*

ガッツリボリュームのランチどころ「ビエン」@堺筋本町

スポンサードリンク

残念ながらすぐに潰れてしまったけど、肉バルのような「セルクル」という店があった場所の居抜きで、新しく「ビエン」という店がオープンしたのに気づいたのは1年以上も前の話。

とてもランチ激戦区とは言えないエリアで、ここもいつまで持つかなと思っていたのですが(失礼)、ずっと頑張っておられるという事は何か光るものがあるという証拠でもあるので、通ってみたというわけです。

店内は緑の丸いタイル張りのカウンターがあり、明るい南欧風な雰囲気と、喫茶店然としたメニューにギャップを感じます(笑)。

とにかくビックリするのはそのボリューム。メインの料理はもちろんですが、ご飯は大きめのどんぶりに大盛り、付け合せのサラダもスパゲティが入ってたっぷりした量と、気前良いのも程があります。

何故かカツじゃなくて「チキンフライ」定食は、カリッと揚がったチキンカツ2枚が皿を埋め尽くし650円でこの有様。

牛肉たっぷりのうどんに、サラダが付いた大きな玉子焼き、どんぶり飯のうどん定食(650円)も壮観そのもの。

甘辛味の焼肉定食も、肉はちょっと固めだけど大ぶりで、わさっと皿を覆ってます。

肉がたっぷり入った素朴なピラフはカレー皿にてんこ盛りで、ワンコインなのにサラダも盛りだくさん。

同じくワンコインの、肉と野菜が溶け込んだカレーはご飯少なめにしても十分なボリューム。

トロトロにとじられた甘めのカツ丼も巨大で、通常はうどん付きですが単品にしてもらってもガッツリ満腹。

料理はご夫婦が二人三脚で作られており、味はいかにも家庭料理という感じですが、ランチタイムはほぼ満席になる人気ぶりも頷けるコストパフォーマンス。ガッツリ派には十分満足してもらえる店ではないでしょうか。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>http://gourmet.gazfootball.com/recent.html

ビエン喫茶店 / 堺筋本町駅谷町四丁目駅松屋町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

食べ歩き ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
スポンサードリンク


関連記事

ビアフェス大阪2017@マイドームおおさか

1度に100種類以上のビールが試飲できる、「ビアフェス」というイベント...

記事を読む

第四次あいりん地区解放の波「難波屋」@西成

かつて私が子供だった時は、新世界と言えばヤンキーや浮浪者のたまり場で、...

記事を読む

社食より安い!「もとや」@京橋のチキンカツ定食350円

昨日、バーガーキングの「アンガスステーキバーガー」を食べた記事を書いた...

記事を読む

バーガーキング「アングリーアンガスバーガー」Mセット(640円)

バーガーキングから、8/17までの期間限定で「アンガスバーガー」の提供...

記事を読む

新着記事

ビアフェス大阪2017@マイドームおおさか

1度に100種類以上のビールが試飲できる、「ビアフェス」というイベント...

記事を読む

祇園祭・宵々山の後はお約束の王将

秋吉で焼き鳥を食べた後、四条通の歩行者天国が始まるぐらいのタイミングで...

記事を読む

祇園祭の前に、「やきとりの名門 秋吉」で腹ごしらえ

昔、大学生だった頃には良く飲み会で使っていた「やきとりの名門 秋吉」。...

記事を読む

とうとう本家二郎が関西に!「ラーメン二郎 京都店」@一乗寺

今年の4月に、今まではインスパイア系しか存在しなかった関西に、二郎直系...

記事を読む

第四次あいりん地区解放の波「難波屋」@西成

かつて私が子供だった時は、新世界と言えばヤンキーや浮浪者のたまり場で、...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

半角数字で計算式に正しい数値を入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

スポンサードリンク

ビアフェス大阪2017@マイドームおおさか

1度に100種類以上のビールが試飲できる、「ビアフェス」というイベント

祇園祭・宵々山の後はお約束の王将

秋吉で焼き鳥を食べた後、四条通の歩行者天国が始まるぐらいのタイミングで

祇園祭の前に、「やきとりの名門 秋吉」で腹ごしらえ

昔、大学生だった頃には良く飲み会で使っていた「やきとりの名門 秋吉」。

とうとう本家二郎が関西に!「ラーメン二郎 京都店」@一乗寺

今年の4月に、今まではインスパイア系しか存在しなかった関西に、二郎直系

第四次あいりん地区解放の波「難波屋」@西成

かつて私が子供だった時は、新世界と言えばヤンキーや浮浪者のたまり場で、

→もっと見る


PAGE TOP ↑