*

自家製キムチ作りに挑戦!(キムチの作り方レシピ)

kimuchi.jpg
親戚に野菜をもらったり通販の野菜が届いたりで、白菜が家に大量に来てしまったので、白菜消費のために自家製キムチを作ってみる事にしました。
ちゃんとしたキムチを作るためには、辛味が少なくて甘味のある韓国産の唐辛子や、アミの塩辛といった材料が必要になるので、鶴橋の御幸森商店街にある「福本商店」さんで材料をそろえました。ここはゴマと唐辛子を専門とする卸売の店なので値段が安い上に韓国食材の少量売りをしていたりするので便利なんですよね。
ただ、本式にはミョルチジョッと呼ばれるイワシエキスを使うそうなのですが、キムチのためだけに買うのももったいないのでナンプラーで代用しました。イカの塩辛もついでに国産で代用。
近くに韓国食材店が無ければ、楽天の通販でも材料は揃います。【京都で創業45年「キムチのほし山」】さんなら少量でも買えるのでお薦めです。
韓国産唐辛子(荒)[150g]
韓国産唐辛子(粉)[150g]
アミの塩辛(200g)★★
出来上がりは、上の写真のような感じで結構うまく出来ました。ただ、個人的にはもうちょっと魚介の旨みがガツンと来たほうが好みでしたね。作った後でキムチ作りの本を読んだりしてみましたが、あるレシピではヤンニョムに干し海老や干し貝柱の粉末を使ってあったりして、どちらも家にあるので入れれば良かったかなと思いました。
一応今回作ったもののレシピは下に載せましたが、魚介系材料の分量は好みで調整してください。

材料

■キムチ薬念(ヤンニョム)用
韓国産粗挽き唐辛子 40g
韓国産細挽き唐辛子 40g
塩 大さじ1
砂糖 大さじ1
アミの塩辛 20g
イカの塩辛 20g
ナンプラー 50cc
液体出汁のもと 10cc
にんにくすりおろし 15g
しょうがすりおろし 5g
りんごすりおろし 1/4個
すりごま 大さじ2
ぬるま湯 1/4カップ
■白菜キムチ用
白菜(大きめ) 半株
大根 1/4本
にんじん 1/4本
玉ねぎ 1/4個
万能ネギ 4本
荒塩 120g
水 1リットル

作り方

1.白菜は根元に包丁で切込みを入れて手で半分に裂き、半日ほど天日干しをしておきます。
2.バケツなどに白菜を入れ、分量の塩水を浸して重石を載せて半日塩漬けにします。
3.漬かった白菜を水で洗い、汚れと余分な塩分を取り除きます。白菜を少し食べてみて、塩気がきついようならさらに水洗いをします。洗った白菜はザルにあけて水切りをしておきます。
4.この間にヤンニョム作り。上の材料を全てボウルに入れ、ぬるま湯を最後に入れて手で練り込みます。だいたい、味噌ぐらいの固さになるように水分を調節してください。丁寧に作るなら(出汁のもと+水)は煮干の天然出汁にするといいでしょう。砂糖は乳酸菌発酵のエサになるらしいので、キムチの甘味うんぬんに関わらず必ず入れてください。
5.出来上がったヤンニョムに3~4cmの長さで細切りにした大根とにんじん、同じく3~4cmの長さに切った万能ネギ、そしてみじん切りの玉ねぎを混ぜ込みます。
6.水を切った白菜の中の葉を一枚ずつめくって5のヤンニョムをなすり付けていきます。最後に一番外側の葉以外の白菜を半分に折りたたみ、外側の葉でぐるりと包んでバケツなり壷なりに入れます。
7.全ての白菜を容器に入れたら、ラップで白菜が直接空気に触れないように蓋をし、3日から1週間ほど漬け込みます。3~4日の間は決してラップをはがさないように。
ちなみに漬け込んだ状態はこんな感じ。
kim_tsuke.jpg
出来上がったら、あとはお好きなように。古漬けになってすっぱくなったら、キムチチゲや豚キムチにするとおいしく食べられます。
ポイントは、唐辛子を韓国産の特上品にする事。韓国製の安物キムチにありがちなエグ味が無く、すっきりした甘みとコク、そして鮮やかな色合いが出るので唐辛子の質はケチらないでください。
夏場は白菜を陰干しにして時間を短くし、塩漬けの塩分を2割ほど減らすなどしてください。
改良版レシピは「自家製キムチ作りに挑戦!Part2」にあります。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

B級グルメ ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村
スポンサードリンク

関連記事

IMG_3324

ホルモンかどや@難波風豚足

昔、千日前商店街にあった時はオッサンしか寄り付かない店だった、ホルモン...

記事を読む

IMG_3361

鯛の頭で「スープ・ド・ポワソン」

今度の日曜に迫ったグルコバの食材偵察として日曜朝の「はまや食品」に出か...

記事を読む

IMG_3320

インドの甘くないお菓子「ムルック」

今月21日に行う予定のグルコバ。 私のモットーとして、毎回何かし...

記事を読む

IMG_3274

イカの鉄板焼きと焼きそば

この日は豚バラ肉が中途半端に余っていたので、冷蔵庫のキャベツと一緒に焼...

記事を読む

IMG_3247

週末料理二題

グルコバ用のインド料理の試作や、自転車の調整をしないといけないなと思い...

記事を読む

新着記事

houraku

宝楽@神戸新開地の冷麺

この日は会社から毎年支給される夏季休暇の1日分を使って、神戸の方にスパ...

記事を読む

komagawahormone

大正式?串焼きホルモンの2号店「駒川ホルモン あべの店」

沖縄から移住してきた人が多い大正区では、大阪ではあまりメジャーではない...

記事を読む

gyozadaigaku

神戸餃子ならここを選ぶかな「ぎょうざ大学 元町店」

小さい頃から珉珉や王将の餃子で育ってきた私にとって、どうも値段の高い餃...

記事を読む

kanchan

ごめんねジローの後は「かんちゃん」@天満で二次会

えて吉さん、ishさんと洋食屋「ごめんねジロー」に行った後、恒例の立ち...

記事を読む

IMG_3324

ホルモンかどや@難波風豚足

昔、千日前商店街にあった時はオッサンしか寄り付かない店だった、ホルモン...

記事を読む

Comment

  1. キムチ好き より:

    自分でも作ってみたんですが、色がおいしそうな色のキムチですね。自分のはトホホ^^;

  2. こばやし より:

    ま、写真の色は本物とは若干違いますが・・・(笑)
    やはりキムチの色をしっかり出すためには、韓国産の良い唐辛子をケチらずにたっぷり使う事でしょうね。
    不思議と、赤い色が濃い唐辛子ほど辛くないですからね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサードリンク

houraku
宝楽@神戸新開地の冷麺

この日は会社から毎年支給される夏季休暇の1日分を使って、神戸の方にスパ

komagawahormone
大正式?串焼きホルモンの2号店「駒川ホルモン あべの店」

沖縄から移住してきた人が多い大正区では、大阪ではあまりメジャーではない

gyozadaigaku
神戸餃子ならここを選ぶかな「ぎょうざ大学 元町店」

小さい頃から珉珉や王将の餃子で育ってきた私にとって、どうも値段の高い餃

kanchan
ごめんねジローの後は「かんちゃん」@天満で二次会

えて吉さん、ishさんと洋食屋「ごめんねジロー」に行った後、恒例の立ち

IMG_3324
ホルモンかどや@難波風豚足

昔、千日前商店街にあった時はオッサンしか寄り付かない店だった、ホルモン

→もっと見る


PAGE TOP ↑