大阪・関西のB級グルメガイド

ロサンゼルスのB級グルメ・韓国料理

NO IMAGE

ロサンゼルスにはコリアタウンと呼ばれる巨大なコリアン・コミュニティがある事でも有名で、地区に行くと分かるのですが、その規模はもはや「タウン」というより「シティ」と言った方が正しく、さらに年々膨張して行っている有様です。
韓国料理と言えば日本ではまず焼肉ですが、もちろんロスにもたくさん店がありますし、Woo Lae OakやChosun Galbi、Soot Bull Jeepなども行きましたが肉質はやはり和牛のほうが上で、1品の量がかなり多くて副菜がたくさん出るとは言え、同じ肉を食べるならアメリカではステーキのほうが満足度が高いと思うので、ロスで食べる事はあまりお薦めしません。ホルモンの種類も少ないですしね。
となると、あとはチゲやスープなどの専門料理店になるわけですが、ちょうどこれらの店は日本にも少なく、肉食に疲れた胃にも優しいメニューなので利用価値も高いです。それに大衆的な店はチップが必要無いのもB級的にポイント高し(笑)。
Han Bat
4163 W 5th St.
肉やモツを煮込んだ白濁スープのソルロンタン専門店。メニューには本当にこれしか無く、具を肉かモツ、ミックスを選べるのみ。客は地元の人間がほぼ100%の超穴場。
スープの味は肉本来のダシが出たあっさりしながらも滋味深いもので、専門店の名に恥じないクォリティはさすが。細切りにした肉やモツの具もたっぷりだ。自分でテーブルにある塩やコショウ、キムチ、ヤンニョム、ネギを入れて好みの味に仕上げよう。
Ham Hung Restaurant
809 S.Ardmore Ave.
焼肉などの料理も出す総合レストランだが、特に冷麺で名高い店。
麺はそば粉が入った不透明で細めのルックスだが、見た目に反してびよ~んと伸びる弾力性に驚いてしまう。コチュジャンと薬味の赤で染まったピビン冷麺は辛いと言うより甘めの味で、麺の量も多いし皮付きの蒸し豚もたっぷり載ってボリューム満点。コップで出されるお代わり自由のスープもうまい。
So Kong Dong Tofu Restaurant
2716 W Olympic Blvd.
Beverly Soon Tofu
2717 W Olympic Blvd.
大阪でも「まん馬」などで知られるようになったスンドゥブチゲの専門店。ロスのコリアタウンにはこの手の店がたくさんあるが、その中でも定評のある2店。結構日本でも知られていて、日本人客を良く見かける。
スンドゥブチゲがうまいのは当然だが、キムチやナムルなどの副惣菜も豊富に出てくるのも嬉しいところ。Beverlyのほうは具の海産物が豊富でスープにコクがあり、So Kong Dongは石釜ご飯とカニキムチのケジャンが付く売りがある。個人的にはSo Kong Dongのほうが好みだが、2店はちょうどOlympic通りを挟んで向かい合っているので食べ比べてみては?
Hodori
1001 S. Vermont Ave.
VermontとOlympicの交差点と言うコリアンタウンの中心地にあって24時間営業、そしてメニューはピビンパ、カルビ、ユッケジャンなど韓国料理のめぼしいところが一通り揃っていて値段もお手ごろという使い勝手の良い店。

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!