大阪・関西のB級グルメガイド

羽曳野市

1/2ページ

お肉の祭典!「第22回 むかいの南食ミートミートフェア」@羽曳野市

  • 2018.12.02

去年はグルコバと日程が重なったために行けなかった、「むかいの南食ミートミートフェア」@羽曳野市立青少年運動広場。 今年は好天に恵まれ、私も2年ぶりに参加してきました。近鉄南大阪線の高鷲駅からエッチラオッチラ20分ほど歩くと会場に到着。 すでに中はえらい人混みで、会場には11時頃に着いたのですが、ふるまいの豚汁は完全に終了しておりました・・・(;_;) 風船すくいや当て物などゲームは1回200円。も […]

道の駅「しらとりの郷」@羽曳野で、ソーセージや豚ヒレカツなど

  • 2017.12.17

最近の週末は、嫁さんが自宅で料理教室をする事が多く、長女はだいたい部活なので、その間は次女と一緒に家を追い出される事が恒例になっております(笑)。 駐車場の事を考えるのが億劫なので、普段はあまり車で出かけることが無い私ですが、この時はたまたま気まぐれで道の駅に行きたくなって、羽曳野にある「しらとりの郷」までちょっくらドライブ。 相変わらずここは人気で入場まで結構な渋滞を食らってしまったのですが、い […]

道の駅しらとりの郷@羽曳野で、タケダハムの「つるし焼豚」

  • 2017.03.02

私の家には一応マイカーというものがあるのですが、平日はまず乗りませんし、土日も嫁さんが仕事に使う場合もあったりするので、私自身が乗る機会は2週間に1度ぐらいでしょうか。 とは言え、実はもっと乗りたいという気持ちはそんなに無くて、日常の足として自転車を使っているせいか、気軽に止められない、いちいち駐車場を探さないといけない自動車の不便さが気分的なハードルになってしまっているんですよね。 そんな私でも […]

羽曳野市向野「竹村商店」のさいぼし

  • 2015.11.25

先日訪れた、南食むかいのミート・ミートフェアで出店していた、竹村商店のさいぼし。 赤身などの種類もありましたが、1パックで500円のカッパを購入。カッパは薄切りにしないと堅くて食べにくいのですが、脂が安定して乗っているのでさいぼしの醍醐味を味わえる部位なんです。 脂といえば普通はバラなんでしょうが、馬肉のバラは豚のように多層になっておらず、脂が付いている部分とそうでない部分があって当たり外れが大き […]

第19回むかいの南食ミートミートフェア

  • 2015.11.18

11/15は、毎年恒例の「むかいの南食ミートミートフェア」に行って来ました。 これは羽曳野市向野にある青少年運動広場で、食肉産業に関係した屋台や演奏が行われるお祭りで、さいぼしや油カス、煮凝り、ハム、ソーセージ、大阪梅ビーフなどの精肉の販売も行われていたりします。 毎年あまり天気が良くないイメージがあるイベントで、今回も天気予報では雨、当日は天気が回復したものの時折にわか雨が降るような状況でしたが […]

いぶし銀@羽曳野のさいぼし

  • 2015.01.12

最近、ネット上の記事でこの店の情報を見かけ、さらに年末にはブログコメントでお薦めをいただいたとあれば、さいぼしマニアの私としては買わないわけにはいきません(笑)。 ただし、こちらは普段は通常店舗を持たない通販のみの販売であり、送料がもったいない私としてはどうしたものかと思案していたのですが、公式ブログを見ると時々アリオ八尾の催事に出しているという情報があり、ちょうど年末年始がその期間だったので魚竹 […]

第18回むかいの南食ミートミートフェアで肉三昧

  • 2014.11.18

11/16の日曜日は、羽曳野市向野で毎年行われている食肉の祭り「むかいの南食ミートミートフェア」に行って来ました。 今年は気候が良いのもあって早くから相当な賑い。消防訓練があったので出遅れた私達は、無料で振る舞われている鍋に今年はありつけず・・・ ここに来たら必ず買っている、タケダハムが出店するソーセージ盛り200円でまずはビールを一杯。大きめのカップにソーセージがてんこ盛りで、たまに紛れている激 […]

第16回むかいの南食ミートミートフェア

  • 2012.11.19

この日曜は、羽曳野市向野で行われた「むかいの南食ミートミートフェア」に行って来ました。 時折小雨のにわか雨がぱらつく少し肌寒い天気ではありましたが、開場前から長い行列が出来ていてたくさんの方が来場してましたよ。 このミートミートフェアは、食肉の街である向野で行われるイベントとあって、お肉に関連する食べ物が非常に豊富で安いのが嬉しいんですよね。 まずは毎年買っているタケダハムが出店しているソーセージ […]

第14回むかいの南食ミートミートフェア@羽曳野市

  • 2010.11.25

土曜日に摩耶山リュックサックマーケットとラージャスターン2オフの過酷なダブルヘッダーをこなしてグロッキー気味でしたが、油かすを買いたかったのもあって、羽曳野市向野の青少年で行われた「むかいの南食ミートミートフェア」に行って来ました。 昨年は肌寒い天気で人も少なめでしたが、この日は半袖でもいいような陽気で人出も絶好調のようで、私たちが到着した正午ぐらいには、無料のふるまい鍋はおろか、もうビールやワイ […]

第13回むかいの南食ミートミートフェア

  • 2009.11.16

さいぼしに興味を持ち出してから、こういうイベントが開かれている事も知るようになったのですが、今までは予定や天気が合わずになかなか行く事ができませんでした。 羽曳野市には「むかいの南食ミートセンター」という、市営のと畜場がありまして、そこが中心となって年に1回、「むかいの南食ミートミートフェア」という肉食文化を通じて交流と理解を広めるイベントが行われているんですよね。 場所はむかいの南食ミートセンタ […]

さいぼし探求番外編・安井商店@羽曳野のミノの燻製「ミノくん」

  • 2009.10.29

先日、たまたま羽曳野方面に仕事で行く事がありました。 さいぼし研究家の私にとっては、羽曳野=さいぼしの街という定義になっているのですが(笑)、急な予定だったので塚本商店さんに予約を入れる時間が無く、給料日前とあって高価なさいぼしを大きな塊で買う余裕も無かったので、今回は買い物はパスしようかなと思っていたのですが、ちょっと覗くつもりで寄った安井商店さんに珍しい品が置いてあったので、さいぼしの代わりに […]

安井商店@羽曳野市向野のさいぼし

  • 2008.02.10

さいぼしシリーズも第何弾だっけ・・・(笑) 今回は、ネット上で最も有名なさいぼし店、羽曳野にある安井商店さんに直接おじゃまして購入しました。 ネット通販だと値段はだいたい一律ですが、店舗にあるものだと純粋に重さと肉のランクで値段が付けられているようで、それぞれがバラバラの値段で売られています。 私が今回購入したのは、上さいぼしの細切れをパックしたようなもので、200gぐらい入っていそうな感じなので […]

さいぼし「塚本商店」@羽曳野市向野

  • 2007.12.03

こちらは既にブログのほうでは紹介していた店で、注文のしにくさから本サイトに載せるのは躊躇していたのですが、西野食品さんのバラさいぼしに比べてCPが優れているので、もったいないので載せることにしました。 卸売が本業なので、あんまり小売に対してはいい顔をされないかもしれませんが、こんなマニアックなサイトを見てわざわざ買う人はそんなにいないでしょうから(笑)、まあ別にいいかなと。 ここでは脂の載った霜降 […]

塚本商店@羽曳野市向野のさいぼし

  • 2007.05.29

今まで紹介してきた中では、こちらは最も入手までのハードルが高いさいぼしですね。 まず、店頭売りが無くて完全受注生産なので2~3日前までの予約が必須、しかも店が開いているのが平日土曜の午前中のみ、そしてその営業時間中に店まで品物を取りに行かなければいけません。 と言う訳で、今回はせっかくなのでいつもは安いカッパ肉にしているところをバラ肉で奮発。それでも値段は500gで2200円強と、ネット通販で買う […]

「釜たけうどん」@難波千日前と「長浜ラーメンごん太」@羽曳野

  • 2007.05.28

今回は麺類2連発です。 まずは、もはや有名店の仲間入りを果たしたと言える讃岐うどんの「釜たけうどん」。 ここは開店当初からさぬきうどんフリークの話題に上っていた店で、私も早々に訪れてはいたのですが、当時は香川によく食べ歩きに行っていたせいで血中讃岐濃度が高く(笑)、香川に比べると当然ながら高めのお値段と、麺にあまり讃岐らしいゴチッとしたコシが無いのもあっていまいちサイトに載せる意欲が湧かなかったの […]