大阪・関西のB級グルメガイド

素朴な山の味「さんしょ実噌、あわび茸の佃煮」@道の駅かなん

素朴な山の味「さんしょ実噌、あわび茸の佃煮」@道の駅かなん

土曜日に嫁さんが自宅料理教室をする時は、だいたい私と次女は朝から追い出されてしまう(長女はいつもクラブ活動)のが恒例になっております(笑)。

しかし最近は自転車でどこかに行くには暑すぎるし、足が痛くて歩きで出かける気分にもならず、私にしては珍しくドライブで暇つぶしをする事にしました。

まあ普通のお父さんなら、週末休みのファーストチョイスがドライブになるのだと思いますが、どうも私は駐車場を探してウロウロしたり行列に並ぶのが苦手で、しかも当然ながら道中は酒を飲めないし、そうなると食べたいものも限られてしまうので、あまり積極的に車を乗りたいとは思わないんですよね。

と言うわけで今回は致し方なく、ある程度まとまった時間のお出かけなので、せめて今まで未訪問の場所に行くかと思って決めたのが河南町にある「道の駅かなん」。

あまりにも有名な羽曳野の「道の駅しらとりの郷」の近くで、そっちは一度行きましたが入るまでの行列に辟易したので今回はパス。こちらはあまり混まなそうですからね。

行ってみると、建物はとてもこじんまりとしていて、羽曳野に比べると規模的には1/10ぐらいでしょうか。

野菜売り場は日よけを張った屋外で、何とものんびりした空気が流れています。真夏は暑いけど。

ハムやベーコンもあったけど、値段が結構するし原材料も比較的ありきたりなパターンだったのでパス。今回は、山椒味噌とあわび茸の佃煮をお買上げ~。パッケージには「さんしょ実噌」と、ちょっと語呂をかけてあるのが面白いですな。

ついでに、すぐ近所にあった「道の駅ちはやあかさか」へも立ち寄ってみましたが、さらに規模が小さくてほぼ一軒家の単なる雑貨店でちょっと笑ってしまいました。

でも種類は少ないけど野菜は安かった。大きなサイズの玉ねぎ3個が100円だったのでこれもゲット。

そして帰ってから、早速厚揚げとこんにゃくの田楽に山椒味噌を使ってみました。

ちょっと甘めの赤味噌の中に、生山椒の粒が入っており、噛んでいるとプチプチと実が弾けます。思ったより山椒が強くなくて、ほんのりとした刺激がアクセントになって料理を引き立てますね!

そして河南きのこ園のあわび茸佃煮は、もちろん炊きたてのご飯に添えて~。

保存料や人工甘味料を一切使ってない佃煮は、関西人好みの優しい味付けでくどさやしつこさが全くありません。シコシコ、クニュクニュとしたあわび茸の食感も楽しいです。

白ご飯にバッチリなのは当然ですが、Facebookのレシピにあったように炊き込みご飯に入れても良さそうですね。今度試してみましょうかね~。


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!