*

別館牡丹園式「煎生蠔」-広東風牡蠣のお好み焼きのレシピ、作り方

スポンサードリンク

昨日、グルコバ常連のえて吉さん宅で開催した牡蠣宴会で披露して好評だった、広東風牡蠣のお好み焼き。

神戸の別館牡丹園で出している、1人前2000円もする「煎生蠔」という高級料理を何とか自作で再現してみました。当然同じ味では無いでしょうが、かなり近い雰囲気のものになったと思ってます。

牡蠣を結構大量に使う割には出来上がりのボリュームが多くないですが、その分牡蠣の旨味がギュッと詰まっていてビールのアテに最高です!

出席者の間から、早くレシピを公開しろという強い圧力を受けたので、宴会の記事の前にアップします。

sIMG_2588

「広東風牡蠣のお好み焼き」

約6枚分

●材料

牡蠣むき身 400g
卵 2個
オイスターソース 大さじ1
片栗粉 大さじ4
小麦粉 半カップ
塩 小さじ1
胡椒少々
紹興酒 大さじ1
ネギ 2本
牛脂、または豚の背脂 大さじ山盛り2
醤油 小さじ1
生姜絞り汁 小さじ2

●作り方

  • ネギは小口切り、牛脂はみじん切りにする。
  • 牡蠣は水と塩、片栗粉(分量外)を混ぜて揉み、2回ほど水洗いし、ザルにあげる。
  • 沸騰したお湯に牡蠣を入れ、5秒ほどさっと湯通しした後で荒くみじん切りにする。
  • 卵をよく溶いて片栗粉、上新粉、塩、胡椒、紹興酒、生姜絞り汁を混ぜ入れる。
  • 牡蠣から水分が出るので、ぼたぼたと落ちるぐらいの固めの生地にする。
  • ネギ、牛脂、牡蠣、醤油、オイスターソースを入れて混ぜる。
  • フライパンに多めのごま油を入れ、生地をお玉軽めに1杯ずつ入れ、カリッとするまで揚げ焼きにする。
  • レモン汁やチヂミのタレなどで召し上がれ。

ポイントは牛脂を加えることで、これにより味にグッとコクが出ます。

お好みで、生地に香菜なんかを刻んで入れてもエスニック風になって美味しいですよ!

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

食べ歩き ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
スポンサードリンク


関連記事

ド・ローカルなガッツリ粉もん店「きよ美」@天六・本庄東

ようやく三週間ぶりの本サイト更新です。ちょっと暖かくなって来たので、そ...

記事を読む

いろいろ悩ましいが結局パスかな・・・お好み焼き「道草」@大阪天満宮

ある日、大阪天満宮の南東側でちょっと古びたお好み焼き屋を見つけ、メニュ...

記事を読む

お好み焼き「きよちゃん」@徳井町の「牛すじ生麺焼きそば」

前回のエントリーからもう9ヶ月が経っているのに、未だ食べログへの記載が...

記事を読む

鉄板ダイニング HONANA -ほななっ- 本店

今年も早いもので師走がやって来てしまい、同時に忘年会の季節もスタートし...

記事を読む

ビブ・グルマンの繊細なお好み焼き「花」@京橋

2016年のミシュランガイド大阪編から粉もんの店が掲載されるようになっ...

記事を読む

新着記事

「博多だるま」@梅田阪急百貨店

現在、梅田の阪急百貨店で行われている「おいしいニッポン」という催事で、...

記事を読む

タイ・フェスティバル2017

前日のリュックサックマーケットでガッツリ疲れて、日曜はのんびりしたかっ...

記事を読む

とろみ系二郎インスパイア「らーめん まる氣」@塚本

大阪中心街の二郎系ラーメンは、最近は閉店も開店も無く、すっかり下火で落...

記事を読む

摩耶山リュックサックマーケット

毎年、3月から11月の第3土曜日に開催されている、摩耶山リュックサック...

記事を読む

最近の定番、皿うどん

今年になって、長女が高校へ進学したため、昼は嫁さんが作った弁当を持って...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

半角数字で計算式に正しい数値を入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

スポンサードリンク

「博多だるま」@梅田阪急百貨店

現在、梅田の阪急百貨店で行われている「おいしいニッポン」という催事で、

タイ・フェスティバル2017

前日のリュックサックマーケットでガッツリ疲れて、日曜はのんびりしたかっ

とろみ系二郎インスパイア「らーめん まる氣」@塚本

大阪中心街の二郎系ラーメンは、最近は閉店も開店も無く、すっかり下火で落

摩耶山リュックサックマーケット

毎年、3月から11月の第3土曜日に開催されている、摩耶山リュックサック

最近の定番、皿うどん

今年になって、長女が高校へ進学したため、昼は嫁さんが作った弁当を持って

→もっと見る


PAGE TOP ↑