*

「横浜家系ラーメン 本町商店」の塩ラーメン

スポンサードリンク

一時期、雨後の竹の子のように大阪へ出店攻勢をかけていた、町田商店系列の家系ラーメンも、最近は何となく落ち着いた感はありますね。

出来れば家系ラーメンは、工場製でないスープのものを食べたいところなんですが、平日に食べたい発作が出てしまうとどうしても選択肢は限られてしまいます。

と言うわけで、最寄りの本町商店へ何度目かの訪問。相変わらずランチタイムは行列が出来ていて人気がありますね~。

今回のオーダーは塩ラーメンで、麺の硬さ、油、味の濃さは全て普通で。

ランチタイムはご飯が食べ放題なのですが、そういうシステムだとパサパサの古米を出して来る店が多い中、こちらのご飯はそれなりのクォリティが保たれているのが嬉しいですね。

ラーメンのスープは相変わらず化学調味料でべたつく過剰な旨味が余計ですが、ニンニクと豆板醤、ゴマを加えてジャンキーにしたスープはアドレナリンが出ますね!

そして緑色の漬物と、スープにひたした海苔でご飯ワシワシ。ラーメンの麺量が少なめなので、ここのラーメンはご飯必須だと思います。

家系欲はそこそこ解消したんですけど、京都に二郎本家が来たように、大阪にもチェーンではない正統的な家系の系列店が来て欲しいところですなあ。どうもご馳走様!

関連ランキング:ラーメン | 本町駅堺筋本町駅心斎橋駅

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

大阪ランキング
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
スポンサードリンク


関連記事

やはり意識高いラーメン店で二郎系を頼んではいけない

これはボツにしてしまおうかと思ったのですが、あえて自分への戒めとして書...

記事を読む

夏の定番味覚と土用の丑の日を1度でクリア!「元禄寿司 天六店」

この日は、いつもの野暮用のため午前中は京都で打ち合わせ。 行く前...

記事を読む

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、...

記事を読む

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ...

記事を読む

あいすべきものすべてに@高井田の汁なし

ラーメン荘歴史を刻めの寺田町店から独立された店主が営まれている、高井田...

記事を読む

新着記事

やはり意識高いラーメン店で二郎系を頼んではいけない

これはボツにしてしまおうかと思ったのですが、あえて自分への戒めとして書...

記事を読む

夏の定番味覚と土用の丑の日を1度でクリア!「元禄寿司 天六店」

この日は、いつもの野暮用のため午前中は京都で打ち合わせ。 行く前...

記事を読む

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、...

記事を読む

祇園祭の宵々山見物の跡は、「やきとりの名門秋吉 河原町店」で納涼の一杯

今年は史上最高気温での祇園祭だったようですが、3連休の日曜日に宵々山へ...

記事を読む

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

半角数字で計算式に正しい数値を入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

やはり意識高いラーメン店で二郎系を頼んではいけない

これはボツにしてしまおうかと思ったのですが、あえて自分への戒めとして書

夏の定番味覚と土用の丑の日を1度でクリア!「元禄寿司 天六店」

この日は、いつもの野暮用のため午前中は京都で打ち合わせ。 行く前は京都

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、

祇園祭の宵々山見物の跡は、「やきとりの名門秋吉 河原町店」で納涼の一杯

今年は史上最高気温での祇園祭だったようですが、3連休の日曜日に宵々山へ

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑