大阪・関西のB級グルメガイド

大阪市

101/103ページ

がんこラーメン18代目柑橘系スープ

  • 2005.09.02

一昨日は、おなじみがんこ18代目ラーメンで8月に期間限定でやっていた、柑橘系スープの最終日と言う事で行ってまいりました。 もちろん、最終日の訪問になってしまったのはいつもの忘れぐせのせいです(笑)。まあ、最近は雨やら出張やらが多かったですしね・・・ととりあえずお決まりの言い訳をしてみたり。 それはさておき、今日の柑橘系スープは「白ワインとかぼす」のようです。前回の塩ノーマルがマイルドに感じた事もあ […]

「宗家一条流がんこラーメン十八代目」アゲイン

  • 2005.07.30

夏になって汗をかくと、やはりどうしてもしょっぱいものが食べたくなるわけで、そうなるとまず第一に頭に浮かぶのはラーメンなわけで、その中でも格別にしょっぱいのが・・・ というわけで己のリビドーに従ってまたがんこに行ってしまいました(笑)。 前回食べた唐辛子油は期間限定だったようで、今日は塩のノーマルにネギ油を注文。どうやら今日のチャーシューは巻きホロホロタイプではなく、角煮トロトロタイプのようです。 […]

立呑み処・なかを

  • 2005.07.13

つい昨日に本サイトに情報をアップした店ですが、最近では久々に衝撃を受けた立ち飲み店ですね。 ぶっちゃけ、グルメガイドのサイトを開いてからあちこち新規開拓に走り回ってはいるのですが、やはりネットを始めとするいろんな情報から判断し、何度か通ってみて良かった店をサイトに載せるという方針なので、最近は新規情報も枯渇気味で少しネタ切れ感を感じていたりしていただけに、ここのようなたまたまふらりと寄った店が当た […]

「しゃんらん」の中華風カツ飯

  • 2005.07.11

ここは、Googleで中華風カツ丼について検索した時に見つけた店です。検索結果では残念ながら、ここ以外では大阪じゃないところしかありませんでした。つまりここが大阪の中華カツ丼最後の希望というわけです(笑)。 そういう一縷の望み(<大げさ)を抱いて注文してみましたが、出てきたのは普通の皿にご飯と小ぶりのカツ、そこにあっさりした塩味の餡がかかっている代物でした。う~ん、これじゃないんだよなあ・・・ し […]

立ち飲み「まつ」

  • 2005.06.30

鶴橋駅西側の老舗「源氏」のすぐ横に出来た立ち飲み屋。 串カツ1本70円という看板に惹かれて入ってみたのですが、さすがに新しいだけあって、カウンターのみの店内ながら清潔感があります。 しかし、酒の値段を見るとビール大瓶が500円にチューハイが400円とあまりお安くない値段。それに、串カツも70円なのは野菜のみであとは全て120円以上です。 むむっと思いつつもまずは定番のどて焼きを頼んでみると、これが […]

宗家一条流がんこラーメン十八代目 その4

  • 2005.06.16

「またがんこか!」 ととりあえずセルフツッコミをしておいて(笑)、今回は塩20の唐辛子油を試す事に。 やはり塩20だと、ほとんど塩加減は普通のラーメンと同じレベルになりますね。メンマの味わいや香り、スープのダシの出具合もはっきり分かります。 当然、インパクトという面では凡庸になってしまうのは否めませんが、それでも唐辛子油のおかげか塩ラーメンに良くある単調さからは逃れられています。 普通の塩加減で、 […]

大名そばの「うまいそば」

  • 2005.06.13

実に不思議な光景です。 船場センタービルの地下、それも堺筋本町に近いところというおよそ観光客が寄り付かない場所、そこの何の変哲も無い大バコのそば屋が昼時には常時満員状態、そして次々に客が回転しているのです。 当然、そば屋なのできつねそばなどのいろいろなメニューがあります。しかし、次々に押し寄せる客たちはメニューやサンプルを一瞥だにせず、ほとんど全員が「うまいそば」という一品だけを頼んでいるのです。 […]

エスニックインスパイアード立ち飲み「活力屋」

  • 2005.06.06

「浪花お好み焼き三昧」さんが注目店として取り上げられていた「活力屋」さんに、私も早速行ってみました。 この近辺エリアは実は勤務先とは目と鼻の先にあるのですが、上町台地の上にあるために自転車だと坂を登らねばならず、何かこの店に行くのだというはっきりした目的が無いと行きにくかったりするんですよね。 なのでこの店も浪花お好み焼き三昧さんが取り上げられるまで存在を知らなかったのですが、最近オープンした様子 […]

宗家一条流がんこラーメン十八代目 その3

  • 2005.06.03

前回の予告どおり、がんこ十八代目で醤油40のエビ油を食べに行ってみました。公式Blogによると40というのはタレの濃さの割合で、何も言わないと30になっているのだそうです。 我ながらがんこ通いはハイペースだなとは思いますが、なんせ昼休みに自転車で走り回ってる身としては、外に出にくくなる梅雨や真夏がやって来る前に遠方?の課題は消化しておかねばなりませんからね。 その醤油の40ですが、塩辛さの感覚とし […]

宗家一条流がんこラーメン十八代目

  • 2005.05.22

大阪の(数少ない)ラーメンファンの間で話題が沸騰している、なんばグランド花月の南側に出来た「宗家一条流がんこラーメン十八代目」ですが、早速私も食べに行ってみました。 入口は「大阪一うまいたこ焼きや」の隣にあり、がんこ特有の黒い店構えに骨がつるしてある地味な外見が完全に埋没してます(笑)。これでは一見の客はほとんど入らないでしょうね・・・ 店内は狭いカウンターのみですが、厨房は比較的余裕があって清潔 […]

亀やの「青いみたらし団子」

  • 2005.05.19

JR寺田町駅から少し西に入ったところから始まる、生野本通商店街をずっとずっと西に行くと、その店はある・・・はずなんだけどなあ・・・ と初めて訪れる人は必ず一度は前を通り過ぎてしまうぐらい、下町の商店街にずっぽりと溶け込んだ、間口が小さくて目立たない店。 しかし、あまり人通りが多くないこの商店街にあって、この店には珍しくコンスタントにお客さんがやって来ます。 皆の目当ては、1本わずか40円2種類のみ […]

鶴橋のキムチ談義Part2(パゴダ白雲・オモニのキムチ)

  • 2005.05.16

前回のキムチに関するエントリーで、パゴダ白雲とお好み焼きオモニのキムチがおいしかったけど店で食べるしかない、というような趣旨を書いたのですが、その後の調査で実はキムチの持ち帰りのみで購入が可能な事が判明しました(笑)。 それで、早速2店のキムチを試してみました。値段はどちらも直径20cm弱の塩ビケースに入って500円程度と手ごろなお値段です。 まずパゴダ白雲のキムチですが、口に含むと強烈な魚介類の […]

「龍門」の天津カレーチャーハン

  • 2005.04.27

大阪の金融街である北浜の中心にある、1Fに丸福珈琲店が入った蔦のからまるレトロなビルの地下というロケーション。 その渋い外観からすると、中はいかにも歴史ある落ち着いた空間が広がってくるように思うのですが、いきなりその幻想は階段の天井に頭をぶつける事で打ち砕かれます(笑)。 頭をさすりつつ店の戸を開けると、左手には座敷、そしてL字型に途中で曲がったフロアには所狭しと椅子とテーブルが並べられ、ランチタ […]

「グリル・マツカワ」の豚カルビ丼

  • 2005.04.21

ここは何度か巨大なとんかつやポークグリル、CPの高いチキンカツなどを食べに訪れていたところだったのですが、「浪花お好み焼き三昧」さんでのこの店のエントリーを見て、「そういや新メニューの豚カルビ丼を試していないや」と思い立ち、食べに行ってみました。 正直、値段からしてあまり内容を期待していなかったのですが、それはかなり嬉しい方向に裏切られました。 テーブルにやって来たそのブツは、大き目の丼の上に酢に […]

「ニューハマヤ」の焼肉定食

  • 2005.04.12

二回目はさすがに正攻法で(笑)。 大阪の伝説的B級メニューと言えば、やはりニューハマヤの存在を外すわけにはいきません。 大阪市中央区のごく近いエリアに平野町、横堀、北浜と3店が密集し、しかも揃って目立たず分かりにくい店構え。 どこもメインがおひつ飯がついた焼肉定食でありながら、それぞれ微妙に違ったメニューと味と価格。 店の奥の鉄板では、シェフのおっちゃんが大量の肉や卵と格闘しています。そしてカウン […]

1 101 103