*

極太清流らーめん@西大路八条の「汁なし」

スポンサードリンク

昨年の12/28は、京都で2017年最後の野暮用。

今回は、打ち合わせ等の用事じゃなくて銀行などの窓口を回るだけだったので、ある程度ニンニクを摂取してもいいかと思い、以前に来た事がある西大路八条の「極太清流らーめん」へ訪れました。

一応、ジャンルとしては二郎インスパイア系ラーメンという位置づけですが、乳化してないスープとモチモチの多加水極太麺はまた二郎直系とは別の個性があり、なんばに激流ラーメンが存在していた頃はよく通っていたものでした。

前回は普通のラーメンを頼んだので、今回は汁なしの麺少なめ、ニンニク入りでオーダー。

メニューは他にもシルナシノ神、シルナシノチキンというのもあったりしますが、肉が大量に乗っかるらしいのでちょっと1人で食べ切れる自信がありません・・・

麺少なめにした場合、麺量を減らした分で味玉かメンマを無料でトッピングしてくれるサービスがあり、今回もメンマでお願いしたらやっぱりどっさり乗っかって出てきましたよ~。

タレは背脂が入ったシンプルな醤油味、ムチムチグリグリの極太麺、固めに茹でられたもやしとキャベツ、大量の甘辛メンマ、ニンニク、5mm厚ぐらいのホロホロなバラチャーシューが2枚とシンプルな構成。

でも他の二郎系汁なしのように、フライドオニオンやブラックペッパーが入るのは余計な雑味が増えるので、これぐらいシンプルなほうが麺の旨さを味わうにはちょうどいいですね! 250gの麺量はちょっと多いかなと思いましたが、グイグイと勢いで食べきってしまいました。

最後の方は麺と野菜の水気でタレが少し水っぽくなってしまったので、若干カラメで頼んだほうが良かったかもしれませんが、ほぼ思い描いたとおりの品がいただけて満足でした。どうもご馳走様!

関連ランキング:ラーメン | 西大路駅

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

食べ歩き ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
スポンサードリンク


関連記事

ラーメン二郎 京都店@一乗寺の「京都レッド」

この日は京都でいつものヤボ用。朝一番の用事をこなして、次の仕事が午後の...

記事を読む

甘辛オイリー二郎インスパイア「あいすべきものすべてに」@高井田

いや~、年末から年始にかけて到来している大寒波は辛いですね。 通...

記事を読む

今回はなかなか高めにブレた(?)一杯でした「ラーメン荘おもしろい方へ」@住道

普段は自転車通勤以外では、マウスを動かしてキーボードを叩くぐらいしか運...

記事を読む

梅田の隠れた二郎系「つけめんTETSU 阪急三番街店」のまぜそば

この日は久々に梅田の阪急三番街へ。 阪急三番街は、私が小さい頃か...

記事を読む

新着記事

教道家@近大前で、中ラーメンのキャベツトッピング

もう無理やりこじつけ状態になりつつある、野菜強化月間の2月(笑)。 ...

記事を読む

バーガーキングで、ワッパーとドリンクMサイズで490円のクーポン!

2月は野菜強化月間と題してみたのはいいけど、だんだんネタが苦しくなって...

記事を読む

明治亭@堺筋本町で、550円で大きなミンチカツカレーと生卵のサービス!

2月は、野菜強化月間と称してなるべくヘルシーな昼飯を心がけている私です...

記事を読む

天満随一の安酒スポット「銀座屋」@天満駅

先々週、次女が通っている小学校がインフルエンザの流行で学級閉鎖。そして...

記事を読む

600円で食べられる偉大なラーメン「天天,有」@住之江公園

先日、中華かつ丼を食べに行った「春来」ですが、実はその1ヶ月ぐらい前に...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

半角数字で計算式に正しい数値を入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

スポンサードリンク

教道家@近大前で、中ラーメンのキャベツトッピング

もう無理やりこじつけ状態になりつつある、野菜強化月間の2月(笑)。 建

バーガーキングで、ワッパーとドリンクMサイズで490円のクーポン!

2月は野菜強化月間と題してみたのはいいけど、だんだんネタが苦しくなって

明治亭@堺筋本町で、550円で大きなミンチカツカレーと生卵のサービス!

2月は、野菜強化月間と称してなるべくヘルシーな昼飯を心がけている私です

天満随一の安酒スポット「銀座屋」@天満駅

先々週、次女が通っている小学校がインフルエンザの流行で学級閉鎖。そして

600円で食べられる偉大なラーメン「天天,有」@住之江公園

先日、中華かつ丼を食べに行った「春来」ですが、実はその1ヶ月ぐらい前に

→もっと見る


PAGE TOP ↑