大阪・関西のB級グルメガイド

何と上品なとんかつランチ「煮炊き屋みとん」@京町堀

何と上品なとんかつランチ「煮炊き屋みとん」@京町堀

ランチライムに職場から福島方面へ行くには、平野町を西へ直進してなにわ筋まで出るのが一番近道なのですが、その途中で見つけてずっと気になっていた店がありました。

miton

店の外見は見るからにオシャレで1周年の祝い花が飾られており、普段ならまずこういう店に自分のアンテナが立ったりはしないのですが、たまたま店の前にあったメニューを見てしまったのが運の尽き。

miton2

「煮炊き屋」と書かれていながらメインはとんかつで、もちろん煮炊き物が2品ついていて値段も税抜き800円と思ったほど高くはない様子。

雑誌の切り抜きも置いてあって、とんかつを出しているのは、店の女将さんの親がとんかつ店を営んでおられたのが所以らしく、それなら唐突な印象のとんかつにも期待が出来るなと思いました。

店に入ると、いかにも小料理屋という感じの小さな白木のカウンターがあり、表には若女将という風貌の娘さんが立ち、奥で女将さんが調理を担当されておられます。

miton3

ロースかヒレかをオーダすると、まず最初にすだれの入れ物に入った煮炊き物が2品出されます。箸をつけるのが惜しくなるディスプレイに目を奪われながら口に運んでみると、あくまで上品な味わいでいながらも、素材本来の香り、癖が感じられるのは流石です。

miton4

じっくり低温で時間をかけられて揚げられた茶美豚のヒレカツは、中がピンクに仕上がってとてもジューシー。塩とソースが添えられて好みの味でいただけます。もちろんあんかけ、漬物、ご飯、味噌汁も当然美味しくスキがありません。

miton5

こちらはロースカツの定食。もちろんこれも美味しいのですが、こういう低温でしっとり揚げられるとんかつの場合は、ロースよりもヒレのほうが適しているように思いますね。

ランチをやっているのは月水金のみ、しかもネット上ではほとんど名は知られてないのに満席で断られる方も多く、なかなか競争率が高い店なので早めの時間に訪れる事をお勧めします。

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

煮炊き屋 みとん洋食・欧風料理(その他) / 肥後橋駅本町駅渡辺橋駅

昼総合点★★★★ 4.0


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!