大阪・関西のB級グルメガイド

富山駅 ますのすし本舗 源「ぶりかまめし吹雪」@阪神駅弁大会2018

富山駅 ますのすし本舗 源「ぶりかまめし吹雪」@阪神駅弁大会2018

ダラダラと続けて来た駅弁レポートも、今回でようやく最終回です。トリを飾るのは、富山駅 ますのすし本舗 源「ぶりかまめし吹雪」(1200円)。

同じ会社で出している「ぶりのすし」という、郷土料理のかぶら寿司をアレンジした押し寿司があるのですが、そのぶりのカマ部分を圧力鍋で骨が崩れるまで柔らかく煮込んだものがドーンと乗っかっている駅弁です。

去年までは、ワサビ風味の酢飯とワカメの上にぶりかまが載ったノーマルタイプが販売されてましたが、今年は酢飯の上にブリのそぼろをふりかけ、酢で締めたカブラ、そしてズワイガニを散らした「ぶりかまめし吹雪」という豪華版が提供されていました。

色良く煮込まれたぶりかまの周りに、赤いズワイガニが散らされた見た目は、とても鮮やかで目にも美味しい駅弁ですよね。

食べてみると、ぶりかまは相変わらず箸で全く抵抗なく切れるぐらいに柔らかく、脂もしっかり乗っていて申し分ない旨さです。かま部分だけレンチンして温めると、脂の香りが立ってひときわ美味しくなりますよ!

ご飯部分は・・・ちょっと自分の好みからは甘過ぎるきらいがありますかね~。カブラの酢漬けやカニも甘いので、これだけ食べていると結構辛いものがあります。

でも甘辛いブリと一緒に食べるとご飯の甘さが緩和されるので、交互に食べていくとあまり気にならなくなりましたね。楽しくいただきましたけど、これで100円高いならノーマルの方で十分かなとは思いました。

さてこれで今年の駅弁大会レポートは終わり、今年も美味しい駅弁に出会えて満足でした。また来年も楽しみにしております!

ますのすし本舗 源寿司 / 布市駅小杉駅(地鉄)開発駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5