大阪・関西のB級グルメガイド

海鮮揚げ物立ち飲み「千いち屋」@千林

海鮮揚げ物立ち飲み「千いち屋」@千林

最近の大阪は、ラーメンとカレー店だけでなく、立ち飲み店の増殖も凄まじい事になっていますね。

10年ぐらい前までは、昔ながらの角打ちを除いた立ち飲み店というと、天満だと肴や、ミナミだとカナマタークぐらいしか無かったのに、今では毎週のように新店がオープンしているような状況です。

もうミナミについては既に追っかけるのを諦めてまして、どちらかと言うと大阪周辺地域であまりブログとかに取り上げられていない店の開拓に傾いている昨今です。とは言え、真冬と真夏は交通の便が良い環状線内側エリアに戻って来ますが(笑)。

と言う訳で、今回のアップは千林公園に面した立ち飲み店、「千いち屋」。

senichiya

3~4年前にこの店がオープンした時は、まあ良くある無個性な立ち飲み屋かなと思っていたのですが、そのうち「旬の海鮮を使った揚げ物」という方向性を見つけられたようで、なかなか気に入ってちょくちょく寄らせてもらっていました。

senichiya2

これは串カツの盛り合わせ。カツは衣の薄さが特徴的で、カリッとクリスピーに揚がってます。

senichiya3

から揚げは当然通し揚げでボリューム十分、みじん切りの生姜がユニークな枝豆の天ぷら、アジの大葉巻き、そして珍しいホタルイカの天ぷらなんてのも。特にホタルイカは中の卵がとろけて新しい美味しさの発見です。

senichiya4

メニューは標準的な数ですがレパートリーは多く、さっぱりしたサゴシの炙りなど刺し身を始め、冬場はすっきりとした甘辛出汁のおでん、ひき肉がみっしり詰まった食べごたえのあるオムレツ、こってりしたセセリのバター焼きなんかもイケます。

私はオーダーしてませんが、裏メニューとしてご飯物もあるようで、オムライスや焼き飯なんかを頼んでいる人もいましたよ。

旬の海鮮ものであってもだいたい280円~350円前後と大変リーズナブルで、酒もビール大瓶が400円、生中が300円、チューハイ280円、焼酎が250円とあくまで安心価格ですよ。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

千いち屋立ち飲み居酒屋・バー / 千林大宮駅千林駅森小路駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

昼総合点★★★☆☆ 3.5


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!