大阪・関西のB級グルメガイド

ブログをリニューアル

  • 2007.01.23

最近、いい加減トラックバックスパムがうざくなって来たのと、旧ブログで使用していたMovableType3.01と、サッカー用に導入した最新の3.33との機能の違いに愕然としたので、こちらでも3.33を導入する事にしました。 一度、別のフォルダに新しいバージョンを入れてそこでサイトを構築しなおし、FTPで一気に入れ替えるという作戦を立てたので、うまく行かなかったらパニックになるなと覚悟していたのです […]

九十九堂本舗のクリームパン@守口京阪百貨店

  • 2007.01.22

昨日、たまたま守口の京阪百貨店に立ち寄ったところ、催事場で「味の再発見」という関西の物産展をやっていて、その中に巷で評判の「九十九堂本舗のクリームパン」があるのを見つけ、それもたまたま行った時間の15分後ぐらいに再販売開始というのを聞いたので、一度買ってみることにしました。 そのクリームパンの添え書きを見ると、冷蔵庫でよく冷やして30秒ほどオーブントースターで温めてくださいと書いてあったので、不思 […]

ぢどり亭のチキン南蛮定食

  • 2007.01.16

昨日の昼は、何故だか急にチキン南蛮が食べたくなり、ほっかほっか亭に寒い中並ぶのは嫌だし、かと言って先日本サイトにアップした煌楽だとから揚げのほうがメインになっちゃうし(笑)で、博労町3丁目にある「ぢどり亭」でチキン南蛮定食を食しました。 肉質自体はそれほど悪くは無かったものの、サイトを見て想像していたものよりもチキンの大きさは小さかったし、それほどおかずがアツアツというわけではありませんでしたが、 […]

焼鳥屋「煌楽(きらく)」のランチと中華「天心」

  • 2007.01.09

遅ればせながら、皆様明けましておめでとうございます。今年もBlogのほうは相変わらずぼちぼちとやって行きますのでよろしくお願いします。 今年最初の更新はまずこの2軒。 煌楽(きらく)は、西中島南方にある「一番どり」の姉妹店で、名物メニューである「テンカラ」をここでも出しておられます。 登録商標までされている「テンカラ」というのは、もともとは10個のから揚げを意味する言葉らしいのですが、800円のテ […]

ラーメン「若松」と洋食屋「グリル佐野惣」

  • 2006.12.26

年末進行(笑)で今回はさらに早めの更新です。 まず若松についてですが、これは本当に久々に驚かされたお店でした。 なにせ、店構えが単なる掘っ立て小屋(失礼)で、店の中は厨房と食事場所の区分けが無く、店内の端っこの大鍋でラーメンが作られ、真中には黒々と煮込まれたおでんの丸鍋が鎮座しているような状態。この平成の世の中に、こんな店があったとは! ラーメン自体は、「光洋軒」からの暖簾分けと言われているように […]

財部(たから)の元祖かつ重

  • 2006.12.21

千日前エリアから四ツ橋筋を西へ渡ったところにある、どういう基準か良く分からないけれど、「かつ重」の元祖という触れ込みの店です。 そのかつ重の売りは、トマトのビネグレットソースで味付けされている事らしいのですが、食べてみると何故か少し酸味が利いた味噌カツの味がするのが不思議です。まあ、最初から味噌カツなんだと思えばなんてことはないのですがね(笑)。 そんな重箱の隅をつつくような話を抜きにすれば、ロー […]

まいどおおきに食堂のリニューアル

  • 2006.12.18

浪花お好み焼き三昧さんの記事で、「まいどおおきに食堂」がスタイル替えをしているとの話が書いてあったので、これはそのうち確かめてみないとと思っていたのですが、ようやく内平野町の店に訪れる機会が出来ました。 店の表には大きな羽釜がしつらえてあって、釜で炊いたご飯と言うのを大々的にアピールしています。そして店内に入ると、入口脇に玉子焼き器とコンロが置いてあり、注文の度に焼いてくれるようになっています。 […]

「ビストロSOMEYA」と「住井商店」

  • 2006.12.15

ビストロSOMEYAは、洋食激戦区である南森町の中でも、特にコストパフォーマンスに優れた店です。 まず特筆すべき点としては、こぎれいな洋食店にしては珍しく全てのメニューにご飯がついていて、しかも大盛りと言うところが非常に好感が持てますね。ご飯がツヤツヤとしてておいしいのもポイントが高いです。 そして、600円代の安い価格帯のメニューでも、軽くサクサクとした口当たりのカツがたっぷりと盛られている一口 […]

復活!ランチタイムの牛丼@吉野家

  • 2006.12.13

今日は天気も悪いし、体調も相変わらず低空飛行なので、ランチは遠出をせずに近くの吉野家でランチタイム限定で通常販売が行われるようになった牛丼を食しました。 前回、5日間のみの復活祭で食べた時よりも、肉質がBSE前の牛肉に近づいているような気がします。だんだん供給が安定してきたんでしょうね。 てなわけで味についてはまずまず満足したのですが、牛丼がスペシャルな存在で無くなってしまうと、やはり並盛で380 […]

トラックバック・ツールとやら

  • 2006.12.11

ふと思うところがあって、何となくBlogのタイトルとレイアウトを変更してみました。 Blogと言えば、最近は場末のこのBlogにも、記事中に何一つこちらに関するリンクが貼られていないにもかかわらず、トラックバックを送ってくる人が増えてくるようになりました。 どうもいろいろ調べてみると、世の中にはトラックバックツールなるものが存在し、それを使うと記事中にあるキーワードに関連したBlogをリストアップ […]

キャトルラパンのステーキランチ

  • 2006.12.08

とあるBlogで話題になっていた、北新地にあるキャトルラパンという創作フレンチの店が、ランチタイムに180gのリブステーキを680円という信じられない値段で出していると言う事で、いそいそと出向いてみる事にしました。 場所はまさに「これぞ新地」と言うべき、スナックやラウンジが軒を並べる雑居ビルの5Fという、普段の私にとっては縁もゆかりも無い場所でやや緊張。ビルの外に置かれた看板には880円と値段が書 […]

トマトと玉ねぎのラッサムと小松菜のにんにく炒め

  • 2006.12.04

実を言うと、この料理を作って食べた後に体調を崩してぶっ倒れてしまったために、今はあんまり思い出したくない料理なんですが(笑)、せっかくカメラで撮ったので忘れないうちに載せる事にしました。 あ、当然ながら直接的にこの料理で体調が悪くなったというわけではないので念のため(笑)。 小松菜は、にんにくを効かせてクミンのホールと鷹の爪で炒めました。ラッサムは日本のご飯にかけるために、やや酸味を押さえて塩味を […]

「讃岐一番」と「有限会社つつみや」

  • 2006.12.01

今回の更新はうどん屋2連発です。 最近は私生活が忙しくて疲れ気味なので、どうしてもあっさりした物を昼食に選ぶ事が多いのですが、そんな中から選んだこの2軒。 讃岐一番は、本サイトにも書いてますが、まんま香川にある製麺所セルフそのもので、場所も大通りに面した看板が無ければまず分からないだろうと思われる立地も本場そのものです(笑)。 今では、同じ門真のきぬ川とか、いまやすっかり有名店の釜たけうどん、北区 […]

チャナ・マサラカレー

  • 2006.11.21

あいにく写真は無いですが、またもやカレー作りの話です(笑)。やはり一度カレーを作ってしまうと、あれもこれも作りたくなって、一気に怒涛のマイブームになってしまいますよね。 今回は、最近何度かやっている南インドスタイルではなくて、渡辺氏のレシピに従って作った、北インドスタイルの菜食カレーです。 チャナ豆、つまりひよこ豆については水煮缶を使いましたが、トゥールダルを煮るのに比べて本当に楽でしたね(笑)。 […]

「一夢庵」と「麺屋7.5Hz」

  • 2006.11.16

今回は少し早めのペースでの更新です。 一夢庵は、夜は普通の焼鳥屋なのですが、ランチに鶏のもも肉を焼いたものに15種類もの味付けが選べるワンコイン定食をやっておられ、これが大変な人気を博して昼時に長い行列を作っている店です。 やはり15種類もソースがあると、1度きりだけでは飽き足らなくなるのか、毎日通うような常連もたくさんいるのも頷けます。私も既に5回は行きましたが、それでもまだ1/3しか試せないん […]

1 228 242