大阪・関西のB級グルメガイド

けんぞう蕎麦の「おろしそば」@大阪高島屋福井物産展

けんぞう蕎麦の「おろしそば」@大阪高島屋福井物産展

先週、大阪難波の高島屋で行われていた「越前・若狭の味と技記行」、公式サイトを見ていたら物産展ではお馴染みのヨーロッパ軒や寿司とは別に、珍しく越前おろしそばのイートインを発見。

このブログで何度も「レストラン・トミー」のエントリーを書いているように、福井には毎年訪れているのですが、いつもだいたい青春18切符使用で、しかも新快速が無くなる敦賀以東は福井までつながる普通列車が極端に少なく、その日のうちに帰ろうと思うとそんなに現地で長居できないんですよね。

いきおい、まずは敦賀まで戻ることが優先になってしまうので、トミーとセットではほぼ福井駅周辺しか足を伸ばせません。

なので、今まで福井の名物である越前おろしそばを現地で食べたのも一回だけ。他の店も試してみたかったので、ちょうどよい機会と思って訪れました。

メニューは、辛味大根が入った「けんぞう蕎麦」と普通の大根おろしが入った「おろしそば」の2種類があり、けんぞう蕎麦のほうが300円ほど高かったので、あっさり値段に負けて648円のおろしそばにしました(笑)。

鰹節が乗ったそばと大根おろしの入ったつゆが別々に出て来るのですが、店の方によると全部ぶっかけて食べて下さいとの事。別にする意味あんのかなと思いましたが、素直にアドバイスに従いました。

蕎麦は手切りの無骨な太麺で、食べてみるとゴチっとした口当たりで、大根おろしが入ったスッキリと辛口のツユがちょっと負け気味なほど、香りの強さとコシの力強さがあります。やはり辛味大根で食べてこそバランスが取れる感じでしょうか。

店内の張り紙には10割蕎麦と書いてありますが、原材料に小麦も記載されているし、このコシならいくらか繋ぎは入ってそうな感じですよね。

以前に食べた越前おろしそばよりは確実に美味しいですが、スルスルっと食べたらあっという間に無くなってしまいました・・・正直、この値段ならもうちょっと量を食べたかったですな。どうもご馳走様!

 

けんぞう蕎麦そば(蕎麦) / 松岡駅観音町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!