*

やっぱり秋は「スタンドアサヒ@南田辺」で松茸の土瓶蒸し

スポンサードリンク

秋の味覚の王様といえば、まず第一に名前が挙がるのは松茸。

その中でも土瓶蒸しはシーズンに必ず食べたい料理なのですが、これを狙って食べるのはなかなか難しかったりしますよね。

だいたいは割烹料理店のコースに入っていたりするものですし、居酒屋や寿司屋に置いてあっても、出汁がちゃんとしていないと台無しになってしまう料理なので、下手な店で頼むと高い値段を取られるだけでガッカリする羽目になります。

自作するとそのへんは安心ではあるのですが、狭い家で年に1度のために土瓶を置くのも馬鹿らしいですし、子供らはそんなに松茸が好きじゃないので、家で買っても消費しきれません。

と言うわけで、松茸を確実にリーズナブルな値段でいただくには、この店に行くのが一番ですよね。

週末や土曜日は1ヶ月以上前から予約しないといけない人気で、今回は金曜に予約したのですが、団体の予約が入っていて7時のスタートになりました。

まずはお通しがわりの小鉢。相変わらずエッジがピンと立ったかぼちゃの煮方に惚れ惚れします。

だいたい秋のシーズン中は、松茸の土瓶蒸しと松茸ご飯がメニューに常備されており、さすがに松茸は国産じゃないでしょうが、土瓶蒸しがたったの600円ですからね!

一応予約の時に人数分は確保していましたが、それでも売り切れが怖いので最初にオーダー。もちろん日本酒も同時に行っときました。(^o^)

松茸、ハモ、三つ葉と具はシンプル。昨年はタイミングが合わずに土瓶蒸しは食べられなかったので、今年はいただけて幸せです~。

松茸がたっぷり入った松茸ご飯も、自家製の美味しい漬物が付いて400円と格安。

以前に食べて美味しかった鯛の骨蒸しが売り切れだったので、定番裏メニューのうなぎ白焼きも行っときました。

うなぎは蒲焼きもあるのですが、強火で炙って脂が浮き出た、カリッと香ばしい白焼きのほうが好きですね。

ここらでビールに合うアテという事でカキフライ。シーズン始めで牡蠣のサイズは小ぶりでしたが、味が濃厚で旨し。

同行したishさんがまだ未食という事で、名物料理の「さばからまぶし」と、ナスの田楽をオーダー。

もうちょい揚げもんとのご希望で、エビが太くてプリプリのエビフライ。ここのフライ物は洋食屋顔負けですなあ。

まだお腹にちょっと余裕があったので、最後は個人的なお気に入りのミンチボール。あっさりしていていくらでも食べられます。

松茸も堪能し、3人でこれだけしっかり飲み食いしても1人頭で4000円! いやはや、やっぱり何度来ても脱帽するしか無いコストパフォーマンスですなあ。

また来年も是非食べに来たいと思います。どうもご馳走様!

関連ランキング:居酒屋 | 南田辺駅田辺駅西田辺駅

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

大阪ランキング
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
スポンサードリンク


関連記事

やはり意識高いラーメン店で二郎系を頼んではいけない

これはボツにしてしまおうかと思ったのですが、あえて自分への戒めとして書...

記事を読む

夏の定番味覚と土用の丑の日を1度でクリア!「元禄寿司 天六店」

この日は、いつもの野暮用のため午前中は京都で打ち合わせ。 行く前...

記事を読む

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、...

記事を読む

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ...

記事を読む

あいすべきものすべてに@高井田の汁なし

ラーメン荘歴史を刻めの寺田町店から独立された店主が営まれている、高井田...

記事を読む

新着記事

やはり意識高いラーメン店で二郎系を頼んではいけない

これはボツにしてしまおうかと思ったのですが、あえて自分への戒めとして書...

記事を読む

夏の定番味覚と土用の丑の日を1度でクリア!「元禄寿司 天六店」

この日は、いつもの野暮用のため午前中は京都で打ち合わせ。 行く前...

記事を読む

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、...

記事を読む

祇園祭の宵々山見物の跡は、「やきとりの名門秋吉 河原町店」で納涼の一杯

今年は史上最高気温での祇園祭だったようですが、3連休の日曜日に宵々山へ...

記事を読む

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

半角数字で計算式に正しい数値を入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

やはり意識高いラーメン店で二郎系を頼んではいけない

これはボツにしてしまおうかと思ったのですが、あえて自分への戒めとして書

夏の定番味覚と土用の丑の日を1度でクリア!「元禄寿司 天六店」

この日は、いつもの野暮用のため午前中は京都で打ち合わせ。 行く前は京都

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、

祇園祭の宵々山見物の跡は、「やきとりの名門秋吉 河原町店」で納涼の一杯

今年は史上最高気温での祇園祭だったようですが、3連休の日曜日に宵々山へ

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑