大阪・関西のB級グルメガイド

激流は消えたが京都では健在「極太清流らーめん」@西大路八条

激流は消えたが京都では健在「極太清流らーめん」@西大路八条

かつて難波で営業していた「激流」というラーメン屋は、オープン当初からずっとファンで良く通っていたのですが、いつからか体調不良で店を閉める日が多くなり、そのうち自然消滅のように店を畳んでしまいました・・・

その激流の元店主と、同じ名古屋の「ら・けいこ」で修行された店が、京都の西大路八条にあるという噂は前から聞いていました。しかも激流には無かった、汁なしまであるというのが嬉しいところ。

しかし西大路八条なんて京阪沿線の人間からすると気軽に行ける場所ではなく、見舞いのついでも難しくてなかなか行ける機会が作れませんでした。

今年たまたまGW中日に、会社的に休んで良い平日が出来たので、本籍地の書類をもらいに区役所へ行く用事のついでに京都までサイクリング。それでようやく訪問することが出来ました。

何故か温泉ののれんがかかっている外見。店主さんは毎日ブログを更新しておられますが、かなり内容が個性的というかいかにも偏屈そうで(笑)、ちょっとこわごわとした気分で入店。

汁なしと迷いましたが、やはり初訪問という事で基本のラーメン、肉メンマ入り。腹が一杯になると走れなくなるので、麺は半分でオーダー。

麺少なめにすると味玉半個が付くサービスは笑福っぽいですね。器はすり鉢そのまんまで、受け取る時にずっしり来ます。大なら気を抜くと落としてしまうんじゃ?

スープはやはり激流と同じクリアな豚骨醤油スープで、こちらのほうが少しダシ感が弱めでオイリーな印象、そして少し酸味を感じます。麺は多加水の極太、こちらは激流よりもさらにゴワッとした食感で、胃袋にガツンと来ますね。

かなり沢山乗ったメンマは麺に負けないように甘辛く濃い味付け。豚は大きなバラの一枚肉が炙られていて香ばしく、食べごたえは十分。野菜はかなり固めの茹で上がりで、男っぽさに溢れています。

ニンニクはノーマルの量でしたがそれでもたっぷり入っていて、香りというか臭いもかなりガツンと来ましたよ。

麺半分はさすがに少ないかなと思いましたが、豚の量と野菜・麺の硬さで十分腹がいっぱいになりました。今度は是非汁なしの方を食べてみたいですね。どうもご馳走様!

極太清流らーめんラーメン / 西大路駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!