大阪・関西のB級グルメガイド

いかにも今時な戦略の人気立ち飲み「金獅子 堺筋本町店」

いかにも今時な戦略の人気立ち飲み「金獅子 堺筋本町店」

今から5年前ぐらいに、西中島南方に「金獅子」という立ち飲み店がオープンして人気になっているという噂を聞いていて、いつか行こうと思いながら早くも幾星霜・・・

もうそんな情報を忘れかけていた頃に、仕事場の近所である堺筋本町に支店が出来たと聞いて思い出し、やっとこさ通う事が出来ました。

ほとんどの料理メニューは290~390円という値段ですが、酒は焼酎が300円、生ビールや黒ビールが小さめのジョッキで390円、地酒は豊富だけど1杯450円からと、コスト割れの目玉料理で客を集め、それ以外のメニューと種類豊富な酒で利益を稼ぐという、いかにも今時コンサルが考えそうな戦略だなと。

当然、コストパフォーマンス重視な私としては、その目玉と思しきメニューを重点的に攻めていただきましたよ(笑)。

まずは午後7時まではマジックアワーと称し、アテ3品セットに好きなドリンク1つが付いてワンコインのサービスメニューは必須。

中身も手抜きなく、ポテサラ+南蛮漬け+韓国風モツ煮込みや、ナスの煮浸し+牛肉の赤ワイン煮込み+魚の天ぷらなど、日替わりでバリエーション豊富。

そしてこの店一番の看板メニューである390円のビフテキ。当然輸入肉ながら150gはありそうなボリュームは満足度パーフェクト!

少し臭みはあるものの鶏肝造りもこのボリュームで390円だから自然と笑いがこぼれます。

ネットリしたチレ刺し、コリコリのミノ刺しも、他の店ならこの値段ではとてもいただけません。

390円の鶏南蛮はモモ肉1枚が豪快に揚げられボリューム満点。

卵3個は使ってそうな巨大納豆オムレツもたったの350円です。

ゲンコツ大のミンチカツは290円で、脂が乗った炙りシメサバに至っては120円ですよ!

締めにありがたい鳥スープは1杯5円でほぼタダのようなもの(笑)。

豚肉を使った肉吸いも、大きめの鍋に入ったこのサイズで1人前ですからね~。

酒の種類は豊富ですが全体的に高めなので、1人でじっくり飲むというよりは、仲間内でメシ中心にワイワイ楽しむのがオススメかと思います。

立喰酒場 金獅子 堺筋本町店立ち飲み居酒屋・バー / 堺筋本町駅本町駅谷町四丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!