「漫天兄弟」@東寺 平日しか食べられない家系ラーメン

スポンサーリンク
家系ラーメン
スポンサーリンク

この日は、平日に休みを取って京都でチャリを駆って銀行回り。

あまり昼飯に時間をかけている余裕が無いので、昼は久々に七条大宮のとんかつ一番で平日のみ提供の日替わりランチにしようと思ったら、あいにくの臨時休業・・・

代替案を考えていなかったので、どうしようか路頭に迷ったのですが、そういや平日にしか開いていない家系ラーメンの店があったなと思い出し、九条西洞院の「漫天兄弟」までやって来ました。

実はGW期間中にも立ち寄ってみたのですが、ずっと休みで断念したんですよね~。今回は無事オープンしていて良かったです。

このお店、特に家系ラーメンを標榜しているわけでなく、あっさりとか中華そばとか、家系以外のメニューもあったりするのですが、ネットで店名を検索すると完全に家系の店扱いになっているのが面白いですよね。

もちろん、私のオーダーは家系ラーメンにあたる「こってり」で。ライスは有料ですが、50円でミニサイズがあるのでそれも追加しました。

光の加減で完全に色が飛んでますが、左上にミニライスが付いています。

スープはいかにも家系らしい、ゼラチンのとりみを感じるオイリーな醤油豚骨。旨味はバッチリ出ていますが、一般的な家系に比べると甘みを感じるのが特徴的。

麺も家系らしいブリっとした多加水の縮れ平打ち太麺。肩ロースのチャーシューは大ぶりでホロホロと崩れるように柔らかい仕上がり。

海苔は「紫蔵」と比べると薄くてちと貧弱。ほうれん草は生を茹でたものがたっぷり目に入っています。あとはうずら卵。

前回訪れたときは、この後に打ち合わせが入っていたのでニンニクを入れられなかったのですが、今回はしっかり入れさせてもらいましたよ。

あまりアクセスが良い場所では無いですが、ランチタイムの店内はお客さんで満員。地元客の人気を集めているのも納得のクォリティですな、どうもご馳走様!

関連ランキング:ラーメン | 東寺駅九条駅十条駅(近鉄)

コメント

タイトルとURLをコピーしました