*

高島屋大阪店で買える、「嵯峨豆腐・森嘉」の豆腐で湯豆腐

スポンサードリンク

1/8の成人の日は、ポッと体が空いたので初詣ついでに住吉大社まで出かけることに。

その行きしなで、高島屋@難波で食料品店を覗いていたら、「味百選」のコーナーに京都嵯峨野の森嘉の豆腐が売られているのを見つけてしまいました。

今まで何度も同じ売場に来ていたのに気づかなかったのでちょっとビックリしたのですが、どうやら月曜と金曜限定販売のようで、そりゃ土日に来る事がほとんどだから気づかないのも当然ですわな。

1つで二丁分の大きさがあり、水にも浸かっていて重そうだったので一度はスルーしたのですが、正月の暴飲暴食で胃腸が疲れているのもあって、晩御飯は湯豆腐にするのもいいなあと思い返し、また売り場に舞い戻って購入してしまいました。

帰宅してから羅臼昆布を水につけ、2時間ほど浸してから軽く塩を加え、ゆっくりと森嘉の豆腐を加熱。沸騰しそうなところで野菜を投入、ポン酢と七味唐辛子でいただきました。

最近は男前豆腐店のように、濃い豆乳を使って豆の風味を前面に押し出した豆腐が流行っていますが、森嘉の豆腐はどこにも主張しすぎる部分がなく、あくまで昆布やポン酢の味を引き立てつつ、ほのかな甘味とコクでしっかり裏側で存在感を出しているような感じです。

そして口当たりはあくまでフワッと滑らか、何の抵抗もなく喉奥に吸い込まれていきます。普段はそんなに好んで豆腐を食べる方では無いのですが、気がつけば自分1人で一丁ほどの豆腐を食べきってしまい、控えめにするつもりが腹いっぱい食べてしまっておりました(笑)。

値段は400円オーバーと豆腐にしては高いですが、かなり大きなサイズですし、自作なら京都の湯豆腐屋で食べる数分の一で済むので、十分お得な贅沢ではないでしょうか。どうもご馳走様!

嵯峨豆腐 森嘉豆腐料理・湯葉料理 / トロッコ嵯峨駅嵯峨嵐山駅トロッコ嵐山駅

昼総合点★★★★ 4.0

↓よろしければ、応援の2クリックよろしくお願いします。

食べ歩き ブログランキングへ
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
スポンサードリンク


関連記事

第5回、牡蠣をアホほど食べる宴会

もう今回で5回目になってしまった、飲み食い仲間の「えて吉さん」宅で行わ...

記事を読む

京都で今年初のふぐ料理コース!

先日は、京都で高校のクラブ同窓会があり、先輩が常連になっている居酒屋で...

記事を読む

トルコ産松茸で、松茸のホイル焼き、吸い物、炊き込みご飯

先日、芦池更科に松茸うどんを食べに行って満席で断念、その恨みが残ってい...

記事を読む

相変わらず圧巻のワンコイン定食「いろり」@長堀橋

この日は、芦池更科へ松茸うどんを食べに行く気でいたのですが、あいにく店...

記事を読む

新着記事

教道家@近大前で、中ラーメンのキャベツトッピング

もう無理やりこじつけ状態になりつつある、野菜強化月間の2月(笑)。 ...

記事を読む

バーガーキングで、ワッパーとドリンクMサイズで490円のクーポン!

2月は野菜強化月間と題してみたのはいいけど、だんだんネタが苦しくなって...

記事を読む

明治亭@堺筋本町で、550円で大きなミンチカツカレーと生卵のサービス!

2月は、野菜強化月間と称してなるべくヘルシーな昼飯を心がけている私です...

記事を読む

天満随一の安酒スポット「銀座屋」@天満駅

先々週、次女が通っている小学校がインフルエンザの流行で学級閉鎖。そして...

記事を読む

600円で食べられる偉大なラーメン「天天,有」@住之江公園

先日、中華かつ丼を食べに行った「春来」ですが、実はその1ヶ月ぐらい前に...

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

半角数字で計算式に正しい数値を入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

スポンサードリンク

教道家@近大前で、中ラーメンのキャベツトッピング

もう無理やりこじつけ状態になりつつある、野菜強化月間の2月(笑)。 建

バーガーキングで、ワッパーとドリンクMサイズで490円のクーポン!

2月は野菜強化月間と題してみたのはいいけど、だんだんネタが苦しくなって

明治亭@堺筋本町で、550円で大きなミンチカツカレーと生卵のサービス!

2月は、野菜強化月間と称してなるべくヘルシーな昼飯を心がけている私です

天満随一の安酒スポット「銀座屋」@天満駅

先々週、次女が通っている小学校がインフルエンザの流行で学級閉鎖。そして

600円で食べられる偉大なラーメン「天天,有」@住之江公園

先日、中華かつ丼を食べに行った「春来」ですが、実はその1ヶ月ぐらい前に

→もっと見る


PAGE TOP ↑