大阪・関西のB級グルメガイド

アテと日本酒充実!「花門」@天満

アテと日本酒充実!「花門」@天満

最近の天満駅界隈は、単なる飲食店の密集エリアだった時代は過ぎ去り、ミナミ並に血で血を洗う過当競争の時代に入りつつあるようで、いつ行ってもあちこちコロコロ店が変わっていて全く情報が把握しきれておりません。

それに比べると、天満から中崎町へと伸びる天五中崎通商店街は、店の移り変わりこそ多少はあるようですが、うまい屋や洛二神、カレーのでん、カンティプール、奴寿司、堀内酒店、稲田酒店などまだまだ昔から知っている店も多く残っていて落ち着きます。

kamon

そんな中、比較的新しい立ち飲み店がこちら「花門」。

kamon2

店に入ってすぐ右手にある冷蔵庫には地酒がぎっしり詰まっていて、それでいて1杯200円からと大変リーズナブル。最近の日本酒を売りにする居酒屋だと半合ぐらいで500円というのはザラですから、この値段はとても良心的です。

アテも家族経営とは思えないほどメニューが多く、固定の壁掛け短冊メニュー意外にもホワイトボードにはその日のメニューがぎっしり。値段も300円台中心の安心価格。

中でも海鮮類は、あまり珍しい種類というのはありませんが、定番品を数多く揃えている感じです。

kamon3

まずは刺身盛り。マグロ、イカ、ハマチと地味なネタだけど鮮度は良好。

kamon4

生け簀で泳いでいた赤海老を、身は刺し身で頭は塩焼きに作ってくれます。

kamon5

新鮮なタコ差しはレア状態で、コリコリとした歯ざわりがたまりません。

kamon6

強めに締められたサバのきずし、梅を使ってさっぱり煮込んだイワシの煮付け、旬のカキフライ、変わり種のハモのフライなど、魚介類の揚げ物、焼き物、煮物も充実。

kamon7

もちろん、クリスピーな串カツや、王道な味のどて焼き、具沢山の焼きそば、卵たっぷりのポテサラなどビールに合う品もバッチリラインナップ。

kamon8

自家製食べるラー油をかけた冷奴、上品なだし巻き、手作り惣菜4種盛り、たっぷりのおぼろ昆布と出汁に漬かった湯豆腐など惣菜系も抜かりありません。

家族経営でありながら、これだけのレパートリーを毎日回して行けるのはそれだけ多くの常連がしっかり付いているということの証明でもあります。店の歴史自体は浅いですが、既に風格みたいなものを感じさせる良店だと思います。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

花門居酒屋 / 中崎町駅天神橋筋六丁目駅天満駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!