大阪・関西のB級グルメガイド

萱島立ち飲み三兄弟のラストは「酒楽」

萱島立ち飲み三兄弟のラストは「酒楽」

京阪萱島駅前は、何と3軒の立ち飲み店が密集しているところで、そのうち2軒が昼から飲めるという隠れた昼酒スポットでもあります。

京橋駅から寝屋川駅までの京阪沿線は、大阪の下町地域がずらりと並ぶところで飲み屋は多いですが、立ち飲みブームが来る以前からずっと営業している店が集中しているところは萱島以外にありません。

それも面白いもので、ちょっとアッパーな日本酒好きが集まる「日本酒飲めるとこ」、中間層の「呑喜」、そして一番ディープなここ「酒楽」とそれぞれ客層が異なった住み分けがされているのは良く出来ているなと思います。

でも客がディープとは言え料理に手抜きなく、ちゃんと凝った手作りのアテが多いのが酒楽の良いところでもあります。

オムレツは肉と玉ねぎがギッシリ詰まり、ポテトサラダは卵たっぷりタイプと、ニンニクとパセリが効いたタイプの2種類があり、豚バラ串かつは煮込んだバラ肉が入ってとても柔らかいです。値段はほぼ100円台から300円とあくまで底辺価格。

味噌を溶いたおでん出汁で煮込んだ牡蠣鍋は牡蠣たっぷり、イカと大根の煮物はこってり甘辛で酒が進みます。唐揚げは下味しっかりで大ぶりサイズ、高野豆腐の煮物も丁寧な味付け。

酒も大瓶が380円、ワインや日本酒が250円と、酒屋の直売所らしくリーズナブル。長居で管巻いている客もいますが(笑)、さっと飲んでさっと食べる日常的な使い方が似合うお店ですな!

詳細は「大阪・関西のB級グルメガイド 最近の更新店」
>>https://gourmet.gazfootball.com/recent.html

酒楽立ち飲み居酒屋・バー / 萱島駅大和田駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!