大阪・関西のB級グルメガイド

宮崎駅「上等椎茸めし」@阪神百貨店駅弁大会2008

宮崎駅「上等椎茸めし」@阪神百貨店駅弁大会2008

shiitake.jpg
阪神百貨店の駅弁大会2個目の獲物は、宮崎駅の上等椎茸めし(920円)です。今回は持ち帰りにして一杯やりながらの食事です(笑)。
上等の名に恥じない2段重ねの弁当は、上段が鶏のだしで炊いたご飯の上に錦糸玉子、鶏そぼろ、甘く煮た肉厚の椎茸、漬物が載せられ、下段にはレンコンのはさみ揚げにシュウマイ、たけのこの煮物に焼き魚、なます、かまぼこ、ふきとがんもどきの煮物、卵焼き、金時豆、缶みかんにゼリーと盛りだくさんです。
煮物が関西人にとっては濃い目かなと思った以外は総じて控えめな味付けで、メインの椎茸めしも折尾のかしわめしのような魔力こそ無いですが、鶏そぼろの塩味と椎茸の甘味のバランスが良くてしみじみとおいしいご飯です。こういうしみじみとした美味さってのは、インパクト重視のコンビニ弁当では決して味わえないもんですよねえ。
何より、下手な幕の内よりも豪華なおかずと、ぎっしり詰まったそぼろ椎茸ご飯が2段になったこの内容で920円というのは、駅弁である事を抜きにしても十分なコストパフォーマンスです。
おなかも十分ふくれました。ご馳走様でした!

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!