大阪・関西のB級グルメガイド

第23回むかいの南食ミートミートフェア

第23回むかいの南食ミートミートフェア

11/17(日)は、羽曳野市立青少年運動広場で行われた、「むかいの南食ミートミートフェア」へ行って来ました。

昨年はグルコバと日程がかぶってしまったので、2年ぶりの訪問です。

前回よりも早めに出たので、10時の開場から振る舞われる無料の豚汁にありつけました。

普通のイベントだと、こういう振る舞いものは具がちょっぴりだったりする事が多いのですが、さすが食肉の街で行われるイベント、豚肉がたっぷり入っているのが嬉しいですな。

前回は出店が無くて心配していた、識字教室が運営しているホルモンの天ぷら屋台が健在でホッとしました。

大きな牛の肺(フワ)の切り身が4つ刺さった串が2本で100円と激安。フワは臭みが出やすい部位ですが、全くそんな事は無くてモチモチの食感が楽しめます。

これも毎年恒例、タケダハムのソーセージ盛り。大きめのカップにてんこ盛り入ってたったの200円。

ケチャップをぶっかけてビールをぐび~。これをやらないと、ミートミートフェアに来た気がしません。

これも羽曳野に来ないと食べられない、油かすが入ったコロッケ。今や油かすは高級食材なのに、1個50円とこれまた激安。

油かすのコッテリとクセのある旨味が、これまたビールと合うんですな~!

沖縄舞踊や和太鼓などの出し物。恒例の競り市では、大阪ウメビーフ500gのパックを3000円での一発セリに手を挙げましたが、同時に挙げた女の子とのジャンケンに負けました(笑)。

気を取り直して、ホルモンの炭火焼き。おそらくアカセンだと思いますが、現地で豪快に炭火焼きされた香ばしさが食欲を掻き立てます。

本当は焼肉のほうを買う予定だったのですが、既に売り切れてホルモンに切り替わってました。それでも1パック300円は本当にお値打ち。食べきれなかったので、残りはお土産にしました。

今年もラストの抽選会はかすりもしませんでしたが、相変わらずの激安食肉パラダイスを堪能させてもらいました。こういう祭りを知ってしまうと、バカ高いだけの肉フェスとやらに行く気がしませんな~。どうもご馳走様!


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!