大阪・関西のB級グルメガイド

風邪をひいた時の特効薬、スペイン風にんにくスープ「ソパ・デ・アホ」

風邪をひいた時の特効薬、スペイン風にんにくスープ「ソパ・デ・アホ」

先週から長女が熱を出し、次女がゴホゴホ言い出して、いよいよ風邪の季節が来てしまったなと思ったら、とうとう自分まで鼻風邪が移ってしまいました・・・

まあ思ったよりもしんどくなくて仕事を休むほどで無く、年末年始にまたがって風邪をひくより良いかと慰めております(笑)。

こういう時に私がいつも作っているのが、スペイン風にんにくスープ「ソパ・デ・アホ」。

作り方は、たっぷり目のニンニク(今回は4かけ!)をみじん切りにし、ベーコン半枚分を細切り。

大さじ2ぐらいのオリーブオイルでニンニクを弱火で炒め、透き通ったらベーコンを投入。

そこにちぎったフランスパンを加えて油を吸わせたら、パプリカを小さじ1、カイエンヌペッパーをお好みで加えます。

スパイスが馴染んだら水とコンソメキューブ1個を加え、沸騰したら塩コショウで味を整えます。

最後に溶き卵1個分を回しかけ、あればパセリを振って出来上がり。

体が中と外からポカポカ温まり、おかげで翌朝は体調が少し良くなりましたよ。もちろん風邪の時だけでなく、これからの季節に是非どうぞ。