大阪・関西のB級グルメガイド

庶民的な関東風の老舗うなぎ屋「川勝」@住吉大社

庶民的な関東風の老舗うなぎ屋「川勝」@住吉大社

最近はシラスウナギの不漁でますます値段が高騰しているうなぎ。

私もうなぎ自体は大好きですが、スーパーや牛丼屋で売っているような中国産にはほとんど手を出さず、もっぱら国産うなぎしか食べないようにしています。

その場合、やはり値段を考えると割高な大阪のうなぎ屋で食べるのはなかなか難しく、鶴橋の川徳で持ち帰りを買うか、競争が激しい三重のうなぎ屋に限られてしまい、ここ数年は年に2~3回食べたら良いほうぐらいになっていますね。

そんな私にとって、大阪で唯一、外食で時々利用するのが住吉大社にある「川勝」さん。残念ながらまたこの春に300円~の値上げをしてしまいましたが、うな重が1500円からいただけるのは本当に貴重です。

店はとても小さく、テーブル席が2つに3人座るのが精一杯のカウンターのみ。いかにも家族経営なのんびりした雰囲気が漂っています。

これは半身の蒲焼とう巻がセットになった「うなぎ定食」(1600円)。関東風に蒸してから焼いた、フワッと香ばしい蒲焼に、たっぷりの出汁が入ったう巻、肝吸いが楽しめる何とも贅沢なコンビネーション。うなぎのタレは甘ったるくなくてキリッと辛口、関西人の舌に合う味付けが嬉しいです。

肝焼きも100円値上げになりましたが、それでも300円で肝がズラリと並んでいる豪華さ。

本物のわさびが添えられた白焼き(2000円)は臭みは一切無く、雪のように溶ける身とネットリしたゼラチンを感じる皮のバランスが絶妙です。

柔らかい蒲焼の切り身を、フワッとたっぷりの出汁と卵でとじたのが「うなたね丼」。900円と3桁のお値段なのに、とてもリッチな気分になれるどんぶりです。

今後、うなぎを取り巻く環境はますます厳しさを増し、三重の老舗うなぎ屋も廃業するところが出ているぐらいですが、何とか頑張っていただきたい名店ですね。
 

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

川勝うなぎ / 住吉駅住吉鳥居前駅住吉大社駅

昼総合点★★★★ 4.0

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!