*

これぞジ・オーセンティック・角打ち「花野商店」@天王寺

スポンサードリンク

この日は、天王寺で目当てにしていた店がちょうど満席で、でも疲れていて他の店を探すのが億劫だったので、こちらに立ち寄って少し時間つぶし。

場所はJR天王寺駅北側、天王寺駅前商店街から少し東に入ったところにあります。

店に入ると、大きな大関、白鶴の看板が目に飛び込んできます。そして使い込まれて角が丸くなった木のカウンターと、まさにこれぞ「王道の角打ち」という貫禄を感じさせます。

でもアテはナッツやあられ、缶詰といった乾き物オンリーなので、本サイトに掲載するたぐいの店ではありませんね。

その中で、料理らしいアテと言えばこのチクワでしょうか。何の変哲も無いチクワをほいっと手渡しされますが、意外としっかり魚の味がして美味しく、これはちょっと驚き。

そして燻製卵。軽く塩味がついていてビールにピッタリ。

天王寺もお役所主導のアホな再開発ですっかり味わいに乏しい、無味乾燥な街に変貌してしまいましたが、ここは古き良き阿倍野、あの明治屋も健在だった時代の雰囲気をそのまま残している貴重なお店だと言えます。

最近はあまり正統派の角打ちには訪れていなかったので、久々の雰囲気を堪能しました。どうもご馳走様!

花野商店立ち飲み居酒屋・バー / 天王寺駅天王寺駅前駅大阪阿部野橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

食べ歩き ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
スポンサードリンク


関連記事

大阪王の餃子は、餃子の王将とどこが違う?

この日は仕事が詰まって昼飯の時間があまり取れず、自席で小さめのカップ麺...

記事を読む

大阪北部地震でも営業中「SHAKE SHACK(シェイク シャック)梅田阪神店」

昨日は、雨予報だったので地下鉄で出勤しようと思ったところで、突然突き上...

記事を読む

忘れ去られた「バシキョーデー」? 豚喰@京橋の豚肉生姜焼き

毎月8と9が付く日で月に6回もチャンスがあるのに、なかなかタイミングが...

記事を読む

「立ち喰い魚 ふじ屋」の魚ライス(580円)@阪神百貨店スナックパーク

阪神百貨店で行われていた四国物産展でイートインのうどんを食べそこねたの...

記事を読む

「阪神の四国味めぐり」で、日の出うどんの生麺持ち帰り

先週から梅田の阪神百貨店で始まっている、四国物産展の「阪神の四国味めぐ...

記事を読む

新着記事

松屋の創業祭キャンペーンと、総選挙クーポンでカルビ焼肉定食がワンコイン!

6/17から、松屋で創業祭と称して、通常650円のカルビ焼肉定食が55...

記事を読む

大阪王の餃子は、餃子の王将とどこが違う?

この日は仕事が詰まって昼飯の時間があまり取れず、自席で小さめのカップ麺...

記事を読む

大阪北部地震でも営業中「SHAKE SHACK(シェイク シャック)梅田阪神店」

昨日は、雨予報だったので地下鉄で出勤しようと思ったところで、突然突き上...

記事を読む

絶好の天気だったけど・・・摩耶山リュックサックマーケット

良く天気に祟られる事が多い、摩耶山リュックサックマーケットですが、6月...

記事を読む

決して色物ではない本物メニューの「ピネライス」 キッチンゴン 六角店@京都

キッチンゴンのピネライスと言えば、昔からほとんどの京都ガイドブックに載...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

半角数字で計算式に正しい数値を入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

スポンサードリンク

松屋の創業祭キャンペーンと、総選挙クーポンでカルビ焼肉定食がワンコイン!

6/17から、松屋で創業祭と称して、通常650円のカルビ焼肉定食が55

大阪王の餃子は、餃子の王将とどこが違う?

この日は仕事が詰まって昼飯の時間があまり取れず、自席で小さめのカップ麺

大阪北部地震でも営業中「SHAKE SHACK(シェイク シャック)梅田阪神店」

昨日は、雨予報だったので地下鉄で出勤しようと思ったところで、突然突き上

絶好の天気だったけど・・・摩耶山リュックサックマーケット

良く天気に祟られる事が多い、摩耶山リュックサックマーケットですが、6月

決して色物ではない本物メニューの「ピネライス」 キッチンゴン 六角店@京都

キッチンゴンのピネライスと言えば、昔からほとんどの京都ガイドブックに載

→もっと見る


PAGE TOP ↑