*

「立ち飲み」 一覧

和服の女将が出迎える上品な立ち飲み「和み立呑処 六華(りっか)」@京橋

新京橋中央商店街は、仕事の帰り道によく通る場所なのですが、昨年の11月に新しい立ち飲み屋が出来ているのに気づき、ずっと気になっておりました。 しかし私のいつもの癖で、良く前を通る店ほど後回しにし...

続きを見る

これも恒例、年末の飲み食い

年末の大掃除が終わった後にぶらっと酒場に立ち寄り、疲れた体を酒でほぐしながら、今年も美味しく飲み食い出来た事に感謝する。この時間が、1年の中で最も好きな瞬間と言えるかもしれません。 何故...

続きを見る

相変わらずの人気です「呑喜」@萱島

2016/11/30 | 寝屋川市, 立ち飲み

先日の勤労感謝の日、子供は友達と午後から誕生会をするらしくて昼飯は早めに済まさせて、1人になった親父は酒を求めて萱島へブラブラ(笑)。 残念ながら行きたかった店が休みだったので、駅前で空いている...

続きを見る

アテと日本酒充実!「花門」@天満

最近の天満駅界隈は、単なる飲食店の密集エリアだった時代は過ぎ去り、ミナミ並に血で血を洗う過当競争の時代に入りつつあるようで、いつ行ってもあちこちコロコロ店が変わっていて全く情報が把握しきれておりません...

続きを見る

激安なのには理由がある「立ち飲み いち」@放出

京橋から鴫野、放出、徳庵と連なる学研都市線、かつては片町線と呼んでいた沿線の大阪市エリアは、第一と第二の寝屋川、JRが入り組んだ地形もあって再開発が進まず、大阪下町の原風景が色濃く残る地域でもあります...

続きを見る

玄人はだしの家庭料理「よしのや酒店」@大国町

難波と西成の間を繋ぐ、浪速区のあたりは新世界を除けば地味で目立たないエリアなのですが、実は安くて美味しい店が粒ぞろいの穴場だったりします。 大国町の交差点から今宮駅まで伸びる道沿いにあるこの酒屋...

続きを見る

新興店だけど確かな実力「なべいち」@鶴橋

前回の更新時に、Facebookの某研究会の方が集まる立ち飲みは騒がしいので避けている、みたいな事を書きましたが、その会で話題になっていながらも何となく気になっていたのがこちら。 やはり...

続きを見る

お母さんの手作りが温かい「喜多酒店」@恵美須町

最近の大阪は、Facebookの某研究会のように、ラーメンマニア並に立ち飲み屋に対しても新店を追っかける人たちが出来ていて、時々それと思しきグループなんかがいたりするとやたらと騒がしく、あえてその手の...

続きを見る

手作りボリューミーな角打ち「橘田酒店」@中津

梅田から十三へ向かう高架道を、JRを超えたあたりで西へ降りたところにある酒屋の立ち飲み。 広々とした交差点の角でよく目立つ外観なのでずっと気になってましたが、地下鉄の方の中津駅からだとア...

続きを見る

関内もつ肉店

出張から大阪へと戻る日は、あまり旅先で時間を消費せず、なるべく早めの時間帯に戻るようにしています。 出来れば帰ってからサッカーの試合とか見たいし、酔っ払った酒臭い状態で新幹線に2時間半も乗ってい...

続きを見る

今やすっかり人気店「寅屋天満」@天満駅前

嫁さんの料理関係の仕事は土日にある事が多く、だいたい休みは私が子供の面倒を見ていたりするので、1日中自由になる休みというのは年に何度もありません。 なので、嫁さんと子供がお盆に里帰りしている間は...

続きを見る

「味は丑寅、値段は得一」さのや@大正区小林

私が新しく店を本サイトに載せるまでには、店の真価を掴めるまで何度か通ってみるというポリシーを貫いているので、どうしても初訪問から掲載までタイムラグが発生してしまいます。 特に良い店になればなるほ...

続きを見る

なんばマイクス@難波

最近は、大阪でもホッピーや焼きとんなど関東の酒場文化が進出し始めていて、個人的にちょっと興味を持っておりますが、この店もそのアンテナに引っかかった一軒。 関西ではアテのスターターと言うと...

続きを見る

酒の奥田@天満

とある野暮用で天満に寄った後、そのまま素通りで帰るわけにはいかないよな、と焼きとんの寅屋天満へ行ったところ何と既に売り切れ閉店・・・ ちょっと前まではお客さんが自分と2人だけという時もあったぐら...

続きを見る

ま”さかな”立ち飲み「まさか」@関目

Facebookには、大阪立ち呑み研究会というサークルがあります。 私もいっとき、そのサークルで写真をアップしていたりした事もあったのですが、今や会員が膨大に増えて毎日何十という投稿があり、Fa...

続きを見る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

都城市のふるさと納税で、宮崎牛のすき焼き!

毎年、ふるさと納税額で日本一に輝いている都城市。 焼酎の霧島や黒豚とい

ふんわり卵たっぷり、出汁が香るカツ丼「宿六」@住道

だいたい住道で昼飯というと、「ラーメン荘おもしろい方へ」で食べるのが定

ライト方向からやや復活「マッチョ 難波千日前店」

さてさて定期二郎系ラーメン摂取。今回はマッチョの難波千日前店です。 前

清水の舞台から飛び降りる覚悟で・・・「天たつ」@福井の汐うに

今回の福井ツアーで、自分用の土産として買おうと心に決めていたのが、「天

強烈な煮干しワールドのラーメン!「丿貫」@布施

最近は、下の娘もようやく親離れをし始めて休日には友達と遊びに行くことが

→もっと見る

    • 787242総閲覧数:
    • 2758今日の閲覧数:
    • 2915昨日の閲覧数:
    • 11現在オンライン中の人数:
    • 2016年2月4日カウント開始日:

PAGE TOP ↑