タイトル

スポンサー リンク

味ランキング50

ながほり  【上町 / 大阪市中央 / 居酒屋

味:A+ CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市中央区上町1-3-9 【MAP】

電話:06-6768-0515

営業時間:17:00-24:00

定休日:日祝

マスコミに登場して比較的間もない店ながら、クォリティの高さで早くも全国的に知られている居酒屋の名店。有名料亭の主人など同業者のお客さんも多いそうだ。以前は結構ふらりと入れたが、今では予約が必須になってしまった。

料理は加太のアジや明石の鯛、比内鶏、京野菜など厳選吟味された素材の料理がずらりと並ぶ。それでいて値段は割烹よりもはるかに安い。日本酒の方も十四代や義侠、奥播磨など精米や醸造法にこだわった、他の店ではプレミア値段が付くような蔵元の酒が安くで飲める。予算は5000円以上だが、味のレベルを考えたら非常にお得。とっておきの機会にどうぞ。

追記:移転につき住所データ修正。最寄り駅は谷町6丁目か玉造。

(2004年以前のデータ)

レストラン トミー  【福井 / 関西以外 / 関西以外

味:A CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:福井県福井市上北野1-24-3 【MAP】

電話:0776-53-3080

営業時間:11:00-13:30 17:00-20:30

定休日:祝日以外の木曜

http://www.tomiy.jp/

福井市街、福井自動車学校の東側にある、神戸のオリエンタルホテルや福井の人絹会館レストランの流れを汲む、昭和23年創業で家族代々受け継がれてきた一軒家の洋食店。

絶対に外せないのは、洋食屋の命とも言えるドミグラスソースを使ったメニュー。ブラウンルーを使わず追い足しもせず、フォンと野菜、ワインだけを使って一ヶ月間かかって作られた漆黒のソースは、驚くほど深みがあって濃厚。もはや都会では絶対に出来ない手間と金がかかった素晴らしい仕事である。歯がいらないほど柔らかいタンシチュー(3240円)やビーフシチュー(2500円)で是非堪能してもらいたい。そこまで・・・という方には、ハンバーグ(970円)やハヤシライス(1500円)でも実力の片鱗は堪能できる。

もちろん、ドミグラスソース以外のメニューも一流で、ポークカツレツ(970円)は濃厚な脂と肉の旨味が詰まっていてサイズも大きく、とんかつ専門店がひれ伏すコストパフォーマンス。今となっては珍しいポタージュやヴィシソワーズ等のスープも真面目に作られている。コンソメジュレやテリーヌ、パイ包み焼きといった正統派フレンチの技法が駆使されたオードブル類、ブラマンジェ、チーズケーキ、パンナコッタ、季節の果物を使ったシャーベットなどデザートも本格的。赤ワインソースがかかった鮮魚のポワレ、ミラノ風カツレツなど、週替わりランチでは幅広いレパートリーも披露している。ただ、カレーは福井の人向けに作られた昔ながらのタイプで、好き嫌いはハッキリ別れる味。

あと、冬場の11〜12月だけ提供されるセイコガニのクリームコロッケは、カニで取られたフォンで作られたベシャメルソースに、カニの身、内子、外子、味噌がぎっしり詰まった、カニをそのまま食べる以上にカニを堪能出来る至宝の品。牛タンがゴロゴロ入ったクリームコロッケ、その牛タン入りベシャメルソースと豚肉を重ねて揚げたポークベロアといった限定品も、もしあれば是非とも頼んでいただきたい逸品である。

(17/01/13 更新)

魚竹(和食)  【熱海 / 関西以外 / 関西以外

味:A CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:静岡県熱海市上宿町4-3 魚竹ビル2階 【MAP】

電話:0557-81-3792

営業時間:11:00-15:00

定休日:火、水曜

熱海の間欠泉近くにある魚問屋が経営する海鮮食事どころ。

ここに来たら何はともあれ刺身定食1200円を頼むべし。新鮮なウニやイカ、アジ、マグロなどがたっぷり盛られた刺身が出てくる。値段は少々張るが、近所のすし屋の値段を考えたら途方も無いCPである。1階で売られているアジの干物も、釜鶴などの有名干物店に全く引けを取らないうまさだ。それで1枚100円である。お土産と食事両方でお薦め。

(2004年以前のデータ)

さくら  【天満橋 / 大阪市中央 / お好み焼き

味:A CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市中央区内淡路町1-1-4 【MAP】

電話:06-6941-5575

営業時間:11:30-15:00 17:30-23:00

定休日:第2・4日曜

あの難波にある有名店「美津の」で修行された、イケメンご主人と若いスタッフで営まれているお好み焼き店。美津のと同じ味でありながら値段が安いため、昼夜ともにかなりの人気で、夜は事前に予約しないと席が取れないほど。

美津の直伝・名物の山芋焼き(1280円〜)を筆頭に、お好み焼き類は720円からとリーズナブルで、山芋が入ったフワフワの生地に荒目の微塵に切られたキャベツ、こんにゃくが入っていてとても軽い味わい。焼きそばに使われているイカは肉厚で隠し包丁の仕事がされており、麺は生麺を茹で上げて使うこだわり様。豚バラ肉2枚を卵で包んだ豚平焼きも実に軽い味わいで、添えられたキムチもアミの塩辛が使われた本格派で全く隙がない。

サラリーマンにはランチメニューが非常な人気で、夜だと高額な山芋焼きとご飯、味噌汁のセットが870円でいただけるし、お好み焼き定食は720円、焼きそば定食が770円、モダン焼きの定食でも870円というリーズナブルなお値段。ダブル炭水化物が嫌だという人には、豚キムチや豚生姜焼き、野菜炒めの定食もあって、こってりしたソースの味わいと鉄板+アルミホイルで最後までアツアツというコンボはまさにごはん泥棒である。美味しいご飯はお代わり自由、付いてくる味噌汁ももちろん手抜きなしだ。

(14/11/21 更新)

炭火焼鳥 なかお  【北浜 / 大阪市中央 / 居酒屋

味:A CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市中央区瓦町1-1-5 大王瓦町ビル1F 【MAP】

電話:06-6222-1222

営業時間:17:00-25:00

定休日:水・第3火曜

http://www.geocities.jp/sakaikitafc/nakao/index.html

夜は人影が消えるオフィス街の外れに、隠れたように佇む狭くて小さな店ながら、曜日に関わらず毎日満席になる人気を誇る店。

それもそのはず、新鮮な胸肉、コリコリの砂ずり、脂が乗ったプリプリの肝が載った「造り盛り合わせ」は他店なら3人前は出せるボリュームで1000円ポッキリという値段にまず仰天。焼鳥も、非常に丁寧な仕込みがされた背ギモ、濃厚な肉の味を感じるネギマ、食べやすく仕事がされた手羽先、じっくり脂が落されたサクサクの三角、まるでハンバーグステーキのようにジューシーなつくねと、どれもこれも感嘆すべき品揃いで、モッチリとした胸肉たたきのわさび和えにはおろしたての香り高い本ワサビが使われ、カウンターの七味や山椒(やまつ辻田製?)にも質の高いものを揃えられていて全く隙が無い。そして締めに外せないのがここの鶏飯で、濃い目に炊き上げられた鶏の旨みが詰まったご飯とコラーゲンたっぷりのスープの組み合わせは、どんなに腹が一杯でもワシワシ行かざるを得ない魔力がある。

串はほぼ120円から180円の価格帯でしっかり突き出し料も取られてしまうが、一品料理はそれぞれハーフサイズが選べるし、酒もチューハイが300円にビール中ビンが480円、量り売りのブレンド焼酎(1合あたり600円)とまずまずリーズナブルで、トータル的なコストパフォーマンスも抜群の名店だ。

(09/04/08 更新)

うさぎや  【大手通 / 本町・堺筋本町 / うどん・そば

味:A CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市中央区大手通3-2-3 【MAP】

電話:06-6947-7739

松屋町筋沿い、マイドーム大阪のすぐ北にある小さな自家製麺のうどん店。

うどんの単品は天カスが入ったハイカラの500円と高めだが、反面セットものが非常にリーズナブルで、ざるうどんやにしんそばとかやくご飯のセット、カレーうどんとご飯のセットで750円だったり、親子丼とミニうどん&そばで780円と、ほぼ単品と変わらない値段で食べる事が出来るのが嬉しい。

それでいて味のほうはしっかり一流で、ダシは100%天然でキレと香りにあふれており、きつねのお揚げは甘くふんわり煮込まれ、ぶっとい海老天は甘みたっぷりでプリプリ、卓上の七味も香り高くて全く抜かりが無い。カレーうどんはダシの旨みが全面に出たタイプで山椒たっぷりの七味が良く合う。ランチタイム一番人気のの親子丼は、甘めのダシにしっかりと下味が付けられた鶏肉がどっさり、そこにふんわり玉子が溶け込んで絶品。

また、そばの方も相当レベルが高く、麺は黒っぽい田舎風で香りが良く、辛味大根と生わさび、うずら卵が添えられてのたっぷりボリュームで650円とは、そば専門店に行く気が失せるほどのハイCP。そして冷たいうどんは温かいものとは違って極細タイプの麺で、ちゅるちゅるぐにゅーんという食感が楽しく、メニューの隅々まで質が高い名店である。

(11/05/26 更新)

三ツ島 真打  【門真南 / 守口市・門真市 / うどん・そば

味:A CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府門真市大字三ツ島772-3 【MAP】

電話:072-884-4250

営業時間:11:30-15:00 17:30-21:30

定休日:月曜(月曜が祝日の場合は火曜)

http://ameblo.jp/sarabon/

以前は「三ツ島更科」という民芸調のそば屋だったのだが、09年の8月に改装し、名実共に讃岐風うどんの店として再スタート。

ビッシバシと接頭語がついた冷やの剛麺は、ギューンとした伸びと歯を跳ね返すようなコシ、キリッとしたエッジ、そして波打つようなねじれと完璧そのもので、香川でもおいそれと見かけないような凄いレベル。ぶっかけや生醤油はもちろんだが、スパイスとダシが濃厚に香るルーがたっぷり入ったアツアツのカレーうどんの中でも、しっかりと麺の存在感を主張しているところは流石である。また、天然穴子が1本丸のまま揚げられるサクサクの穴子天やミディアムレアの鶏天、柔らかな和牛肉など、やたらと豊富なサイドメニューにも全く抜かりが無く、かつ丼なんかも絶品。

値段は全体的にちと高めだが、うどんの量が1人前400gあるのでクォリティを考えればCP的には文句なし。それでも高い、という人には玉子丼とミニうどんのセットを是非。わずか620円という値段で味的にもボリューム的にもここまで至福を感じるセットは他のうどん屋にはまず見当たらない、絶対の隠れお薦めメニューである。

追記:09年8月から店名を「三ツ島真打」と変更し、オープンキッチンの店として再スタート。なお、座敷席は無くなったそうだ。

(09/08/12 更新)

千一夜  【今宮 / 大阪市南部 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:A CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西成区北開1-3-17 【MAP】

電話:06-6556-6217

営業時間:17:30-24:00 日曜16:00-24:00

定休日:火曜(祝日は営業)

西成区の北開という人の往来が少ない場所、しかもガレージを改装したテーブル2席、3人がけのカウンター1つの小さな店というディープ極まりない営業形態ながら、修行先である「肉匠おか元」譲りのA5ランク和牛がいただけるというギャップが凄まじい。

「A5」を謳っている店ほど怪しいのが業界の常識だが、ここの肉はさすがに一口食べれば分かる本物で、笹身や三角バラ、珍しい「フケ」や「クリ」といった希少部位も日替わりでいろいろと用意される。そして本ミスジは2500円もする一方で、チマキなら1000円、フケやインサイドスカートなら680円で食べられるなど、同じ霜降り和牛でも部位によるマーケットでの人気がそのまま価格に反映されているのが面白く、マニアックな探求の楽しみがある。

もちろん安い部位であっても溢れ出る肉汁や脂には一切しつこさや臭みが無く、まるで水が肉から染み出しているような錯覚を覚えるぐらい。店自慢のハラミやサガリ、切り込みを入れたカッパなど、安物ならちゃんと焼かないとゴムのようになってしまう部位でも、レアでサクサクと食べてしまえる程である。

また、正肉とは流通経路が異なるために、安定した入手が極めて困難な和牛ホルモンもしっかりと常備され、ピンと角が立った甘〜いレバー、まるでホタテのような見た目と柔らかさのミノ、クリーミーな脂だけを残して口の中で溶けるアカセン、真っ白になるまで丁寧に掃除されたセンマイやハチノス、分厚く濃厚なツラミなど瞠目する品ばかり。単品の量は少なめだが、それでも280〜580円という値段は超格安。

サイドメニューも、大皿にたっぷりのネギサラダ、本格派のキムチ、讃岐うどん並みにガッシリした麺のかすうどんなど充実。酒は生ビール380円、中瓶が480円、チューハイが360円と値段的にはまずまず普通。肉はもちろん単品でも頼めるが、おまかせで何種類かが入っているセット(1〜2人前、5品ほどで1800円)を頼むのが最初はお薦め。

(13/09/06 更新)

串源  【北巽 / 大阪市南東部 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:A CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区巽中1-14-13 【MAP】

電話:06-6754-7793

営業時間:17:30-24:00

定休日:木曜

地下鉄北巽駅にほど近い住宅地の真中にあって、毎夜たくさんの地元客で賑わう穴場店。とは言え憂歌団や桑名正博といった有名人も常連として知られている。

それもそのはず、バラやテッチャンを始め、アカセン、コリコリ、コブクロなど様々なホルモンの串焼きが1本100円と130円と言う値段、生レバーも1本130円で甘くて新鮮そのものと来れば、これで人気が出ないはずが無い。生ものはコブクロやハツはもちろんミノやフク(肺)の刺身など、ホルモン天国の生野区でも珍しいぐらいに充実しており、店の鮮度への自信が伺える。さらに特製ピビンパやユッケジャン、富士山のようななおにぎり、ハラミ+キムチ+生卵の源丼、自家製手打ち冷麺などご飯やスープものも豊富にあり、座敷もあるので同系の大成屋とは違って家族連れにも安心して使える店だ。ヒネ鶏や激辛青唐辛子、絶品のマッコリなど裏メニューも豊富にある様子なので、顔なじみになったらいろいろ聞いてみるべし。

(05/11/07 更新)

エチオピア(カレー)  【神保町 / 関西以外 / 関西以外

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:東京都千代田区神田小川町3−10−6 【MAP】

電話:03-3295-4310

営業時間:11:00-22:30、日祝11:00-21:00

定休日:無休

まず座るとふかしたじゃがいもが出てくるので、それを食べながら待っていると、クローブの効いた焙煎スパイスの香り高いカレーが登場する。最初食べると何となくコクが物足らない印象があるのだが、しばらくすると必ず猛烈に食べたくなってしまう中毒性がある。ごはんや肉の量も学生街らしく十分。ただ、大盛りにするとルーが足らなくなるので注意。2階にはコーヒーも楽しめるテーブル席がある。

(2004年以前のデータ)

象屋  【玉出 / 大阪市南部 / お好み焼き

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西成区玉出西2-7-10 【MAP】

電話:06-6657-1616

営業時間:17:00-23:00 日祝15:00-23:00

定休日:月曜

大阪のお好み焼きと言えば、まず名前が上がる玉出の名店。店の間口は狭いが2Fにも席があり、開店直後からお客さんがどんどん詰め込まれる。メニューはお好み焼きと焼きそば、ロール(いわゆる豚平焼き)の3つがベースで、値段は共通でイカ入りが770円、豚入りが820円、エビまたはタコ入りが870円、そしてミックスが1130円とかなりお高め。

名品と名高い豚玉は、豚バラ肉とロースが一体になった大きなスライス肉がぐるりと渦を巻くように敷き詰められ、低温でじっくり長時間蒸し焼きにされてキャベツと山芋が柔らかく一体化された生地とのカリカリ&フワフワのコントラストは、他に類を見ない見事なもので、値段は高いがそれに十分見合うクォリティを見せてくれている。出来上がったお好み焼きには、客がソースをかける前にケチャップとマヨネーズ、辛子が載せられて出てくるのだが、それらが豚肉のしつこさとマッチして味にコクを加えているのが憎い。

ロールや焼きそばにも、同じ豚肉が使われていて肉のボリュームは十二分。ただし、両方共お好み焼きに比べると印象としては薄いかな。イカは大きくてエビも良質だけど、やはりこの店のファーストチョイスが豚玉である事に揺らぎは無い。

(12/06/22 更新)

十八番  【西中島南方 / 大阪市北部 / たこ焼き

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-17-17 【MAP】

電話:06-6306-1853

営業時間:12:00-23:00 祝日は11:00-22:00

定休日:日曜

阪急南方駅、地下鉄御堂筋線西中島南方駅南口のすぐ横、徒歩1分弱。阪急京都方面行きのホームから見える。

梅田駅から地下鉄や阪急で一駅の南方からすぐ。非常にトータルバランスが高いレベルにあるたこ焼きである。天カスをたっぷり使ったカリッとした外側がおいしい。店内で食べる場合は青海苔とカツオが振り掛け放題なのも嬉しい。夕刻には生ビールで一杯やる人も多い。たこ焼き10個380円。

(2004年以前のデータ)

ありがとうたこ焼き 城東商店街ではらストアー前店  【蒲生四丁目 / 大阪市北東部 / たこ焼き

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市城東区今福西1-9-23 【MAP】

電話:090-1670-8756

営業時間:不明-18:00

定休日:第2日曜・毎月15日

蒲生四丁目の南東にある城東商店街内に2016年の11月にオープンした、ご夫婦で営業されているテイクアウト専門・オープンエアーのたこ焼き店。

水、粉、油、出汁全てにこだわったと謳われたたこ焼きは、粉を最小限に抑えた生地を、銅坂の焼き板と米油でじっくり大きく焼き上げられたもので、出来上がりはカリトロならぬフワフワトロットロ。具はタコ、ネギ、紅しょうが、天かすとごく普通だが、何より天然出汁がたっぷり入った生地の香りと味わいは見事と言うしかない。たこ焼き自体のサイズほどタコは大きくないが、プリッとしていて新鮮。

値段は6個300円、12個500円、18個750円、30個1200円と単価にバラつきがあるのがちょっと謎。味付けは、そのままと岩塩、ポン酢、ネギ塩、梅&岩塩、ソーズマヨ、明石焼き風の出汁入り(100円アップ)と幅広い。生地の良さを味わうなら、まずは塩系で試してもらいたい。

(17/01/13 更新)

うまい屋  【天満 / 天満・天神橋筋六丁目 / たこ焼き

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市北区浪花町4-21 【MAP】

電話:06-6373-2929

営業時間:11:30-18:30

定休日:火曜

アクセス:JR天満駅から商店街を北へ、すし屋の並ぶ道を西へ行って大通りを渡ってすぐ。

ここもJRなら大阪駅から一駅。独特の黄色い天カスによる、もちもちとした極めてコクのある味わいが特徴的。いろんなところで絶賛されている店で確かにうまいのだが、下町安たこ焼きになじみすぎた私のような関西土着民にとってはうますぎてたまに食えばいいかと思わせるのも事実(笑)。もちろん、お薦めである事には変わりない事だが。たこ焼8個280円。

(2004年以前のデータ)

越中屋  【天下茶屋 / 大阪市南部 / 和食・寿司

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西成区岸里1-1-9 ショップ南海内 【MAP】

営業時間:16:00-22:00

定休日:日曜

西成区の岸里にある「越中屋」という人気寿司店が、天下茶屋駅高架下ショップ南海に開いた支店。最初は持ち帰り専門店だったのだが、職人さんが入って夜は握り寿司の二毛作に、そして今は持ち帰り店からすぐそばに独立して3店舗になるという人気ぶりである。

寿司は常時40種類ぐらいのネタが揃っていて、玉子、サーモン、イワシなどが1貫100円、最高額でもウニ、中トロ、イクラの400円で、150円や200円の寿司が全体の6割程度と回転寿司に毛が生えたようなお値段でありながら、きちんと仕事をされた一級品の品ばかりである。本店より数は少なめだが、刺し身や酢味噌和え、焼きゲソといったアテも何種類か揃っている。

ピンク色が美しい天然本マグロ、香りが抜群の気仙沼産カツオ、脂よりも旨味を感じるサンマに、臭みが一切無いイワシ。さっと炙ったとろけるようなのどぐろ、軍艦ではなく握りに仕立てた甘いウニ、焼き霜と飴色の美しさが際立つ天然明石鯛。そして濃厚な仙鳳趾産の生牡蠣。香ばしく炙った穴子、旨味だけが残る肉厚のトリ貝、酒が止まらんカニ味噌で和えた毛ガニの身、うす塩で大粒の自家製イクラ。程よく熟成されたシマアジ、日本酒で柔らかく煮られた煮穴子、むっちりと輝く明石のタコ、丁寧に皮を向いた生げそ。ピリッと本山葵が香るわさび巻き、甘くないだし巻き、そして八丁味噌とネギが香る赤だしと、最後まで隙が無い。

店内で寿司を堪能した後は、お土産に持ち帰り寿司もぜひ。バッテラ、巻きずし、穴子棒寿司とメニューにあるが、オススメなのは「ばらずし」で、味噌が詰まった有頭海老に、下ごしらえしたイカやホタテ、穴子も乗っていて豪華絢爛。酒を飲み過ぎて帰っても家族が許してくれる事疑いなしの逸品である。

(15/10/16 更新)

すしぎん  【鶴橋 / 大阪市南東部 / 和食・寿司

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区鶴橋2-3-8 【MAP】

電話:06-6712-7105

営業時間:平日9:00-21:00 日祝:12:00-21:00

定休日:水曜

アクセス:近鉄鶴橋駅東口南へ50mほど

鶴橋の魚市場すぐ近くにある、正に今日市場で取れた旬の魚を食わせてくれる店。鮮度が要求される生の光り物が充実しているところに店の自信がうかがえる。

小さ目のシャリで、分厚くいかったネタに細かく切れ込みを入れて食べやすくし、ネタによってポン酢やすだちで食べさせるスタイルが特徴的。単品は250円から1000円まであるが、マグロやイカ、エビなど標準的なネタが8カン付いた「にぎりセット」900円を頼んで後は追加で、というパターンが比較的お得。予算に余裕があるならおまかせでどうぞ。席数が10席と少なく、マスコミ取材お断りなのにも関わらず、かなり長く待たされるときがあるのでピークを外して行きたい。

(2004年以前のデータ)

うだま  【梅田 / 大阪キタ / うどん・そば

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビルB1 【MAP】

電話:06-6344-4156

営業時間:11:00-16:00 18:00-20:00 土・祝11:30-15:30

定休日:日曜

大阪駅前第3ビルの地下1階にあるカウンターのみのうどん店。料理人はコックコートを着て、壁にはイタリアのスポーツ新聞や自転車の写真が飾られているのがちょっとユニーク。

うどんは今時の香川でも滅多に見られないほどの極太麺で、水で締めると伸びは標準的だがグミのように強烈な跳ね返しと粘りに驚愕する。そして釜揚げなどの温かい麺にすればモッチモチとすこぶる官能的で、麺の個性が際立っている。

出汁はブワッと鰹の香りが立っていて極めて上質、ほのかな甘味でふくよかな関西風。付け出しははっきりとした甘辛味だが、煮干しの力強い旨味がしっかりしているので単調さは感じない。豚肉、しめじ、ネギがたっぷり入ったドロリとしたカレーうどんも出汁感がみなぎっている。通にオススメなのは冷かけで、他とは異なりダシはビシバシにイリコが効いた香川スタイル。これに極太剛麺が合わさると本場顔負けの豪速球うどんが出来上がる。

名物のとり天は胸肉を使用しており、フワフワのサクサク。鯛ちく天はとてもなめらかな舌触りで上品な味わい。オレンジ色の黄身が輝く「とろ玉天」は極めて濃厚。エビ天はプリプリ、ナスやかき揚げといった野菜天もカラリと揚がって隙が無い。焼肉ぶっかけなど和牛を使ったメニューも有名だが、今は時価(2〜3000円)になって全く手が出せなくなったのが残念。

ランチタイムにはぶっかけ、釜玉、釜揚げ、ひやかけなど各種うどんに鶏天が乗ったご飯(シソ味、マヨ味)が付く定食が780円、カレーうどんも用意される。

(16/06/10 更新)

うどん屋きすけ  【梅田 / 大阪キタ / うどん・そば

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市北区鶴野町4-23 コープ野村梅田A棟 【MAP】

電話:06-6375-5656

営業時間:12:00-21:00

定休日:火曜・毎月最終月曜

中津交差点から天六方向へ伸びる道沿いにある讃岐風うどん店。以前は午後2時からのオープンという変則的な営業時間だったが、2014年春から昼12時からになって行きやすくなった。

茹で上げたうどんに生卵をからめ、つけダシで食べる、きすけ流の釜玉うどん(800円)は、グニグニミョーンと伸びる麺とクリーミーな卵、ダシの上品なコンボが絶妙で、これぞ浪速の讃岐風うどんと言うべき個性が際立つ逸品。肉ぶっかけ温泉卵のせうどん(980円)は、あっさりと甘めに柔らかく火を通した国産牛と、そのまま飲めそうなすっきりとしたぶっかけダシ、際立つグミ感の冷たいうどんがま〜るいバランスで収まっていて量が多くても食べ飽きない。

関西式の温かいうどんも秀逸で、きつねうどん(700円)は大きいのに溶けるような柔らかさのきつねに、酸味が出るギリギリのラインまでしっかり節を煮だした深みのある出汁、モチモチに変化したうどんが芳醇な世界を作り上げている。また、ごま油でごぼうを炒めた香りが絶妙のアクセントになっているかやくご飯(小サイズ230円)も必食アイテムである。

(14/10/23 更新)

手造りうどん 楽々  【郡津 / 大阪市外 / うどん・そば

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府交野市幾野6-6-1 【MAP】

電話:072-891-8833

営業時間:11:00-15:00 土日11:00-15:00 17:30-20:00

定休日:月曜

交野市の北端、枚方市との境界沿いにある讃岐風うどんの店。第二京阪と、その下を通る国道1号バイパスが出来て、大阪市内からもアクセスが楽になった。

ここの特徴は、何と言ってもビョ〜ンビョ〜ンと驚異的に伸びる、グミ感たっぷりの麺。2日間熟成させた麺を圧力釜で茹でているらしく、そのせいか温かいうどんにしてもモチモチ感が失われない不思議な麺である。そしてダシのほうも申し分ないクォリティで、昆布の風味も鰹節の香りもたっぷりの美味しさ。柔らかい肉トッピング、サクサクの竹輪天といった、うどん種にも全く抜かりが無い。それでいて、巨大なお揚げが載ったきつねうどんが580円からと、値段もなかなかリーズナブル。ただ、カレーうどんはダシと辛味がやや突出していて、スパイス感を期待すると肩透かしを食らうかも。

最寄り駅から1km近くは離れていて徒歩で訪れるのは難しいロケーションだが、駐車場には6台しか止められず、店内の待合も2席ほどしか無いので、土日にマイカーで訪れる場合は11時の開店前に訪れるほうが良いだろう。

(10/07/21 更新)

讃岐屋雅次郎  【八尾 / 大阪市外 / うどん・そば

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府八尾市美園町4-59 【MAP】

電話:072-925-1120

営業時間:11:30-14:00 17:30-21:00

定休日:月曜(祝日の場合は火曜)

何故かハイレベルなうどん屋が次々登場する大阪東部界隈でも、最近特にうどん好きの注目を集めている一軒。天井の高い、黒を基調とした店内はオシャレで、駐車場も完備しているので家族連れにも適している。

北海道産の小麦粉のみを使ったうどんは、三ツ島更科と同じタイプの黄色味がかった熟成麺で、グミ感と伸び、コシが高いバランスでまとまっていて極めて秀逸。ご主人が和食出身らしくダシもハイレベルで、ぶっかけやおでんのダシは甘めながらも香りとキレがあり、温かいダシはさっぱりとした上品さの中にもイリコと鰹節の旨みが効いており、どちらも文句なしの出来。定番のちく玉天やげそ天以外にもメニューは豊富で、プリプリの海老天と揚げ餅が入ったものや、大きくてカリッと揚げられたから揚げなど、うどんつゆに浸して食べるのがある意味惜しいぐらいに種物もレベルが高い。そしてから揚げやおでん、トンカツといった定食も充実しており、チキンカツ定食なんかは柔らかな鶏もも肉がサックリと揚げられており、小鉢や漬物、半人前以上はあるうどんがついて830円とは、ボリュームとレベルを考えれば格安の一言。ただ、カレーうどんはダシとカレー粉を混ぜただけのような没個性的なタイプで、悪くは無いがもう一工夫欲しいところ。

既に休日のランチタイムには行列が出来る人気店だが、あくまでもうどんは注文の度に茹でられるので、おいしさのためには多少の待ち時間は覚悟しよう。その間は、これまた甘めで絶品のおでんや、一品で50円からと格安な天ぷらや揚げ餅、から揚げといった単品が充実しているので、車じゃなければそれで一杯というのもオツだ。

(09/09/28 更新)

とんかつ たわら  【細工谷 / 大阪市中央 / とんかつ・天ぷら

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市天王寺区細工谷1-10-10 【MAP】

電話:06-6771-3981

営業時間:11:00-15:00 17:00-20:00

定休日:日祝

閑静な細工谷商店街の中ほどにある落ち着いた雰囲気のとんかつ店。コロッケなどのテイクアウトもやっている。

売りは和製もち豚を使ったとんかつで、薄手のカツが多い関西では珍しく脂の乗ったジューシーで分厚いものが食べられる。そのとんかつ定食は1000円と安くは無いが、とんかつやお新香、サラダ、味噌汁はもちろん、一皿に取り放題のお惣菜コーナーがあったりして大変満足度が高い。和風カツや梅シソなど、変わり種のとんかつもずらりと並んでいてびっくりだ。

(2004年以前のデータ)

長寿園  【鶴見橋 / 大阪市南部 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西成区鶴見橋3-8-12 【MAP】

電話:06-6568-2240

営業時間:17:00-22:00

定休日:水曜

ホルモン類が700円台、バラやハラミ、塩タンなどが1000円台前半と値段は鶴見橋価格を超えているだけあって、細かくサシが入ったプリンプリンの「並」バラやうまみが詰まったハラミ、甘味が際立つ生ギモなど、肉は全て超一級品揃い。その中でもB級的にお薦めなのは分厚い塩ツラミ(780円)で、噛めば噛むほどにじみ出てくるコクのある味わいは、1280円の塩タンと並び得るうまさだ。ただ、タレが少しあっさり目で脂肪の多い肉だと負けてしまう部分があるのがややマイナス点か。注文を受けてから麺を打つ冷麺も是非忘れずに。ビール生中は500円。

追記:店が移転して新しくなったそうだ。店のデータを移転後のものに差し替え。

(05/12/08 更新)

パゴダ白雲 本店  【鶴橋 / 大阪市南東部 / 焼肉・ホルモン・韓国料理

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区桃谷5-5-2 【MAP】

電話:06-6741-4862

営業時間:11:00-21:30

定休日:無休

http://www.kaiwai.net/pagoda/

鶴橋近辺でどこがベストかと言われればこの店だろう。猪飼野のコリアタウンにある本店は近隣で一番の格式を誇り、韓国からの観光客もこぞって訪れる名店。

肉はどれも素晴らしいが、ジューシーで適度なサシが入った特撰和牛上ハラミ(1000円)と上塩タン(1500円)は外せない。さっぱりしたオリジナルのつけダレも美味しく、ボリュームも確実に100gは入っていて値打ち度は高い。コストパフォーマンス派であれば、いわゆるサムギョプサルである「豚バラ焼き」がお薦め。フレッシュな生のバラ肉をこんがりと焼き、エゴマの葉、青唐辛子、ニンニク、味噌をサンチュでくるんで食べれば幸福度満点。野菜関係であれば、肉厚・大ぶりでありながらサクサクフワフワのチヂミ(500円)、ガッツリと魚介類の旨みが利いた絶品キムチも絶品。キムチは500円で持ち帰りも可。公式サイトでの通販も可能。

マスコミにあまり取り上げられない割に人気が高く、席数もそれほど多くないので予約は必須である。予約は公式サイトのメールフォームからでも受け付けている。なお、昼は1000円前後でシレギスープやユッケジャン、コムタンといった韓国料理が楽しめるお得な定食もやっている。

(13/05/06 更新)

麒麟閣 寝屋川店  【寝屋川 / 大阪市外 / 中華料理

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府寝屋川市高宮栄町17-10 【MAP】

電話:072-820-5555

営業時間:11:00-23:00

定休日:無休

大阪でも屈指の味を誇る名店ながら、お得なメニューが充実しているのが非常に嬉しい店。

その一つが終日食べられる北京定食で、絶妙な軽さの芝エビの天ぷらやフワフワのかに玉、酢豚の3品にサラダと小鉢、そして雑誌でも有名になった「正調杏仁豆腐」が付いて1200円とは、食後の幸福・満足度を考えればかなりの値打ちである。さらに平日なら2品で800円の定食もあってなおリーズナブル。2人以上いれば、1人1680円でふかひれスープやエビチリなど30品の中からそれぞれ3品ずつ頼める「口福プラン」もお得。

また、ここは中国精進料理のメニューがある事でも知られている。見た目も味も食感も本物そっくりのアワビやエビ、豚肉などは、必ずや食卓に楽しい驚きと話題を提供してくれるだろう。それでいて通常の食材を使った同じ料理よりも安いのだから、菜食の人はもちろんの事、B級グルメ好きの人にも十分楽しめる。門真にも支店あり。

(2004年以前のデータ)

川徳  【鶴橋 / 大阪市南東部 / その他・買い物

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区鶴橋2-5-14 【MAP】

電話:06-6712-2115

営業時間:5:00-13:00

定休日:日祝・水曜

鶴橋卸売市場の南端、細い一般道に面したところにある、すし店などのプロ御用達の鰻店。鶴橋にうなぎの店は多くあれど、ここが一番売れ行きの回転が早い。

店の中で次々にさばかれて蒲焼にされるうなぎは、当然国産の活けのものを使っており、うなぎの身の厚さと柔らかさ、臭みの無さは圧巻で、スーパーで身の薄いペラペラの国産うなぎと称する代物を買うのが馬鹿らしくなる。値段はマーケットプライスで、小さなサイズで1000円前後からあるが、どうせなら1500円ぐらいの大ぶりのサイズを頼みたい。酒をふりかけてホイルで蒸し焼きにしたものを、うな丼にして食べると最高に幸せになれるぞ。

また、鰻は白焼きにしてもらう事も可能。もし店にう巻きが残っていればそれも是非忘れずにどうぞ。

(10/08/12 更新)

住井商店  【矢田 / 大阪市南部 / その他・買い物

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東住吉区矢田6-2-10 【MAP】

電話:06-6691-6620

営業時間:9:00-18:00

定休日:日曜

http://cherry-smoke.sakura.ne.jp/index.html

ここも馬肉をスモークした「さいぼし」を製造直売している店だが、あえてさいぼしとは書かずにチェリースモーク(桜肉=馬肉の燻製という意味?)と称しているだけあって、他とは一味も二味も違うのが特徴的。

おそらく冷薫法に近いやり方で作られているのではないかと思うが、出来上がりはかなりレアに近い感じで、ジャーキーと言うよりは味を凝縮させた馬刺しと言った方が良く、馬刺しと同じようにしょうが醤油やにんにく醤油で食べると絶品である。値段は300g程度のパックでバラが2500円、ロースが2000円、そしてバラとロースが混ざった一回り小さいパックが1500円と、さいぼしの値段としては標準的だが、価格以上の満足感が味わえる逸品だ。ネット通販は無いが、電話一本で地方発送も可能。

(10/06/18 更新)

ミナミ大沢商店  【桃谷 / 大阪市南東部 / その他・買い物

味:A CP:B   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区桃谷5-6-2 【MAP】

電話:06-6741-3159

営業時間:8:00-17:30

定休日:不定休

鶴橋の南にある大阪のコリアタウン、御幸森商店街は韓国食材の宝庫で、山田商店のキムチなどに人々の行列が出来たりするのだが、個人的な一押しはここの蒸し豚(100g200円)だ。

店頭で豚肉のいろんな部位を量り売りしてくれるのだが、是非とも皮付きの部分を買って欲しい。肉にかぶりつくと皮の裏のプルプルしたゼラチン質の部分がたまらない。辛子醤油で食べると豚のうまみが口一杯に広がってビールのつまみに最高である。他には豚足や腸詰のスンデなども売っている。もちろん持ち帰りのみだが、薄い紙袋に肉隗をゴロリと包んでくれるだけなので(笑)、遠方の人は持ち帰りに工夫が必要だ。

追記:天満市場(ぷらら天満)の1Fに支店ができた。そこではキムチも売られている。

(09/12/24 更新)

とんかつのますいや  【今福鶴見 / 大阪市北東部 / ランチ特集

味:A CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市城東区今福東3-3-23 【MAP】

電話:06-6934-8425

営業時間:11:30-14:30 17:00-20:45

定休日:火曜

http://masuiya.com/

夜は特選ヒレやロースのとんかつを始めとして、ステーキやイカのから揚げなどをビオワインでいただくようなちょっとハイスペックな洋食店だが、平日のランチタイムには980円のお手ごろ値段でとんかつ定食が食べられる。

もちろんカツは巨大サイズとまでは行かないが、肉を噛み締めると豚肉本来の旨みが溢れ出すような逸品で、独特のコクのあるドレッシングがかかったキャベツもうまくて、店のベーシックな部分でのレベルの高さが楽しめる一品だ。

(07/04/02 更新)

蛸鶴  【今里 / 大阪市南東部 / たこ焼き

味:A CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区中川1-1-14 【MAP】

電話:06-6758-3540

営業時間:17:00-26:00

定休日:不定

アクセス:地下鉄今里駅から今里筋を南へ、近鉄ガードを超えたところ

以前は京都の超有名店である蛸虎の支店だったが、独立して蛸鶴と名前を変えての再出発。

たこ焼き(9個500円)は天カスをたっぷり使ったカリカリの表面が特徴的でうまい。たこ焼きも中のたこも大ぶりで、値段に見合うだけの食い応えがある。しかも本店に比べると値段が100円安いのが嬉しい。韓国風タレをまぶしたたこ珍味やたこ刺し(各500円)などで一杯やるのもお薦め。

(2004年以前のデータ)

和楽路屋(わらじや)  【千里中央 / 大阪市外 / たこ焼き

味:A CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府豊中市新千里東町1-5-2 セルシーB1F 【MAP】

営業時間:11:30-21:15、日祝11:00-20:30

定休日:無休

アクセス:北大阪急行線又は大阪モノレール千里中央駅下車

万博記念競技場からならここを勧めたい。大阪モノレールの千里中央駅を降りたところにあるショッピングモールの中にある。ここからは大阪駅や新大阪駅まで地下鉄で1本なので、観戦の行き帰りに組み込む事が可能だ。

やや値段は高めだが、外はカリッと中は濃厚なトロトロでとても完成度が高い。店も綺麗で他県の人を連れて行っても恥ずかしくないごちそうたこ焼きの代表店と言える。たこ焼き10個480円。

(2004年以前のデータ)

山三  【難波 / 大阪ミナミ / 居酒屋

味:A CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市中央区難波4-2-9 【MAP】

電話:06-6643-6623

営業時間:17:30-24:00

定休日:日祝

アクセス:地下鉄なんば駅12番出口を出て新歌舞伎座の北沿いにある道を西に行ってすぐ。

日本酒好きにとっては正に天国のような店。

とにかく十四代の大吟醸や王禄など、まず普通では手に入らないような銘酒を数十種類も常備しているのが凄い。しかも一杯500円からと値段も良心的だ。日替わりでお薦めの銘柄がホワイトボードに書かれるが、店の人に頼めば秘蔵の酒を出してくれる事もある。もちろん酒だけではなくアテの方も、するめの麹漬け(350円)を始め、チーズ豆腐やひらめやかきなどの自家製スモーク(600円)、そして旬の刺身(900円)など、日本酒との相性をとことんまで考え尽くされた品ばかりである。ただし、料理が出てくるのが非常に遅いので注文は早めに。席数が少ないので週末は早めに行きたい。

(2004年以前のデータ)

すし割烹 吉すし  【鶴橋 / 大阪市南東部 / 和食・寿司

味:A CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区鶴橋2-5-23 【MAP】

電話:06-6716-2496

営業時間:7:00-21:00 11:00-23:00

定休日:不定休

http://yosi-susi.com/

以前は鶴橋鮮魚卸売市場の一角にへばりついていた小さな店だったが、隣の敷地にきちんとした店舗となってリニューアルされ、メニューや飲み物も一気に充実した。

濃厚な旨味と鉄分が歯に染みる生の本マグロや、ふんわりと舌の上で溶ける穴子、噛めば噛むほど味が染み出るタコ、どこまでも甘いとり貝や生のシラサエビ、そしてこの店一押しの、口の中で磯の香りだけを残して消えてしまう、一舟まるごと使ったミョウバン不使用の瀬戸内のウニ(2000円)など、和歌山や瀬戸内の地物を中心にした一級品の素材が店に並んでいる。鯛や平目といった白身も驚くほどの旨みが詰まっており、寿司ネタの熟成度合いも万全だ。

ただ、値段は3貫で500円から1000円相当と決して安くない上に、正直言って寿司の技術はあまり見るべきものは無いので、鱧や鯛などの骨回りのほぐし身を皮とあえてポン酢と一味をかけたものなど、常連は店主が作る漁師料理風のアテをおまかせで頼んでいる場合が多く、まさに魚通による魚通のための店だと言える。なお、近くに寿し吉という似た名前の店があるので注意の事。

(09/05/21 更新)

江戸堀 木田  【肥後橋 / 大阪市中央 / うどん・そば

味:A CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区江戸堀1-23-31 【MAP】

電話:06-6441-1139

営業時間:11:00-16:30 (土曜)11:00-14:30

定休日:日祝

かやくご飯の名店「大黒」の次男として生まれたマスターが、讃岐風うどんの老舗「はがくれ」で9年間修行した後に独立された、正しい大阪と讃岐のDNAを併せ持ったと呼べるお店。

「はがくれ」直伝の生醤油うどんが店の一押しで、オーダーするとマスターが直々にすだち、大根おろし、ネギ、醤油をかけてくれる指導タイムがもれなく付いて来る。麺質については、これも「はがくれ」らしく伸びや腰はほどほどだが、丁寧に氷締めされる麺のエッジと喉越しが秀逸で、食べる快感はかなりのもの。

ただし個人的に感嘆したのは生醤油うどん以外の品のほうで、特に大黒のDNAを受け継いだダシが実に見事で、十種類の具が入った「かやくご飯」の旨さはもちろんの事、ぶっかけダシは香りと切れ味が素晴らしく、カレーうどんはそれほどスパイシーじゃないけど味の物足りなさは皆無だし、むっちりと分厚いお揚げが2枚載ったきつねうどんなんかは、大阪うどんの名だたる銘店が霞むようなレベルである。

作業や接客が店主1人に集中しているので席の回転があまり良くなく、うどんの値段は550円が最低価格、種物類だと800円は覚悟する必要があり、ご飯類も少なめなのでCP的には少々厳しく、七味や漬物の質にもう少し気を使って欲しいところではあるが、何を頼んでも外れの無い、非常に安心出来る店だと言える。

(11/09/29 更新)

とん正  【堺筋本町 / 本町・堺筋本町 / とんかつ・天ぷら

味:A CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市中央区備後町1-6-6 ナシモトビル1F 【MAP】

電話:06-6232-1129

本町のオフィス街にあるビルの地下にある店。1Fの紀伊国屋書店が目印である。

肉質に定評のある三元豚を使用してじっくり揚げられたロースとんかつは、カツのたっぷりした大きさの割に驚くほど柔らかくてジューシーだ。それにお新香とだしの香り高い味噌汁、そして食べ放題のご飯がついたロースカツ定食は1200円と安くは無いが、東京で食べると確実に2000円近くする内容だけにCPは悪くない。定食はソースとおろし、味噌味のタイプが選べる。カツ丼も絶品。懐が寂しい時はミンチカツ定食1000円、チキンカツ定食800円を選ぼう。

追記:以前の場所から移転したのでデータ更新。

(10/06/14 更新)

CAN BASHI(カンバッシー)  【天神橋 / 大阪市中央 / 洋食

味:A CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市北区天神橋1-3-4 清州中之島プラザ1F 【MAP】

電話:06-6360-4859

営業時間:12:00-14:30 17:30-23:00

定休日:水曜

松屋町筋が大川にかかる天神橋の、北側川べりの道にあるスペイン料理店。マスターとカタルーニャ人の奥さんは、京橋の「リンコン・カタルーニャ」出身で、2015年にに独立されたらしい。

こういう店の場合、メニューが4桁以上というところが少なくないが、こちらはタパスが300円から、料理も半数以上が3桁、1000円以上は肉や魚のメイン料理、フィデウア、パエリアといった料理に限られていて、本格的でありながらなかなかリーズナブル。ワインは3000円からで、店がいくつか出して来る候補のから客が選ぶ形式で、カバやリオハといった上質なものが揃えられている。

定番の前菜盛り合わせは、あさりとブロッコリーのソテー、マグロやイワシのエスカベチェやテリーヌ、イイダコの墨煮など海に面したカタルーニャ地方の特色を活かした、日本人好みな品がズラリ。陶器の皿にたっぷり出て来るアヒージョは、生ハムとシェリー酒の芳醇な味わいでパンが止まらない。クミンの香りが効いた中東風の「白いんげんとモルシージャのソテー」、洋食店ばりのソースがたまらない牛モツのカタルーニャ風、巨大なスペアリブと海老の煮込み、フレッシュトマトを潰してパンに載せたフルーティなトースト、毎回絶対に頼んでしまう背徳の美味「生ハムと揚げ芋と卵のよせまぜNo.4」など、単なるスペイン料理とは違う、幅広く奥深いカタルーニャ料理の真髄を感じさせる品ばかりである。

そしてカタルーニャと言えばパエリアの本場であり、魚介の旨味がギュッと濃縮されたパエリア、米の代わりにパスタを使ったフィデウアは、注文から時間はかかるが食べたら今までのは一体何だったんだと眼から鱗が落ちる逸品。パエリャとフィデウアはイカスミを使ったものもあり、イカのコクが際立つ旨さである。

(16/06/24 更新)

肥後橋南蛮亭  【肥後橋 / 大阪市西部 / カレー・エスニック

味:A CP:C+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市西区江戸堀1-10-26 【MAP】

電話:06-6444-2382

営業時間:11:30-14:00

定休日:第2・4土、日祝

昼は地鶏丼とカレーの2種類のメニューのみ。カレーは黒い鳥ひき肉のルーが独特のコクがあってうまい。ただし、超激辛なのでそのつもりで。ココナツミルクのような液体がかかっているが、私はいつも白抜きと頼んで無しにしてもらっている。カレー、丼ともに850円。

追記:ここもランチメニューがそれぞれ100円アップ・・・さすがにこの値段では気軽にとはいかないなあ。

(08/03/31 更新)

オモニ  【鶴橋 / 大阪市南東部 / お好み焼き

味:A CP:C   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市生野区桃谷3-3-32 【MAP】

電話:06-6717-0094

営業時間:12:00-24:00

定休日:月曜

アクセス:JR大阪環状線鶴橋駅から東へ、玉津3交差点を右折し南へ。永和信金の角を左、1つ目の信号を南へすぐ。徒歩10分

田中康夫が賞賛して有名になった店。有名になったとは言え、おおざっぱに何でもぶちこんだ豪快なお好み焼きの味わいは失われていない。

具のバリエーションによっていろんな人の名前が付いたメニューが壁に所狭しと書かれているが、この店ではぜひキムチ入りのメニューを試してみて欲しい。キムチはここの手作りなのだが、下手な鶴橋のキムチ専門店よりはるかにうまい。だからそれが入ったお好み焼きもうまい。ボリュームも申し分無し。キムチだけを別売りで買えるのでお土産を忘れないように。スジ肉ポッカ950円など。サミー戎プラザにも支店が出来た。

(2004年以前のデータ)

大黒  【難波 / 大阪ミナミ / 和食・寿司

味:A CP:C   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市中央区道頓堀2-2-7 【MAP】

電話:06-6211-1101

営業時間:11:30-15:00、17:00-20:00

定休日:月、日、祝休

交通手段:地下鉄なんば駅25番出口を出て御堂筋を北へ、太陽生命難波ビルの角を西に入ってすぐ。

上品であっさりとしながらも昆布の滋味深いかやくご飯450円は、やはりここでしか食べられない大阪を代表する味の一つと言える。ただ、ご飯の量は少なめだし、焼き魚や汁物まで頼むと軽く1000円をオーバーしてしまうのは痛い。食事としてでは無くて、おやつ感覚でかやくご飯を食べるのがB級的対処かも。

(2004年以前のデータ)

道頓堀 今井  【難波 / 大阪ミナミ / うどん・そば

味:A CP:C   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-22 【MAP】

電話:06-6211-0319

営業時間:11:00-22:00

定休日:水曜

アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅14番出口より徒歩5分御堂筋を心斎橋方面へ、道頓堀橋南詰右折、道頓堀中座東隣

最近は讃岐うどんがブームだが、ひたすらうどんのコシが命の讃岐うどんとは違い、大阪うどんの麺はあくまで具の中の一つであり、だしを中心とした一体感を味わうものである。

ここはその大阪うどんの真髄を味わえる店。ここのうどんだしを飲まずに大阪を語るべからず。まずはスタンダードなきつねうどん650円を味わって欲しい。冬場はしょうがの香り高いあんかけうどんも人気だ。ようやく火災消失から復活して嬉しい限りである。

(2004年以前のデータ)

ねぎ焼き・やまもと  【十三 / 大阪市北部 / お好み焼き

味:A CP:D+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市淀川区十三本町1-8-4 【MAP】

電話:06-6308-4625

営業時間:12:00-22:00

定休日:日祝

アクセス:阪急梅田駅から一駅北の十三駅西口を出て、大きな信号を西に渡り、一筋南側にある大きな繁華街通りに入ってすぐ

大阪のお好み焼き界において、オモニが何でも具にぶちこむカオス的な味わいで西の横綱を張っている存在だとすれば、こちらは料理の完成度と言う意味で東の横綱とも言える存在である。値段はあまり安くは無いが、お好み焼きだから値段は知れているし、やはり大阪を代表する味なので紹介。

ここでは何はさておいてスジねぎ焼きを食べて欲しい。じっくり煮込まれたスジ肉のこってりしたうまみを、たっぷりのネギと醤油とレモンの風味であっさりと仕上げていて実にうまい。量が少し少なめなので、焼きそばも頼みたいところ。

当然行列が出来る人気店なのだが、すぐそばに支店もあるので混んでいる時はそちらも確認してみよう。スジねぎ焼1120円など

(2004年以前のデータ)

イノダコーヒ三条店  【烏丸三条 / 京都 / その他・買い物

味:A CP:D+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:京都市中京区三条通堺町東入ル桝屋町69

電話:075-223-0171(FAX共通)

営業時間:10:00-20:00

定休日:無休

http://www.inoda-coffee.co.jp/

カフェブームなるものが台頭するはるか太古からその名を轟かせてきたカフェの名店。子供の頃は大丸の地下の支店でスープを飲むのが楽しみだった。

お客さん連れなら近くの本店がベストだが、一人なら三条店がよろしい。奥の丸いカウンターの中では白服のウェイター達が忙しくコーヒーを入れていて、顔を覚えられると何も言わなくても新聞を差し出してくれる。深煎りのコーヒーは最初から砂糖とミルクが入ったまったりとしたイノダスタイルである。大きなガラス張りの窓から見える中庭の光を浴びながらカウンターでコーヒーを楽しむひと時は、京都のB級贅沢の極みである。

(2004年以前のデータ)

酒仙房 金生  【千鳥橋 / 大阪市西部 / 居酒屋

味:B+ CP:A+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市此花区梅香3-26-11 【MAP】

電話:06-6461-0164

営業時間:17:00-21:00

定休日:月曜・第3火曜

阪神千鳥橋駅から400mほど離れたところにあり、なおかつ平日は午後9時まで、日曜は午後8時までしかやっていないという、大変に間口が狭い居酒屋だが、予約のお客と常連で毎日ぎっしり席が埋まる人気店。

その理由は圧倒的なコストパフォーマンスで、活けの刺身類が400円台から、魚介類の天ぷらが300円台からという大衆居酒屋並のお値段でありながら、分厚い切り身が並んだヨコワの刺身はトロのように脂が載っており、軽く締められた脂ノリノリの「きずし」は1cm厚の巨大な切り身が6本並び、しかもたっぷり盛られた本物のワサビが添えられている贅沢さ。

しかも、殻に身がぎっしり詰まった生牡蠣が1個130円、あっさりとした味付けのプチプチイクラがどんぶりを埋め尽くすイクラ丼が880円m甘みたっぷりで苦味一切なしの美しいウニがひと舟分まるまる乗ったウニ丼が2000円以下とは、明らかに採算がおかしいレベル。ご飯もウニやイクラが邪魔に思えるほど美味しい。

調理ものも当然バッチリで、1本分まるまる揚げられた穴子の天ぷらは肉厚でフワフワ、皿にドッサリのゲソ天はレアな火通しで驚くほど柔らかい。牛肉のタタキは見事な霜降りの和牛がおごられ、自家製の銀ダラ西京焼きは甘さを抑えた味付けと濃厚な脂が日本酒とバッチリ合って止まらない。地味な焼きおにぎりだって、中フワフワ外カリカリのビッグサイズ2個でたったの300円である。

冬瓜のしらすあんかけやハモとキュウリの酢の物、がんもどきの煮物、白和え、大ぶりで素朴な焼き野菜などはどれも200〜300円台という小鉢値段なのに、意匠に凝った美しい中皿や深鉢に盛られたファミリーサイズで出て来て、そこに紅葉型の生麩や絹さやといったあしらいまで丁寧に添えられているのだから開いた口が塞がらない。なおかつ酒の方も極めて良心的で、ビール大瓶が500円、燗酒や焼酎ワンショットが300円、旬のうすにごりなどの地酒が300円台から楽しめ、酒器もまた凝った意匠で出されるるなど、欠点が全く存在しない奇跡のようなお店である。

(13/04/19 更新)

スタンドアサヒ  【南田辺 / 大阪市南部 / 居酒屋

味:B+ CP:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市東住吉区山坂2-10-10 【MAP】

電話:06-6622-1168

営業時間:17:00-22:30

定休日:日祝

JR阪和線南田辺駅を出てすぐのところにある、大阪を代表する居酒屋の名店。開店から8時ぐらいまではほぼ予約客で毎日満員、それ以降になるとフリでも入れるようだが、ある程度の品切れは覚悟しないといけない。

まず席に座ると、お通しではないが小鉢(350円)が進められる。これはいわゆる炊合せで、鱧の子、いたや貝、ナス、たらこなど毎回4種類ぐらいが盛られており、甘めの出汁の香り高さはもちろん、溶けるぐらいに柔らかいのにエッジをピンと立たせたかぼちゃ煮付けの技に感嘆する。名物の「さばからまぶし」はサバのきずしをおからでまぶした品で、想像よりも上品な味わいで顔がほころぶ。

旨味が濃厚なマグロ、きちんと熟成された鯛など刺し身も大変吟味されており、ゆず皮がかけられた小芋煮の香り、絶妙な火の通しのアサリの酒蒸し、淡白な中にも深みを感じる鶏団子、みょうがと紅たでのピリッとした辛味がアクセントの鯛酢の物、シャッキリとしたワケギと新鮮なイカを使ったぬたなど、どれも確かな技を感じる品ばかり。動物系は練り物だけという何のへんてつもないおでんも上品かつ深い。それでいて、煮物は200円台から、刺し身盛り合わせが700円、松茸がたっぷり入った上品な味の土瓶蒸しが600円、松茸だけが入った香り高い松茸ご飯が400円という立ち飲み程度の価格なのだから二度驚かされる。

繊細さだけでなく豪快系の品にも目を見張るものがあり、皮がパリパリになるほど強く焼かれた脂が香ばしいウナギ白焼き、焦げた玉ねぎの甘さと辛めのタレのコントラストが抜群の焼き鳥、ふっくらと焼かれた臭みの無い鶏肝、洋食屋顔負けのブリブリのエビフライ、醤油味の衣にふんわり包まれた鶏のから揚げ等、ビール派にも満足できる品が揃っている。

(15/11/27 更新)

山長 梅田店  【梅田 / 大阪キタ / 立ち飲み

味:B+ CP:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビルB1 【MAP】

電話:06-6344-0228

営業時間:10:00-21:00 土曜10:00-18:00

定休日:日祝・第3土曜

第1ビルにある上田酒店と同じく、酒屋が経営する角打ちの立ち飲みだが、あちらが典型的な庶民派だとすれば、こちらはぐっと雰囲気的にも内容的にも本格派の酒場である。

ここの特徴は何より日本酒や焼酎のラインアップにあり、醸し人九平次、秋鹿、松ノ司、八海山、そして越乃寒梅といった名だたる銘酒や、伊佐美や魔王といった市場ではプレミアム価格が付けられている焼酎が、ほぼ一律500〜600円で飲めてしまうところが凄い。そして、店の裏で腰の曲がったお母さんが作るアテも酒の格に負けない質を誇っており、100円と150円のおでんは香り高いダシと酒の旨みに満ちており、大和芋を使ったマグロの山かけ、桜海老と若布のおろし和えといったセンスの良い品も揃っている。さらに嬉しいのはガッツリ派にも行けるアテも格安で揃えていることで、結構ボリュームがあるカラリと揚がった鶏のから揚げや、刻みイカが入った巨大なかき揚げ、干し海老としいたけの旨みが絶品のそうめんなんかも一品たったの300円である。

短冊に書かれた日本酒の種類だけでも十分おなかいっぱいだが、それ以外にも多数の銘柄が揃っているようなので、日本酒好きの方は店の人に聞いてみるといいかも。

(09/07/01 更新)

魚や なべいち  【鶴橋 / 大阪市南東部 / 立ち飲み

味:B+ CP:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市天王寺区舟橋町10-14 【MAP】

営業時間:17:00-23:00

JR環状線鶴橋駅から、線路沿いを北に100mほど行ったガード下にある海鮮が売りの居酒屋。最初は立ち飲み営業だったようだが、今はスツールが置かれて座り飲みになっている。

看板メニューは「気持ち盛り」という刺し身の盛り合わせ(690円)で、サーモン、ハマチ、生ダコ、甘エビ、カツオのたたき、トリ貝酢味噌などが並んでおり、ネタ的にそれほど珍しい物は無いけれど、適切に熟成されて素材の旨味を引き出されており、目利きの確かさを実感させられる。トロ鉄火も脂が乗って溶けるよう。マグロすき身も実質的には大トロで表面が脂でテカテカに光っている。3尾も載ったシラサエビの天ぷら(480円)は、甘い身はもちろんカリカリと揚げられた頭が実に香ばしい。ウニの握り(1貫350円)は、臭み全く無く舌の上で溶けていく。たった230円という魚の中落ち煮は、魚本体よりも冷えてジュレになった煮凝りの旨さがたまらない。

海鮮以外もクォリティは劣らず、地鶏のみぞれ煮は肉の味が濃くブリブリ、揚げナスや小芋の煮物には葉山椒が添えられ、ダシも上質で美味しい。だし巻きも温め直しだがフンワリと大きい。ドリンクは大瓶が480円、梅干しとシソが入った「なべいちソーダ」が380円、焼酎は250円からで、日本酒は500円前後で地酒や吟醸酒がいろいろ揃っている。

(16/09/30 更新)

さのや  【大正 / 大阪市西部 / 立ち飲み

味:B+ CP:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市大正区小林西2-15-35 【MAP】

電話:090-9274-7663

営業時間:16:00-22:00

定休日:火曜、月曜不定休

大正区の南側奥深く、中央中学校バス停から100mほど西に入ったところに、目を皿のようにしないと見えない屋号が壁に書かれているだけという、極めて不便なロケーションにあるにも関わらず、常に女性や若者を中心に客がぎっしり埋まる人気の立ち飲み店。

その理由は、ミナミの超人気店である「丑寅」で働いていた女性が店主になっている事で、丑寅と同様に質の高い素材をシンプルに、かつ幅広い調理法で提供し、値段は丑寅からさらにお安いと来れば人気が出ないはずがない。ウニがたっぷりの冷製茶碗蒸し、開いた海老を使った甘くてサクサクのフライ、霜降りの和牛ハネシタをレアに炙ったガーリック焼き、レアに焼かれた臭みなく大ぶりの鶏肝や鶏ハツ串焼き、鮎の香りと苦味が活きるリエット、ホクホクとした分厚い鱧の白焼き、レーズンとさつまいもが入った自然な甘さのかぼちゃサラダ、良質なハムがふんだんに入ったのウスイエンドウ卵とじなど、だいたいアテは100円から300円までの間、玉子がいっぱいのポテサラが90円、活けの車海老塩焼き、大羽のイワシをまるまる使った梅肉揚げが120円、長さ30cmはありそうな穴子天が380円、巨大な大皿にハムと野菜がてんこ盛りの野菜サラダが380円、中トロでもたったの500円という、”味は丑寅・値段は得一”レベルなのだから驚愕するしか無い。

中でもオーダー必須なのは刺し身の盛り合わせで、エッジが立ったヨコワ、血の味が濃いマグロ、新鮮なイワシ、甘いケンサキイカ、プリプリのイタヤ貝、絶妙な火通し加減のタコなど、その日の仕入れによって選りすぐりの海鮮が美しく盛られて800円程度と、目にも舌にも、そして財布にも嬉しい一品である。

酒も冷蔵庫には選りすぐりの地酒が入っているし、サッポロの赤や黒まで揃ったビール中瓶が390円、焼酎は290円から、泡盛の残波が350円と十分安い。さらには缶チューハイや缶ビールまで290円であったりするのだから、酒の種類に困ることはないだろう。

(16/08/05 更新)

かんちゃん  【天満 / 天満・天神橋筋六丁目 / 立ち飲み

味:B+ CP:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市北区池田町1-31 【MAP】

営業時間:17:00-26:00

定休日:月曜

天五の寿司通りをずっと東に行った、ちょうど中華の人気店「双龍居」のとなりぐらいにある、6〜7人も入ればいっぱいの狭い立ち飲み店。

外見も店内もごく普通の立ち飲み屋風情なのだが、料理や酒は素晴らしく本格的で、90円からある串カツは通し揚げでボリュームがあり、グラタンなんかも530円という値段ながら海老とホタテがごろごろ入り、ワインの香りが効いたベシャメルソースには刻んだマッシュルームが入れられ、洋食屋なら倍の値段を取ってもおかしくない逸品。霜降り国産和牛のローストビーフなんかもとろけるような完璧な火入れで、食材や調理へのこだわりはもはや商売じゃなくて趣味のレベルといって良い。近所の立ち飲み店「肴や」の主人が常連だそうだが、それも頷ける確かな内容だ。

酒についても、中々や萬膳といった麦と芋の銘柄焼酎がずらりと並び、ワインはビオワインやシャブリがグラスで380円というバーゲン値段でいただけるのが嬉しい。食べログでは接客についていろいろ書かれているが、うまい酒とアテを心底から楽しみにしている客にとっては、天国のような店である。

(10/10/24 更新)

とんかつ ひろ喜  【徳庵 / 大阪市外 / とんかつ・天ぷら

味:B+ CP:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府東大阪市稲田本町3-20-11 【MAP】

電話:06-4309-0106

営業時間:11:00-15:00 17:00-21:30

定休日:水曜

JR徳庵駅から南へと伸びる商店街にずっと沿って行ったところにある、モダンなつくりのとんかつ店。とは言え、メニューにはハンバーグやエビクリームコロッケなどが並んでおり、カツにはドミグラスソースがかけられるので実質的には箸で食べる洋食店と言っていい。

茶美豚を使用したトンカツは、ベーシックなロースカツ定食でも大人の手のひらを超える雄大なサイズで、あっさりして軽快な味わいのドミグラスソースがたっぷりかかっており、皿に添えられる辛子もピリッと辛くてご飯がワシワシ進む美味しさ。エビフライは有頭の巨大サイズで自家製タルタルがどっさり、ミンチカツは玉ねぎの甘味が効いていてふんわりふっくら、濃厚なトマトソースが添えられた海老クリームコロッケはワインがたっぷり使われたコク深い絶品。そして脇役の味噌汁にも、豚挽き肉に柚子や山椒が使われている芸コマぶりで食欲を倍増させてくれるなど、全てにおいて隙が無い完成度である。それでいて、ルーは業務用アレンジながらヒレカツがたっぷり載ったカツカレーが600円に、チキンカツ定食が660円、ロースカツ定食が760円と信じられない安価がつけられていて驚嘆する。秋から春にかけては広島産のカキが登場し、各定食に300円プラスで携帯サイズのジャンボなカキフライ3個を付けたり出来るのも特筆点である。

注文ごとに塊から肉を切り出しては叩きと、イケメンの店主はあくまでマイペースで2〜3人分ずつ調理をこなしていくので、場合によっては相当待たされることがあるので土日のランチタイムは時間に余裕を持ってどうぞ。ご飯大盛りは50円アップで、お代わりは小中大あってそれぞれ50円ずつ増しになっている。

(10/11/16 更新)

とんかつ一番   【七条大宮 / 京都 / 洋食

味:B+ CP:A   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:京都市下京区七条大宮南入る二筋目東入る一筋目北

電話:075-371-0722

営業時間:11:00-14:00 17:00-20:30

定休日:第2・4・5日曜

http://www.tonkatsuichiban.com/

京都駅北西エリアにひっそりとたたずむ知るひとぞ知る老舗洋食屋。京の町家風の作りは観光客にも嬉しい。

からっとラードで揚げられた香り高い大ぶりのとんかつに、昔から変わらない味のドミグラスソースが添えられる正統派スタイル。それでいて、値段は850円からと丁寧な仕事振りに見合わない安さ。さらに昼は550円のサービス定食があるという大盤振る舞い。欠点があるとしたら公式サイトが無駄に重いところぐらいか(笑)。

(2004年以前のデータ)

魚市  【阿倍野・天王寺 / 大阪市南部 / ランチ特集

味:B+ CP:B+   ランチ 女性向け 上級者向け お薦め店

住所:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1−5−31 アポロビルB2 【MAP】

電話:06-6649-4652

営業時間:11:00-22:00

定休日:月曜

天然&近海物の魚が自慢の海鮮割烹料理店。天王寺Mioにも支店がある。

レギュラーメニューは当然それなりのお値段だが、ランチのみに提供される定食は840円という値段でありながら、新鮮なマグロの中落ちを基本にハマチや明石の鯛の刺身、アラ炊きなどが日替わりで組み合わさった豪華なもの。おかずの盛り付けがややぞんざいだったり漬物が出来合いの安物だったりするが、メインのおかずがうまけりゃそれで十分だ。100円アップで通常の岩海苔の吸い物を潮汁にグレードアップできる。

(2004年以前のデータ)

スポンサー リンク


ホーム

エリア別メニュー

ランチ特集

お好み焼き

たこ焼き

居酒屋

立ち飲み

和食・寿司

うどん・そば

とんかつ・天ぷら

洋食

焼肉・韓国料理

中華料理

カレー・エスニック

その他・買い物

関西以外

ラーメン(大阪)

ラーメン(京都)

ラーメン(その他)

さぬきうどん(香川)

グルメコラムBlog

携帯サイト


大阪・関西のB級グルメガイド携帯版

携帯サイトQRコード



大阪の天然酵母パン教室

関西カレー三昧

浪花お好み焼き三昧

京都美味倶楽部

おらほ〜大阪グルメ

サッカーコラム誌
蹴閑ガゼッタ

Yahoo! JAPAN

サイト内検索
powered by Google

プライバシーポリシー