大阪・関西のB級グルメガイド

聖地にはかなわないけど、使い勝手良し「関内もつ肉店」

聖地にはかなわないけど、使い勝手良し「関内もつ肉店」

今回の横浜・東京出張の最終日、新幹線へ乗る前に立ち寄ったのが、これで3度目の訪問になる「関内もつ肉店」さん。

夕方の4時から空いていて早い時間なら並ぶ心配が無いのと、1本から頼めて種類が豊富なので、指定席を予約していて時間の余裕が無い1人客にはとても使いやすいんですよね。

まずは当然のようにホッピーでお疲れ様のプハー!

お通し感覚でキャベツを頼んだら、ドカッと1/8個分の塊が出て来てビックリ。肉味噌入りのマヨネーズがたっぷり添えられているので、250円でも満足度が高いです。

そしてここに来たら必ず頼んでいる炙り牛レバー。バーナーでの炙り度合いは自己責任で(笑)。

焼きは今まで頼んでない品を中心に、まずはカリカリの鶏皮。

鶏肉を使ったつくね。たたきという豚肉を使ったつくねもありますが、個人的には鶏のほうがジューシーに思えました。

脂が乗った牛ロース。これもニンニクと塩で。

最後に味噌ダレで焼いたカシラでホッピーを飲み干し、今回はおしまい。キャベツで結構腹が膨れましたね。

ドリンクと合計で2700円ぐらいと、あの聖地「宇ち多゛」を経験してしまうとコストパフォーマンスでは大きく見劣りはしますが、こちらは他の焼とん店に比べるとじっくりと時間をかけて脂を落としてくれるので、個人的には食べやすくて好きですね。

おまけとして、嫁さん用の土産を買うついでに崎陽軒のポケット焼売を新幹線用のアテに。

冷たくてもそれなりに美味しいですが、やっぱり温めて食べたい派ですかね~。

これでひとまず今回の出張レポートは終了。帰ってからの仕事は大変でしたが、いろいろ楽しめてよかったです。でも来年は若手にそろそろパスですかね~。

関内もつ肉店

関連ランキング:もつ焼き | 関内駅伊勢佐木長者町駅馬車道駅


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!