一に入るように薄目に切られ、添えられる塩も本格的な花椒塩が使われている。海鮮ものも鮮度と火の通りに注意が払われていてうまい。少しこぶりの餃子(250円)も好評だ。平日の昼のみの日替わりランチは2品付いて680円とかなりお得。店のお薦めはフカヒレを使った姿煮やあんかけ炒飯らしい。寺田町を道沿いに東に行ったところにも支店あり。

(2004年以前のデータ)

長谷川  【緑橋 / お好み焼き

味:C+ CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区中本5-26-6 【MAP】

電話:06-6981-6304

営業時間:平日11:00-22:30 日祝11:30-21:00

定休日:月曜

席数わずか7席の小さな小さな焼きそば専門店。かつて今里ロータリー付近で繁盛していた、「今里焼きそば」と呼ばれたスタイルのレシピを受け継いだ店。

その焼きそばのスタイルはかなり独特で、玉ねぎと牛肉、歯ごたえがしっかりした高井田系ラーメンに使われる太麺を塩味で炒め、味付けは客自身が卓上にあるソースとこしょう、七味をかけて調整するというもの。焼きそばという言葉から連想される、焼けたソースの香ばしさは無いものの、牛肉のこってりした旨みとソースのあっさり加減が絶妙で後を引く。

焼きそば小が400円、大、特大と上がるにつれて80円ずつアップ。昼は+250円で卵焼きとご飯、味噌汁が付いた定食がある。

(2004年以前のデータ)

天洋 生野店  【大池橋 / ラーメン(大阪)

好み:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区中川4-14-26 【MAP】

電話:06-6756-0474

営業時間:17:00-27:00

定休日:無休

http://www.tenyou.jp/

大阪では知らない人がいない「薩摩ッ子ラーメン」の暖簾分けで、薩摩ッ子よりもずっとリーズナブルな値段なのが嬉しい。もちろんラーメンはマイルドな豚骨スープにトロトロのチャーシュー、そして大量の刻みニンニクと本家とほとんど同じである。特別美味と言うわけじゃないが、たまに無性に食べたくなるジャンキーさが魅力。650円のノーマル以外にも、味噌ラーメンや辛そうなKラーメンといったバリエーションがある。野田阪神や九条にも支店があるが、そちらはニラキムチが無いのが残念。

追記:何故か公式サイトには載ってないが、大阪市西区京町堀1-3-1に6店目の支店がオープン。17時までは餃子やコロッケなど1品とご飯・キムチがついたセットが200円になるサービスがあってお得。

(09/05/28 更新)

明月館 上本町本店  【鶴橋 / ランチ特集

味:B+ CP:C   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市天王寺区小橋町12-2-101 【MAP】

電話:06-6763-2929

営業時間:11:45-23:00

定休日:無休

パゴダ、海南亭、とらちゃんと、やや高級志向の実力派焼肉店がずらりと並ぶ鶴橋の新焼肉銀座の一角を占める店。間違えやすいが、東京や梅田の明月館とは経営が違うらしい。

夜はB級大好き人間としてはやや敷居は高いのだが、昼のランチの方なら馴染みやすい。その「明月館ランチ」は値段こそ1700円と結構な額だが、薄手ではあるが霜降りのバラ肉、韓国のり、ナムル、キムチ、サラダ、そして何と言っても巨大なテール肉がごろごろ入った絶品スープまで付いて栄養と豪華さは万点。店の内装も高級感に溢れていて身も心も贅沢感いっぱいだ。日曜以外はスープとナムルが付かない1000円の焼肉セットも用意されるが、是非スープ付きのランチを頼むべきである。

(2004年以前のデータ)

オモニ  【鶴橋 / お好み焼き

味:A CP:C   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区桃谷3-3-32 【MAP】

電話:06-6717-0094

営業時間:12:00-24:00

定休日:月曜

アクセス:JR大阪環状線鶴橋駅から東へ、玉津3交差点を右折し南へ。永和信金の角を左、1つ目の信号を南へすぐ。徒歩10分

田中康夫が賞賛して有名になった店。有名になったとは言え、おおざっぱに何でもぶちこんだ豪快なお好み焼きの味わいは失われていない。

具のバリエーションによっていろんな人の名前が付いたメニューが壁に所狭しと書かれているが、この店ではぜひキムチ入りのメニューを試してみて欲しい。キムチはここの手作りなのだが、下手な鶴橋のキムチ専門店よりはるかにうまい。だからそれが入ったお好み焼きもうまい。ボリュームも申し分無し。キムチだけを別売りで買えるのでお土産を忘れないように。スジ肉ポッカ950円など。サミー戎プラザにも支店が出来た。

(2004年以前のデータ)

千寿(ちず)  【鶴橋 / お好み焼き

味:B+ CP:C   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東成区東小橋3-20-32 【MAP】

電話:06-6971-6723

営業時間:17:00-27:30

http://okonomiyaki-chizu.com/

お好み焼き(ここではまぜまぜ焼きと呼ぶらしい)に広島焼き、焼きそば、すじネギ焼きにそばロールといった様々なベースに、イカ豚から始まってカレーや油かすまである、これまた様々なトッピングを追加していくシステムを採用した元祖的な店。

トッピングがそれほど安くないので、いろいろ追加するとかなり値段が高くなってしまうが、ベーシックなまぜまぜ焼きでもボリュームは十二分にあるし、吟味された材料でじっくりと蒸し焼きにされて濃厚なソースで仕上げられるクラシックなスタイルのお好み焼きは、最近の流行である風月のような小麦粉が少なくて軽いタイプとは違う魅力がある。焼きそばに使われる麺も毎回茹でるのでしっかりとしたコシが味わえるのが嬉しい。何故か本店からほど近い今里交差点にも支店があり、こちらは比較的空いているのでお薦め。

(05/10/17 更新)

とん亭(寺田町)  【寺田町 / とんかつ・天ぷら

味:B CP:C   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市天王寺区大道4-1-2 【MAP】

電話:06-6779-0565

営業時間:11:30-20:30

定休日:月、第3火曜

うなぎの寝床のような細長くて正直かなり狭い店内だが、食事時にはいつもお客さんで満員だ。

ロースかつ定食1000円は、少し薄めのロース肉に荒挽きこしょうを利かせて高温でカリッと揚げたクリスピーなタイプで、おろしポン酢とソースが入った小皿で2種類の味が楽しめる。CP的に抜きん出ているわけではないが、とても安心感のあるおいしさだ。他にはヒレかつ定食1150円、とんかつにシーフードのついたミックス1350円など。

(2004年以前のデータ)

スポンサー リンク


ホーム

エリア別メニュー

ランチ特集

お好み焼き

たこ焼き

居酒屋

立ち飲み

和食・寿司

うどん・そば

とんかつ・天ぷら

洋食

焼肉・韓国料理

中華料理

カレー・エスニック

その他・買い物

関西以外

ラーメン(大阪)

ラーメン(京都)

ラーメン(その他)

さぬきうどん(香川)

グルメコラムBlog

携帯サイト


大阪・関西のB級グルメガイド携帯版

携帯サイトQRコード



大阪の天然酵母パン教室

関西カレー三昧

浪花お好み焼き三昧

京都美味倶楽部

おらほ〜大阪グルメ

サッカーコラム誌
蹴閑ガゼッタ

Yahoo! JAPAN

サイト内検索
powered by Google

プライバシーポリシー