大阪・関西のB級グルメガイド

あいりん・萩之茶屋

1/2ページ

権兵衛@新今宮のホルモン焼きそば

  • 2019.04.20

JR新今宮駅のガード下には、ずっと仲良く3軒の飲み屋が並んでいたのですが、そのうち真ん中の「いわたや大衆食堂」だけがずっと閉店している状態で、少し寂しい情景になってますな。 今回、訪れたのは左端の「権兵衛」さん。 西成あいりん地区でホルモンというと、「やまき」や「マルフク」など安い店がいろいろあるので、ここ数年は完全にご無沙汰していました。 久々に訪問してみると、地元の労働者な方々でいつも賑わって […]

残り少なくなった真の”釜ヶ崎”「きらく」@西成あいりん

  • 2019.03.30

しかし最近のYoutuber人気は凄いものがありますな。 自分では、動画は時間泥棒過ぎてほとんど見ないのですが、子供らは気がつけばずっとYoutubeを見ている有様で、グルメ情報もかつてはブログが牽引していたのですが、今やグルメYoutuberにその座を取って代わられつつあるように思います。 西成のあいりん地区と言えば、リンゼイ・アン・ホーカーさん殺人事件の容疑者、市橋達也が潜伏していたように、一 […]

第四次あいりん地区解放の波「難波屋」@西成

  • 2017.07.14

かつて私が子供だった時は、新世界と言えばヤンキーや浮浪者のたまり場で、絶対に普通の人は立ち寄っては行けないと言われていた場所でした。 それが、フェスティバルゲートがオープンし、八重勝やだるまといった串カツ屋にマスコミのスポットが当たり始め、新世界が日雇い労働者の街から再開発された観光地になって行った90年台後半。 あいりん地区は、まだその時期でも麻薬や盗品が白昼堂々と取引されるアンタッチャブルな地 […]

久々に西成あいりん昼酒散歩

  • 2016.10.04

天一の日に、布施店で無料券をゲットした後は、久々に西成のあいりん地区まで昼酒をいただきに参りました。 とその前に、布施から西成へ行くまで途中、御幸森商店街の八百屋で格安の生唐辛子を見つけたので購入。赤い唐辛子も混ざってますが、自宅でカレーを作る分にはこれで十分です。 昔は良く西成に通っていたのですが、萩之茶屋のホルモン道場や酒のもりたといった名店が閉店し、中韓ホステスのカラオケバーが雨後の竹の子の […]

誕生日祝いは、何と西成「なべや」

  • 2016.06.15

先日は、もうウン十年目になる私の誕生日祝いとして、西成の今池にある「なべや」で豪華な食事と洒落こみました(笑)。 実は、嫁さんが前から行きたかった店だけど場所が場所なので、周辺の事情をよく知っている自分に案内の命令要請が来たわけですけどね・・・ 遡ること8年前になるでしょうか、今はすっかり食べ仲間としてお付き合いさせてもらっている「えて吉さん」と初めてお会いしたのがなべやに行った時で、その頃はブロ […]

ホルモンやまき@今池

  • 2015.12.31

年末最後の更新を飾るにふさわしい、西成のホルモン屋「やまき」に行って来ました。 私がかつての釜ヶ崎、今で言うあいりん地区の飲み屋に出入りするようになってから、もう10年以上の月日が経った事に気付きました。 当時は、いかつい顔の労働者や食べ物を恵んでもらいにうろつくホームレスしかおらず、昼間から路上で酒盛りをして寝転んでいる人がそこらじゅうに居て、夏場ともなれば立ち小便の臭いでむせ返るような場所でし […]

恒例年末鶴橋西成ツアー

  • 2012.12.30

うちの家の正月は、市販のおせちなんてボッタクリなものは買わずに、自分たちの好きなものを市場等で安く仕入れた惣菜や自作の料理で用意するというのが、毎年のパターンです。 そういう時の強い味方が鶴橋エリア。このあたりは魚市場と韓国人街が両方あるので、魚も肉も安くて良い物が揃うんですよね。 で、まずは地下鉄今里駅で降りて御幸森商店街へ。 韓国の正月には欠かせないチョッカルやイシモチといった食材を求める人達 […]

釜ヶ崎・あいりん地区の真髄「きらく」

  • 2012.05.10

今や「なべや」や「難波屋」、「もりた」、「音呑庵」など一般にも広く知られる店が増えてきて、客の様相が変わりつつ有るあいりん地区ですが、そんな中で”一見さん”お断りの空気をムンムンと放っているお店がこちら。 何しろ、料理と呼べるものは大鍋で煮込まれているホルモンしか無く、そのホルモンもたまにテッチャンは入ってますがほぼフワ(肺)のみ、値段は一皿120円という、まさに全てが極限仕様。 酒はビールや日本 […]

塩タンとハラミは絶品「焼肉 大寅食堂」@南霞町・新今宮

  • 2011.06.04

JR新今宮駅と阪堺電気軌道の南霞町がちょうど交差する場所にあるカウンターのみの焼肉店です。 このあたりは場所的にはちょうどあいりん地区の北端になりますが、たまに家族連れが来たりすることもあったりで、客層的にはそれほど悪い様子ではありませんね。 ここで頼むべきはとにかく塩タンとハラミで、生のプリプリ・サクサクとしたタンがしっかり100g入って800円とは、日本どこで探しても見つけるのは困難なコストパ […]

あいりんでは珍しく健全な飯屋「ごはん屋+ほまれ」@西成

  • 2010.04.27

西成・あいりん地区と言えば、朝からそこらじゅうで皆が酒をくらっている地域としてつとに知られていますが、その中でもここは純粋に飯を食わせる店として人気を博しているという、珍しい存在です。 席数はたったの6席ですが、全て1つの椅子に1つのテーブルが置かれ、店の奥に向かって同じ方向を向いているという、まるで飛行機のようなレイアウトなのには笑ってしまいます。こういう他人との関わりを排したレイアウトってのは […]

新年西成飲み歩きpart2「難波屋」@あいりん

  • 2010.01.04

そういや、まだあいりんの大御所である「難波屋」さんには年末年始に訪れてませんでしたね。 もりたとは違って市場の休みとはあまり関係が無い(笑)難波屋さんは、当然のように元旦から開いていた模様です。 こちらにも正月という事で煮しめや雑煮がありまして、そういや今年は煮しめは食べてないなと思い、まずは高野豆腐の煮付けを行っておきました。 酒はもちろん、ジョッキに2杯は取れるチューハイで。いつものように、氷 […]

今度こそ萩之茶屋から新年で。立ち飲み「もん家」@萩之茶屋

  • 2010.01.03

今度こそは、新年の飲み食いの話です(笑)。 3日は、年始も終わったので嫁さんに許可をいただき、あいりん近辺をブラブラ。さすがに正月も3日経つと、このあたりは半分ほどの店が開くようになっていて、賑わい的にはいつもと変わらない感じですな。 まずは「もん家」に入り、昨日は昼に飽食して夜はほとんど食べられずで今朝はお腹が空いていたので、この店のスペシャリテである黒豚のとんかつ(350円)を。 揚げ方にいろ […]

あいりんの食事どころ「花の山」@萩之茶屋

  • 2008.11.12

第3回グルコバも何とか無事終わり、お世辞かもしれないですが出席者からはとりあえず好評だったようでほっとしてます。 特に嫁さんのパン教室軍団でやったサモサやパラタが、さすがに手馴れているだけあって玄人はだしな出来栄えになって驚きました。サモサは南インドならではというものではないし、パラタは卵を使っているのでベジではないという事で、グルジリやグルハギではまず出てこない品ですが、あえてそれをグルコバの売 […]

あいりん地区の新店「霧島の豚鳥店」@萩之茶屋・今池

  • 2008.11.05

とうとう第3回グルコバまであと4日になったわけですが、正直言って今は気が重いです(笑)。 いや、別に開催するのが嫌なんじゃなくて、イヤイヤ期全開の子供を連れての旅行で相当消耗してしまったので、レシピや食材、段取りの準備に必要なパワーが沸いて来なくて気ばかりが焦ってる状態なんですよね・・・4日前だというのに今回は1人しかキャンセルが出てないのもある意味怖いです。あんまり期待しないでくださいとつい弱気 […]

おでん「深川」@西成区今池

  • 2008.08.28

突然4人のキャンセルが出てパニック状態のグルコバですが、何とか内輪から2名の参加を押し売り取り付け、Mixiのグルジリコミュに宣伝を出しました。さあ、後は野となれ山となれだ(笑)。 それはさておき、ついこの前、天満の正宗屋が突然閉店したという情報をもらったら、今度は中華の幸すいも閉店というメールをもらいました。このご時勢仕方ない面があるとは言え、こうも立て続けに高CPの店が無くなってしまうとへこみ […]