大阪・関西のB級グルメガイド

難波道具屋筋の松屋で「かすうどん」

NO IMAGE

松屋という名前の牛めしならぬ立ち食いうどん店は、京橋、布施、新世界、阿倍野、萩ノ茶屋など結構あちこちで見かけるのですが、それぞれどういう関連があるのかいまいち良く分かっておりません。
ただ、難波の南海通のある店と、この道具屋筋にある店については、自販機やメニューの内容がほぼ同じなので、一緒の系列なんだろうなとは思います。
その難波松屋は、どんぶりなどのメニューが充実している事で知られていますが、もう1つユニークなのが「かすうどん」を置いている事。
牛の小腸を油でカリカリになるまで揚げた「油かす」は、さいぼしと同じルーツを持つ日陰の貧しい食材だったわけですが、今ではすっかり高級品になってしまい、100gで400円前後と黒毛和牛もビックリなお値段になっています。

なので、巷のかすうどんはどこで食べてもワンコイン以上はしてしまうわけですが、それが350円で食べられるのはさすが松屋さんというところですね。しかも油かすの量はなかなかたっぷり。食べ終わったら口の周りが牛脂でベタッとするぐらいですよ。
おにぎり2個120円と合わせても470円で、十分ゴージャスなお昼ごはんです。

あと、面白いのはかすうどんにはおろしニンニクが入った容器を持って来てくれる事。これを入れると味にパンチが出て一気にジャンクさが倍増しますよ!
ただし、おそらく容器に入れっぱなしのせいか酸化でニンニクが酸っぱくなってしまっているので、入れ過ぎには注意の事(笑)。

松屋

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連ランキング:うどん | 難波駅(南海)、大阪難波駅、近鉄日本橋駅

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!