大阪・関西のB級グルメガイド

ヨーグルティアで、鶏もも肉の塩麹コンフィ

ヨーグルティアで、鶏もも肉の塩麹コンフィ

発酵食品作りにハマっている嫁さんは、いつも鶏肉を塩麹に漬けたものを冷蔵庫に常備しているのですが、それをただ焼いたり揚げたりするのにもちょっと飽きたので、ふと思いついてコンフィを作ってみました。

鶏肉は麹をさっと洗い、水気を拭いてオリーブオイルとニンニク、ホールのブラックペッパー、乾燥ローズマリー少々、ベイリーフと一緒にジップロックに入れて空気を抜いて閉じます。

まだイドゥリしか作ったことがない(笑)ヨーグルトメーカーを引っ張り出し、ジップロックをお湯に沈めて65度で4時間。普通の発酵機だと温度はせいぜい40度台しか上がりませんが、65度なら十分低温調理にも使えますよね!

今から思えば、後でもう一度焼くのだからもうちょっと温度が低くても良かったですね。

出来上がったら取り出して、漬け汁は濾してからフライパンに入れ、付け合せのズッキーニとパプリカ、茹でたじゃがいもにからめて炒め煮します。

鶏肉は皮を下にしてフライパンで焼いてみたのですが、追加の油を引かなかったので焦げてしまいました・・・既にヨーグルトメーカーの加熱で皮の油が抜けていたんでしょうね。

出来上がりは肉がホロホロで味もよく染みていて、ワインにバッチリ合いはしたのですが、やっぱり皮目がパリパリに焼けてほしかったですねえ・・・

調理法も、モモ肉よりは胸肉のほうが適しているように思ったので、また色々再調整してチャレンジしてみたいと思います。


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!