大阪・関西のB級グルメガイド

こんな下町に魚介が売りの新店が!「立ち呑み まさ」@徳庵

こんな下町に魚介が売りの新店が!「立ち呑み まさ」@徳庵

JR学研都市線の大阪側の駅は、住道のように再開発をしたところもありますが、どこも狭苦しい下町に駅があって、飲み屋も昔ながらの居酒屋、角打ちしか無くて一見客にはなかなか厳しいエリアです。

徳庵駅の付近では、立ち飲みでは唯一「まこと酒店」という角打ちがあるぐらいだったのですが、駅の西側に出たところに新しく店が出来ているという話が聞こえてきました。

店に入ってみると、中は大きなコの字型のカウンターがあって、地元のお客さんで中はギッシリ。2年前に出来た新しい店なのに、既に多くの常連を獲得しておられます。

メニューは、プラスチックの板に書かれた常設メニューと、黒板に書かれたその日のメニューがあるのですが、オススメは圧倒的に後者、特に海鮮モノ。

まず刺身盛り合わせ。鮮度はまずまずですが、何しろこれだけ盛られてワンコインですからね~。

スズキの昆布じめも皿一面に並んで400円しないお値段。

マグロ頭トロたたきも同じくボリューム満点。

イワシの刺し身は大きな1尾を注文から手裂きで作ります。

皿になみなみとホワイトソースが注がれ、チーズどっさりの手作りグラタンはたったの300円。

注文を受けてから焼いてもらえる、2人前は軽くある巨大だし巻き。

ここからは写真をまとめて、まずはオススメ料理シリーズ。

カリカリのスルメイカゲソ天に、小鉢に山盛りのさつまいもを使ったポテサラ、そしてスパサラ。小芋の煮付けはちゃんとした出汁であっさり煮られています。

次にマアマア料理シリーズで、

2本250円の手羽先からあげ、手切りだけど量はそこそこな牛肉タレ焼き、フツーなどて焼き、そしてニンニク素揚げなど。

最後はイマイチ料理シリーズ

串カツは他に比べるとサイズが寂しく、おでんはちょっとあっさりし過ぎかな。常設メニューのイワシ天は冷凍品っぽい。鶏の唐揚げはちと油っぽかったかな。

料理は若干当たり外れがありますし、店員さんは始終電子タバコを吸ってたり、店内はやや雑然としていたりで神経質な人にはオススメしませんが、今どきの新店にしては非常にコストパフォーマンスが高いのは間違いありませんよ!

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html
 

立ち呑み まさ立ち飲み居酒屋・バー / 徳庵駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!