大阪・関西のB級グルメガイド

ウルフギャング・ステーキハウス大阪店で、結婚記念日のお祝い

ウルフギャング・ステーキハウス大阪店で、結婚記念日のお祝い

普段はいちいち結婚記念日で何か祝うという事の無い我が家ですが、今年は節目の結婚記念日という事で、梅田のルクアイーレに出来たウルフギャング・ステーキハウスで豪勢なランチをいただくことにしました。

sIMG_5150

ルクアの屋上にある庭園は子供が好きなので何度もこの店の前は通っていましたが、もちろん入店するのは初めてです。

sIMG_5153

まずは前菜代わりに、モッツアレラチーズとトマトのカプレーゼ。これがいかにもアメリカサイズで、トマトが大きくて分厚い! まるでステーキみたいですな。

sIMG_5154

カナディアン・ベーコンも1つ頼んで家族で分けました。4等分したらこんなに小さくなりましたが、ギネスの生と良く合って美味しかったです。

sIMG_5155

ここでワインはナパ・バレーのピノ・ノワールをオーダー。果実味と土の香りが程よく感じられて良い感じ。安くはないですが値段に見合うクォリティで良かったです。

ただ、残念ながらサーブの方があまり上手ではなく、テイスティングの時にワインをクロスにこぼされてしまいましたが・・・値段的には当然高級店なので、サービスの点は下げざるを得ず。

sIMG_5158

さてお待ちかね、メインの「Prime Dry Aged Steak For Two」が登場。いわゆるTボーンステーキで、サーロインとフィレが両方味わえる品ですね。

赤身のドライエイジングビーフは生よりもカリカリに焼いたほうが好きなので、焼き加減はミディアムにしました。

sIMG_5157

家族4人で長女がバカ食いするので足りないだろうからと、もう1つ嫁さんのリクエストでラムチョップステーキもオーダー。

sIMG_5160

付け合せのジャーマンポテトと一緒に1皿に取り分けるとこんな感じ。フィレの部分はとても柔らかく、サーロインは栗のような香りと甘みがあってさすがに絶品。ラムチョップも肉厚で美味しいですが、この牛肉と比べると存在感はちょっと薄めですなあ。

もうこの年になると霜降りの和牛はキツくて、この前に行った保養所で出た松阪肉は4切れほど食べたら胸焼けしたのですが、この肉ならどんどん行けてしまいますな。

sIMG_5163

予約時に結婚記念日と伝えておいたら、最後にパフェのプレゼントをいただきました。ついでに、9月が誕生日の長女の祝もしてもらいましたよ。

この日はウチだけじゃなくて、半分ぐらいのテーブルで誕生日のお祝いでハッピーバースデーを店員さんに歌ってもらっていたので驚きました。

最後にエスプレッソをいただいて、幸せな気分でご馳走様。次の節目が来た時も、こんな風に健康で楽しく皆で祝えるように願いたいですなあ。

ウルフギャング・ステーキハウス 大阪店ステーキ / 大阪駅梅田駅(大阪市営)梅田駅(阪神)

夜総合点★★★★ 4.0

昼総合点★★★★ 4.0


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!