大阪・関西のB級グルメガイド

歳末恒例、鶴橋市場買い物行脚

歳末恒例、鶴橋市場買い物行脚

今年は何とか29日までにほとんど大掃除を終わらせ、30日は心置きなく正月食材の買い出しに出かけておりました。

と言っても、嫁さんが自分の料理教室でおせち料理を作った残りがあるので、私の担当は数の子と雑煮、酒のアテ、そして年越しそばなどの用意がメインなんですけどね。

まず最初に訪れたのは、生野区にある御幸森商店街、通称コリアタウン。その商店街の東側にある「ミナミ大沢商店」の蒸し豚を購入。

ミナミ大沢商店

関連ランキング:その他 | 鶴橋駅今里駅(大阪市営)

まだ朝の9時だと言うのに、既に50人ほどの行列が出来ていてビックリ・・・(@_@)

店頭にはこんな巨大な蒸し豚の肉塊がドサドサと置かれるのですが、中には5~6kgも買う人が居て、あっという間に消えてしまうのにまた仰天。

モモやバラ、肩ロースなど部位と値段(100gで240円)を指定して購入するのですが、我が家はバラで1000円ほどいただきました。

その後は鶴橋鮮魚市場へ移動し、数の子や年末にいただくマグロを購入。

普段はプロ相手がメインの市場なのですが、年末は一般客向けに値札を付けて売っている店が多くなるんですよね。

市場の中ほどにあるマグロ卸の店では、いつもこの時期になると中落ち部分の試食を出していて、これが脂が乗っていて絶品なんですよ!

鮮魚市場の西側に隣接した、鶴橋本通り商店街は一般客向けの食料品店が立ち並ぶ通り。年末は一番混み合うエリアです。

こちらで雑煮と年越しそば用の鰹節、混合節、鶏肉などをゲット。

その後、黒門市場もちょっと見てみるかなと思ったのですが、既にほぼインバウンド客向けの商売になっているところに、普段はあまり来ない日本人客が詰めかけて阿鼻叫喚の地獄絵図になっていました・・・

見ただけで退散した後、そういやどこも値段が高いのにビビってまだ雑煮大根を買えていない事に気づき、野菜が安い天満市場まで移動する事に。今年は下手するとごぼうのように細い大根が1本300円とかしたりしますからね。

幸い、天満では雑煮大根をまあまあ納得できる値段で買えたので、はるばる足を伸ばした甲斐があって良かったです。

だいたい買い物ミッションが終了したので、お疲れ様のご休憩~。天満酒蔵はお客さんでほぼぎっしり。皆さん、掃除や買い物も一段落したんでしょうかね?

ビール大瓶と、ポテサラ、3尾入りの海老天で締めて800円。

今年もいろいろ飲み食いさせていただいた1年でした。また来年も、健康で美味しくB級グルメをいただける年であってほしいものです。では皆さん、良いお年を!