大阪・関西のB級グルメガイド

和風豚骨ラーメン「自己流ラーメン 綿麺」@松原

和風豚骨ラーメン「自己流ラーメン 綿麺」@松原

ちょっと寝坊して藤井寺周辺の食い物情報を調べている時間が無かったので、昼飯はどうしようかと迷ったのですが、ふと15年ほど宿題になっていた店のことを思い出しました。

昔は南河内方面には本格的なラーメン店が少なく、その中でまだ珍しかった豚骨魚介つけ麺を提供する店としてラーメンファンに知られた存在でした。

ただし、その当時の水準からすると値段が高めで、私語・携帯禁止などのマイルールが厳しい店と聞いていたので、二の足を踏んでしまって以来、今まで未訪問になっていたんですよね。

最近、ふとしたきっかけでこの店のことを思い出し、奥さんがやってるTwitterなんかも見てみて、今は空気がソフトになって来たような気がしたので、やっとこさの初訪問に踏み切りました。

場所は中央環状線から松原インター付近で西側へ入ったところにあり、店の前には2台ほどの駐車場があります。

入って右側に券売機があるので、まずはそこでオーダー。今回は店の売りであるつけ麺じゃなくて、和風豚骨ラーメンにしてみました。

開店から15分ほど経ったぐらいに着いたのですが、行列は無くてすぐ着席出来ました。でもすぐに満席となったのでラッキーでしたね。

カウンターにはアクリルで仕切りが作ってあって、箸は1膳のみ置かれてあって、ソーシャルディスタンスが図られています。

さて和風豚骨ラーメン。まず感じるのはかなり強めの豚骨臭で、ベースの豚骨スープが無鉄砲並の濃厚さである事が想像できます。そこに煮干し主体の魚介ダシがブレンドされ、豚骨臭の割には飲みやすいスープに仕上がっています。

麺はプリプリの多加水太麺。チャーシューはローストされたバラ肉の薄切りが2枚で、肉質は良いですが食べごたえには欠けますね・・・あとは味玉半分、さらしたたっぷり目の白ネギ、カイワレという構成。

値段からすると具の内容はやや寂しいですし、味自体に新しさは無いですが、全体的に丁寧な作りだと感じます。また来る機会があれば、今度はつけ麺を頼んでみましょうかね。どうもご馳走様!

自己流ラーメン綿麺

関連ランキング:ラーメン | 河内松原駅


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!