大阪・関西のB級グルメガイド

こばやしりょーじ

242/244ページ

さぬきうどんの名店、飯山の木村が閉店

  • 2005.03.02

せっかくさぬきうどんコンテンツをアップしたというのに、ちょっとショッキングなニュースです・・・ 製麺所やニューウェーブ店ばかりにマスコミの注目が行く中、この木村のような、昔からうまいうどん店として地元に愛されてきたような一般店が無くなってしまうのは寂しい限りです。 特に木村は、のどかで古びた店の雰囲気とうどんの質、そしてちょっと独特のローカルルール(笑)と、全てにおいて味わい深い趣を感じさせてくれ […]

風邪グルメ

  • 2005.03.01

ようやく、扁桃腺炎も併発したおかげで2週間ほど悩まされていた風邪が回復に向かってきました。今年の風邪はかなりタチが悪いようで、それほど高熱も出ない代わりにダラダラと咳や鼻水が出て、すっきりしない状態が続いてつらかったです。 おかげでここ最近は、寒さもあって遠出をする気が起こらず、近くの飯屋で適当に食事を済ませてしまってあんまり新規開拓をする事が出来ませんでした。 ところで、風邪の時の食事と言えばお […]

香川さぬきうどんの旅

  • 2005.02.23

突然ですが、本サイトのほうに香川県のさぬきうどんのコンテンツを追加しました。 かように、何度も香川を訪れては本場のさぬきうどんを食べに行くぐらい好きなのですが、実はあんまり大阪にあるさぬきうどんで食べようとは思わないんですよね。 とは言え、「浪花麺だらけ」にある麺通団とか、難波にある「釜たけ」や、はなまるうどんも食べに行った事があるのですが、やっぱりどうもピンと来ません。 もちろん、水の違いなどか […]

餃子の王将、王将の餃子

  • 2005.02.21

私が幼少の時期に育った場所の近所には、物心がついたときから「餃子の王将」がありまして、よく父親が仕事の帰りに餃子やから揚げを買ってきてくれたり、自分が親に頼まれてお使いに行ったりしていました。 当時は餃子一人前が100円しなかったと思いますが、王将も今では、他のメニューの値段がめっきり高くなってしまったにもかからわず、餃子1人前が180円というプライスを保っているのは偉大という他ありません。 もち […]

大阪飯店

  • 2005.02.18

その昔、阪神百貨店や新阪急ビルの裏手、今はちょうどイーマがあるあたりに、闇市の名残らしい非常にボロい飲食店街がありまして、その中に「まるい飯店」という100円餃子と100円ラーメンが名物の狭くて汚い店がありました。立ち退き後は大阪駅前ビルのテナントになり、今はどうやら兎我野町に移っているようなのですが、めっきり綺麗になって値段も上がってしまったようですね。 さらにマイナーな話題をすると、そのまるい […]

世界チーズ商会@天満橋

  • 2005.02.16

と書くと、ゴーダやエダムなどの赤や黄色をした丸いチーズがうず高く山のように積まれている店内で、何やら怪しげな日本語をしゃべる白い口ひげを生やした外国人が踊っているようなイメージを思い描いてしまうのですが(笑)、実は関西で定評のある梅田阪急百貨店のチーズ売り場を仕切っているところだったりするんですよね。 その本社が、京阪天満橋駅の少し西側にあるのですが、そこにはお買い得チーズが売られている小売コーナ […]

大阪・鶴見の中国朝市

  • 2005.02.14

鶴見区と門真市の境、中央環状線沿い茨田大宮1丁目あたりに、日曜の6時から10時ごろまで、中国系というか中国残留孤児の帰国子女の人たちによって朝市が行われています。 最寄駅は地下鉄鶴見緑地線門真南駅で、はなぽ~とブロッサムから中環沿いを南下し、諸口西交差点を西側に渡ってすぐ北に行ったところにあります。 もともとは、中国残留孤児の優先受け入れ先となっている門真団地が近い事から自然発生的に誕生したらしい […]

阪神百貨店恒例の駅弁大会

  • 2005.01.26

260種もの駅弁が登場する、日本一の駅弁大会がいよいよ明日から阪神百貨店で始まりますね。 私も昔は結構鉄道好きだったので毎回この催しを楽しみにしているのですが、ことB級グルメの観点からすると、やはり駅弁はあまりコストパフォーマンスに優れているとは言えません。 それはやはり、それぞれの駅弁が持つマーケットや業者の事業規模が非常に小さくて、コンビニ弁当のように大量生産によるコストダウンが望めない事と、 […]

味名人

  • 2005.01.20

せんば心斎橋筋の丸善の向かいにあるビルの地下にある居酒屋。 ここの「かつめし」がテレビや雑誌で取り上げられて有名らしいので昼に行ってみました。店の外にはこの店が紹介されているテレビの録画が延々と流されています。テレビ局の許可を得ているのかな? その店ご自慢の750円のかつめし定食は、直径20cm強はある大きなお椀にご飯と海苔と錦糸玉子が盛られ、その上に覆い被さるように大きなカツが載っているといった […]

KALUTARAオフ会

  • 2005.01.17

先週の土曜日は、関西カレー三昧管理人兼関西グルジリ部長兼KALUTARA広報部長(?)のK1郎さんが主催された、KALUTARAでのオフ会に行ってきました。 いつも関西グルジリでおなじみのHaggieさんや、こまつさん以外にもたくさんの方がいらっしゃいましたが、皆等しくカレー好きという事もあって、まるでお互い何年もの知り合いのような和やかな雰囲気で楽しかったです。つーか、みんなスリランカビールとス […]

高津宮「とんど祭り」

  • 2005.01.11

1/10に谷町9丁目の近くにある高津宮で行われていた、「とんど祭り」を見に行ってきました。 この祭りの目玉は、自称「日本一の屋台」と誇っている通り、枡田やもめん、うずら屋、ラ・トォルトゥーガ、リストランテ・イタロ、遊山、乾隆亭といった大阪の有名どころのレストランが、境内に一日限りの屋台を開くという点にあります。 これらの店が出す料理がメインなのはもちろんなのですが、味にうるさい店が出しているだけあ […]

新年のご挨拶

  • 2005.01.05

皆様、新年明けましておめでとうございます。 では正月にまつわるネタを・・・と書きたいところなのですが、三が日はのんべんだらりの寝正月で、外も急激に寒くなったので本サイトのB級グルメ探索もほとんど進まず、全くネタがありません(笑)。 と言うわけで、年末の正月用食料マーケット徘徊の感想を。 今回は、気温がかなり冷え込んだためにあまり遠出をせず、近場の黒門市場や鶴橋市場、近鉄百貨店などを回ってみました。 […]

樽・金盃

  • 2004.12.28

グルメ時代となった最近では、日本酒や焼酎などの日本古来の酒も、醸造法にこだわった高級プレミア銘柄がどんどん生まれてdancyuのような雑誌で特集されたりして、居酒屋などでも小さなガラスの器に入れられて貴重品のような扱いで出てくる事も多いですが、まあそれはそれで良いとしても、全部が全部そういうグルメ指向になってしまうのはどうかなと思ったりもします。 そんな中で、オヤジ御用達の立ち飲み店がずらりと並ぶ […]

おせち料理

  • 2004.12.24

この時期、デパートなんかに行くと「有名料亭の高級おせち」のフェアが凄いですね。そして、豪華な見本に付けられている値段を見れば、5万とか10万とか物凄い値段が付けられていたりしますが、いったいどんな人が買ってるんでしょうかね? まあ、吉兆とかなだ万とかなら、名前も値段のうちかなと思って納得できなくは無いのですが、「とんかつのKYK」のおせちが2万とかするのを見ると、どこでも商売なんだなあとちょっと笑 […]

大阪の行列

  • 2004.12.16

大阪人の嫌いな事ランキングを挙げてみたとすると、まず間違いなく「待つ事」がベスト3に入るんじゃないかと思います。 電車の整列乗車を守らない人は多いですし、何しろ阪神高速道路の環状線では車線変更とは「車間に車の頭を突っ込む事」を意味しますからね。 当然、それは飲食店を訪れる時も同じでして、私なんかは京都生まれで生粋の大阪人ではないので、行きたかった店が混んでたりすると待ち時間によっては待つ事も仕方な […]

1 242 244