*

「千林大宮」 一覧

今回は久々に下振れに衝突・・・「そらの星」@森小路

夏には本場の横浜でハイレベルなラーメンをいただき、最近も東大阪でなかなかな一杯をいただいた事もあって、少し自分の中で家系ラーメン熱が再興しています。 と言うわけで、大阪における家系ラーメ...

続きを見る

値段は銀座屋のまま、中身はグレードアップ!「いどや」@千林大宮

大阪で最もコストパフォーマンスが高い立ち飲みを挙げろと言われたら、「ナニワスタンド」は値上げしちゃったので、今なら大正の「さのや」か、この店をワンツーに推したいと思いますね。 場所は、京...

続きを見る

「ついてる中山」@千林のつけそば(800円)

梅雨に入ってからは妙に過ごしやすい天気が続いていましたが、その前にやたらとガンガン暑い時期があって、久々にあっさりしたつけ麺が食べたくなってやって来ました。 千林と滝井を結ぶ細い道沿いと...

続きを見る

海鮮揚げ物立ち飲み「千いち屋」@千林

最近の大阪は、ラーメンとカレー店だけでなく、立ち飲み店の増殖も凄まじい事になっていますね。 10年ぐらい前までは、昔ながらの角打ちを除いた立ち飲み店というと、天満だと肴や、ミナミだとカナマターク...

続きを見る

千林のレトロお好み焼き「よかにせ」

千林商店街には、質が良くて安い「鳥清」や激安精肉店の「松坂屋」なんかがあるので良く自転車で買い物に行くのですが、飲食店はかなり年季が入ったところが多くて、あちこち気にはなるのですが雰囲気的に入りにくか...

続きを見る

千林100円商店街

2/9は、千林商店街でいろんな店舗が100円の品を揃える「100円商店街」というイベントが開催されていました。 「100円商店街」については、京橋商店街では度々見聞きした事があったのですが、千林につい...

続きを見る

千林の昭和洋食「グリル シマダ」

千林商店街から少し外れた公園のそばにある洋食店で、店には揚げ物を売るカウンターが併設されており、昼時は結構な人気になっているみたいです。 中の洋食店も、揚げ物はそのカウンターの中で調理され、それが奥...

続きを見る

こっちは正統派の昭和居酒屋「近江屋」@千林・今市

前回では、コテコテの団塊世代居酒屋の丹倉を紹介しましたが、こちらは同じ千林エリアでも正統派に枯れた居酒屋さんです。 店は大きなコの字型のカウンターに加え、奥にはテーブル席まであって、店の外観から想像...

続きを見る

昭和の熱気を感じる居酒屋「丹倉」@千林

私のサイトでも、よく「昭和を感じる店」といった言い方でレトロな店を紹介する事が多いのですが、そういう場合は枯れた雰囲気のお店を指す場合がほとんどでした。 しかし、千林商店街にあるこの「丹倉」の場合は...

続きを見る

これぞ千林の中華!「味華園」@千林大宮

「いちじゅうひゃくせん、せんばやし~」と大阪人なら、くいだおれの歌とグランシャトーの歌に次いで誰もが口ずさむ事ができる、デュークエイセスのテーマソングで有名な千林商店街。 千林の顔である衣料品に比べる...

続きを見る

千林大宮の定番「すし倶楽部 千林エール店」

千林商店街と言えば、例のテーマソングの次に衣料品の安さで有名なところですが、食料品についても規模は小さめながら激安店が揃っている場所でもあるのです。 そんな土地なので、地味ながらもコストパフォーマン...

続きを見る

ラーメンよりもチャーハン?「らー麺大勝」@千林

本格的に梅雨が来てかなり蒸し暑くなりましたが、まだまだラーメン行きますよ! 最近は大阪でもラーメンブームの高まりが激しくて新店もどんどん出来ている状態ですが、サイドメニューの王道であるチャーハンを置い...

続きを見る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

相変わらず圧巻のワンコイン定食「いろり」@長堀橋

この日は、芦池更科へ松茸うどんを食べに行く気でいたのですが、あいにく店

グルコバ57は、ケララ・ベジタリアン・ミールス!

昨日のグルコバは、半年恒例のバナナの葉で食べるベジタリアン・ミールスの

おそらく大阪で最安のうどん「もとや南店」@京橋

平日、酒を飲む日は炭水化物はあまり取らないようにしているため、仕事帰り

超本格派ステーキ、仙鳳趾の牡蠣が出る角打ち「北浦酒店」@天神橋筋六丁目

今となってはひと時代むかし、その当時は天満エリアに立ち飲みと呼べる店は

松栄軒の「贅沢かしわめし」@出水駅

先週末、子供用のおかずを考えた後に、さて自分が食べる用には何を作るかと

→もっと見る


PAGE TOP ↑