大阪・関西のB級グルメガイド

焼鳥屋「煌楽(きらく)」のランチと中華「天心」

NO IMAGE

遅ればせながら、皆様明けましておめでとうございます。今年もBlogのほうは相変わらずぼちぼちとやって行きますのでよろしくお願いします。
今年最初の更新はまずこの2軒。
煌楽(きらく)は、西中島南方にある「一番どり」の姉妹店で、名物メニューである「テンカラ」をここでも出しておられます。
登録商標までされている「テンカラ」というのは、もともとは10個のから揚げを意味する言葉らしいのですが、800円のテンカラ定食には、なんとその倍の数のから揚げが載っていたりするんですよね(笑)。
ただ、肉が胸肉なので、食感はかなりパサパサとしていて、この数を食べるのはその量以上に苦労させられます。チキンカツや味噌カツ定食にしても、やっぱり同じ胸肉なので、味付けで少し気がまぎれるぐらいで気分的にはあまり変わりません(笑)。
まあボリューム的には申し分が無いので、とにかくガッツリ行きたい時にはお薦めの店です。
そして、中華の「天心」ですが、元トモノス中央にあった「いこい」亡き今、値段も店の雰囲気も、この界隈では最も「昭和」を感じさせる中華料理店かもしれません。
もっとも、手伝いのおばちゃんをスパルタ的にしごくマスターのおっちゃんのパワフルさは、枯れた雰囲気とは程遠いんですがね(笑)。
席数はわずか8席ですし、昼休みには行列が出来てしまいますが、おっちゃんの仕切りのせいか回転はいいのでそれほど長時間待つ事は無いと思います。
あと、メールで情報をいただいたのですが、あのお好み焼きの名店「福ちゃん」が、おばちゃんの健康状態の問題で店を閉められた様子です。
大阪ではコストパフォーマンスでトップランクに位置される、B級グルメの真の名店だっただけに、本当に惜しくてなりません・・・もし、どこかで店を再開されておられるようなら、是非情報の提供をお願いします。


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!