大阪・関西のB級グルメガイド

油かすでかすうどん

油かすでかすうどん

むかいの南食ミートミートフェア@羽曳野で購入した、油かすを使って早速かすうどんを作ってみました。

歴史的な経緯によって、さいぼしと並んで最近まで極めてマイナーな存在だった油かすは、今や全国的にも有名な存在になってしまい、東京にかすうどんの店が出来るわ、うどんはおろか大阪のお好み焼き店でも普通に見かけるトッピングとなるわで、すっかり高価な高級食材と化してしまいました。
そんな事もあって個人的にはさいぼしの購入だけで手一杯で、油かすまで手を広げる事ができなかったのですが、嫁さんが急に興味を持ち出したので、一度購入してみる事にしたわけです。
やはり油かすを買うならちゃんとした物がいいなと言う事で、さいぼしでも定評のある安井商店さんが、ミートミートフェアに出展しているのは知っていたので、イベントに行く事も兼ねて買うことにしました。

100gで450円の一口大に切られた油かすのパックを買いましたが、安井商店さんの国産和牛を使った油かすは、見た目からして白くて油の良さが感じられ、腸本体の部分も薄くて柔らかく、いかにも上質な感じがしますね。
薄く刻んで、ちゃんと自分で昆布と鰹節で出汁を引いたうどんに添えてみましたが、フワフワとコクを残しながら優しくダシに溶けて絶品でした♪ これが安い輸入の油かすだと、どうしても臭みや固さが残ってしまうのですが、もちろんこれだとそんな事はありません。
子供はうどんだけでは物足らないと思って、市販の素を使った炊き込みご飯も作りましたが、うどんのほうが子供にはずっと人気で、さすが子供の舌は正直だなと思いました。
うどんにはもっとカスをたっぷり載せて食べたいところでしたが、同じミートフェアで売っていた黒毛和牛のすき焼き用モモ肉(100g300円)よりもずっと単価が高い高級食材なので、冷凍してケチケチ使っていこうと思います(笑)。


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!