大阪・関西のB級グルメガイド

長田のお好み焼きと「ばらソース」

NO IMAGE

先日、神戸ユニバー競技場に行く途中で、神戸のお好み焼きのメッカ、長田に行ってまいりました。
改めて長田のお好み焼き、いわゆる「長田焼き」を食べてみると、大阪のものとはかなり異なったタイプのものだという事が分かります。
こちらの焼き方は、大阪のようにキャベツと生地を混ぜず、「洋食焼き」のように薄く延ばした生地の上にキャベツや具、しょうが、天カスを載せていくシンプルなもので、具のほうも、豚玉を基本にいろんなものを混ぜる大阪に対して、「ぼっかけ」と言われる牛スジを煮込んだものを基本に、1つのお好み焼きに1つの具と決めているような感じです。
そして味の決め手となるソースは地場産業の「ばらソース」を使っているところが多いようです。私も買って使ってみましたが、サラリとしたキレと酸味が特徴で、少しスパイスの薬臭さも感じられるなかなかに個性的なソースです。
大阪だと、ダシと山芋を使った生地に豚バラの脂とコク、フルーツを使った甘めのソースとマヨネーズ、そして青海苔と鰹節というように、味を重層的に重ねていくのが特徴なのですが、長田焼きはあくまでメインの具の味を引き出すために、他の要素があるような印象を受けました。
震災で大きな被害を受け、食の町として再出発を図る長田に、是非一度訪れてみてはどうでしょうか。


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!