大阪・関西のB級グルメガイド

「ビストロSOMEYA」と「住井商店」

NO IMAGE

ビストロSOMEYAは、洋食激戦区である南森町の中でも、特にコストパフォーマンスに優れた店です。
まず特筆すべき点としては、こぎれいな洋食店にしては珍しく全てのメニューにご飯がついていて、しかも大盛りと言うところが非常に好感が持てますね。ご飯がツヤツヤとしてておいしいのもポイントが高いです。
そして、600円代の安い価格帯のメニューでも、軽くサクサクとした口当たりのカツがたっぷりと盛られている一口カツや、柔らかくて一口で質の良さが分かる牛肉が使われている生姜焼きなど、全くボリュームと質に手抜きが無いのが素晴らしいです。
付け合せが少し寂しいのと、ステーキやシチューなど4桁付近のメニューは上の品に比べるとCPとしてはそこまで高くないと思ったので、総合のCPとしてはB+にしていますが、Aをつけようかどうか非常に迷ったぐらいでした。
当然ながらランチタイムは行列ができる大人気店で、遅い時間だと看板メニューの「海の幸のフライ」のような品は売切れてしまうので、開店直後の来店がお薦めです。
そして住井商店は、既にBlogの中では紹介していたのですが、やはり自称「さいぼし評論家」としては、ここのオリジナリティ溢れる品を無視する事が出来ず、本サイトで取り上げる事にしました。
本サイトにも書いていますが、ここのさいぼしはパックされた袋の中にうっすらと肉汁と血が残るほどレアに近い仕上がりで、さいぼしと言うよりは馬刺しと言った方が近いかもしれません。
一般的なさいぼしとは異なるタイプなので、好き嫌いは分かれるかもしれませんが、これはこれで評価すべき珍味なのは間違い無いので、ネットからの通販は出来ませんが、是非一度電話で取り寄せて賞味していただきたく思います。


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!