大阪・関西のB級グルメガイド

豚骨臭てんこ盛りの濃厚な一杯「博多一双」@阿倍野近鉄九州物産展

豚骨臭てんこ盛りの濃厚な一杯「博多一双」@阿倍野近鉄九州物産展

あべのハルカス近鉄百貨店で、水曜日から「九州大物産展第1弾」が開催中です。

そのイートインに、博多一双というラーメン屋が百貨店に初出店するという事だったので、ちょっと昼休みにチャリをぶっ飛ばして行ってきました。

本店はかなり豚骨臭が凄いという話らしいので、百貨店だとどうなんだろうなと思っていたら、会場に着くやいなや漂うツーンと来る豚骨臭・・・

いや、これマジで今後は百貨店の催事は出禁になるレベルの臭いですよ。周りの店にとっては営業妨害もので、よく近鉄のバイヤーは出店を決断しましたね~。

メニューは700円の豚骨ラーメンと、1000円の味玉チャーシュー麺の2種類。私はもちろん豚骨ラーメンのほうで。

催事という事もあってか、麺の硬さ指定や替え玉は無く、コショウや紅しょうがといった卓上オプションも皆無なのがちと残念ですね。

出て来たラーメンは、催事のウリ文句であるアワアワカプチーノ状態では無かったですが、油分もたっぷりで見るからに粘度の高い濃厚な純豚骨スープです。

一口スープを飲んでみると、天神旗の「老10」を思わせるような呼び戻しスープ独特の発酵臭がガツンと来て、豚骨で胃袋を殴られているようなインパクトがあります。博多とありますが、長浜よりは明らかに久留米寄りのタイプですよね。

でも呼び戻しスープ独特の甘みや奥深さは単なる豚骨スープには無いものがあり、どんぶりの底の方には骨粉まで溜まっていて、それをかき混ぜながらスープをすくうレンゲの動きが止まりません!

麺は柔めであまりコシが無く、海苔とキクラゲはまあ賑やかし程度ではありますが、このラーメンの主役はスープですからね。でもチャーシューは豚バラで博多風にしては意外と厚みがあります。

あまり大きな期待はしていなかったので、ここまで本格的な豚骨バリバリのラーメンだったとは嬉しい誤算でした。

決して万人向きではないし、土日でも北海道展のラーメンほど長い行列にはならないと思うので、豚骨好きなら是非開催中に訪れてみてください!

博多一双 博多駅東本店ラーメン / 博多駅東比恵駅

昼総合点★★★★ 4.0


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!