*

風邪をひいた時の特効薬、スペイン風にんにくスープ「ソパ・デ・アホ」

スポンサードリンク

先週から長女が熱を出し、次女がゴホゴホ言い出して、いよいよ風邪の季節が来てしまったなと思ったら、とうとう自分まで鼻風邪が移ってしまいました・・・

まあ思ったよりもしんどくなくて仕事を休むほどで無く、年末年始にまたがって風邪をひくより良いかと慰めております(笑)。

こういう時に私がいつも作っているのが、スペイン風にんにくスープ「ソパ・デ・アホ」。

作り方は、たっぷり目のニンニク(今回は4かけ!)をみじん切りにし、ベーコン半枚分を細切り。

大さじ2ぐらいのオリーブオイルでニンニクを弱火で炒め、透き通ったらベーコンを投入。

そこにちぎったフランスパンを加えて油を吸わせたら、パプリカを小さじ1、カイエンヌペッパーをお好みで加えます。

スパイスが馴染んだら水とコンソメキューブ1個を加え、沸騰したら塩コショウで味を整えます。

最後に溶き卵1個分を回しかけ、あればパセリを振って出来上がり。

体が中と外からポカポカ温まり、おかげで翌朝は体調が少し良くなりましたよ。もちろん風邪の時だけでなく、これからの季節に是非どうぞ。

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

大阪ランキング
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
スポンサードリンク


2017/12/01 | 洋食, たまには料理

関連記事

「ニューライト」@アメ村の素朴なカレーとオムライス

先日、久々に難波アメ村の洋食店「ニューライト」に行ったのですが、そうい...

記事を読む

決して色物ではない本物メニューの「ピネライス」 キッチンゴン 六角店@京都

キッチンゴンのピネライスと言えば、昔からほとんどの京都ガイドブックに載...

記事を読む

洋食ひらおか@神戸中央卸売市場の、オムライスとチキンカツ

先日、自転車で神戸まで走った時に訪れた「洋食ひらおか」が気に入って、後...

記事を読む

1個100円そこそこで味わうフレンチ「コロッケいまむら」@蒲生四丁目

蒲生四丁目にある城東商店街からそのまま北へ100mほど行ったところに、...

記事を読む

ニューライト@アメリカ村のワンコイン・とんかつAランチ

こちらはカレー味のおじやと言えるセイロンライスで有名な老舗ですが、メニ...

記事を読む

新着記事

やはり意識高いラーメン店で二郎系を頼んではいけない

これはボツにしてしまおうかと思ったのですが、あえて自分への戒めとして書...

記事を読む

夏の定番味覚と土用の丑の日を1度でクリア!「元禄寿司 天六店」

この日は、いつもの野暮用のため午前中は京都で打ち合わせ。 行く前...

記事を読む

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、...

記事を読む

祇園祭の宵々山見物の跡は、「やきとりの名門秋吉 河原町店」で納涼の一杯

今年は史上最高気温での祇園祭だったようですが、3連休の日曜日に宵々山へ...

記事を読む

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

半角数字で計算式に正しい数値を入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク

やはり意識高いラーメン店で二郎系を頼んではいけない

これはボツにしてしまおうかと思ったのですが、あえて自分への戒めとして書

夏の定番味覚と土用の丑の日を1度でクリア!「元禄寿司 天六店」

この日は、いつもの野暮用のため午前中は京都で打ち合わせ。 行く前は京都

復活した大阪ライト豚骨の名店にようやく訪問「十三ら~めん担担」

4年前に、阪急十三駅西口に広がる通称「しょんべん横丁」で火事が起こり、

祇園祭の宵々山見物の跡は、「やきとりの名門秋吉 河原町店」で納涼の一杯

今年は史上最高気温での祇園祭だったようですが、3連休の日曜日に宵々山へ

大阪の谷町六丁目に出来たスパイスショップ「スパイス堂」

堀江に出来た神戸スパイスに続き、今度は谷町六丁目に「ダルバート食堂」さ

→もっと見る


PAGE TOP ↑