大阪・関西のB級グルメガイド

大阪屈指の濃厚ビター系ドミグラスソースの洋食「グリル・フレンドシップ」森ノ宮

大阪屈指の濃厚ビター系ドミグラスソースの洋食「グリル・フレンドシップ」森ノ宮

谷町4丁目から森ノ宮まで中央大通を下って行く途中に、「洋食とビール」という看板を掲げた店があるのは10年以上前から知っていました。

ずっと「洋食とビール」が店名だと思っていて変な店だなと思ってましたが、「グリル・フレンドシップ」が正式名だと知ったのは結構な月日経ってからでした(笑)。

それでも大衆洋食にしてはやや値段が高めな様子だったのと、チャリで通りがかっても勢いでつい坂を下り切ってしまい、何となくスルーしたまま最近まで来てしまいました。

ところがある時、ブログのコメント欄でオススメだという話を聞いて、調べてみるとドミグラスソースがかなりビターだという情報も得られたので、訪問のチャンスを伺っておりました。

そしてある日、休肝日だけど外食してこいという指令が出たので、普段なら適当に安い食事で済ませるところでしたが、ふとこの店の存在を思い出してやっとこさ初訪問と相成りました。

ランチタイムだと日替わり定食があるようですが、夜だったので定食の中でも一番安い、トンカツと白身フライがセットになった950円のA定食にしてみました。

トンカツに半分かけられたドミグラスソースは、漆黒でドロリとした粘度といかにも濃厚そうで期待が高まります。

ソースがかかった部分を食べてみると、やはりガツンとビターに苦味が舌に来て、そこにトマトとワインを煮詰めたような深みを感じ、これはかなり個人的に好きなタイプですね~。

大阪でビター系ドミグラスソースと言えば、ぐりる樹林亭STEREOなんかを思い浮かべますが、それらよりもビター度では上回り、神戸・塚本のマルヤに匹敵するレベルですよ。

もちろんソースだけでなく、トンカツのサイズは標準的ですが、脂が甘くて良い豚肉を使っているのが分かります。

そして白身フライも鮮魚が使われていてジューシー、キリッと酸味を利かせたタルタルソースが良く合います。

付け合せも、キャベツ、にんじん、カイワレのサラダは極めて細い千切りで技術が感じられ、ご飯はツヤツヤで粒が立っており美味しいです。ただ味噌汁は普通ですかね~。

値段的に何度も通えないのが残念ですが、予想以上に丁寧でしっかり手のかかった、今時珍しいクラシックな仕事守っている洋食店で嬉しくなりました。しかもこの店が、あのカレーチェーンの得正系列と知って二度ビックリ!

でも言われてみれば、上等カレーのロゴと「洋食とビール」の文字になんか同じDNAを感じさせるところがありますよね・・・

まさかそのまま得正のカレーが出て来るわけでは無いでしょうが、ちょっと怖いもの見たさもあるので、今度来る時はカレーメニューを試してみたいと思います(笑)。

フレンドシップ洋食 / 森ノ宮駅玉造駅(大阪市営)大阪城公園駅

夜総合点★★★★ 4.0

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!