大阪・関西のB級グルメガイド

京阪百貨店住道店で、今度は「かしや」の生醤油魚香そば

京阪百貨店住道店で、今度は「かしや」の生醤油魚香そば

前回のエントリーで、「かしや」@玉出の和風とんこつラーメンをいただいた事を書いたのですが、豚骨よりも魚系を上手く使っている印象が強かったので、再訪問してもう1つ気になっていた「生醤油魚香そば」も試してみる事にしました。

ビジュアルは、和風とんこつとは全く異なり、クリアな醤油色のスープに、レアじゃない薄切り肩ロースチャーシュー、海苔、あとはネギとナルトという構成になっています。

ますスープを一口飲んでみると、いきなりガツンと魚臭さの先制パンチ。でも不思議とスープの味自体は苦味もエグみも無いんですよね。たまり醤油と生醤油のタレが力強く、味わいは旨味に溢れています。

おそらく、スープよりも表面に浮いたオイルに煮干しの香りが詰め込まれているのではないかと思うのですが、「魚香」というよりも「漁港」じゃないかというぐらい(笑)、まさにあの臭いを彷彿とさせるスープで面白かったです。

ただ、麺は低加水の極細麺だったのですが若干スープのパワーに負けている感があり、、これはもうちょっと太目のほうが良かったですかね。

チャーシューの肉質は良好で美味しいのですが、ペラペラのが1枚というのは、厚めのものが3枚乗っていた和風とんこつに比べて寂しいですね・・・それだけスープにコストがかかっているからでしょうか。

バランスという意味ではやや崩れた1杯という気はしますが、煮干し好きにはある意味たまらないラーメンかもしれませんね。どうもご馳走様!


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!