大阪・関西のB級グルメガイド

酒の道場 花野@和歌山市駅

酒の道場 花野@和歌山市駅

箕島の和Dining清乃でラーメンを食べた後・・・

せっかく和歌山まで来たのだから、当然ラーメン1杯だけで帰るわけも無く、箕島から海南駅に移動、そこからバスでマリーナシティまで。

でもポルトヨーロッパは冬場の平日という事でガラガラだったし、黒潮市場も完全に観光客向けの施設で、場内で買ったものをその場でバーベキューするのが売りみたいですが中国人観光客しか見当たらず、和歌山らしい海産物は皆無で個人的には全くそそられず。

仕方ないので、どこか昼から飲めそうな場所をと探してみたところ、見つけたのが花野酒店さんが営業している店があったので、そちらに移動することに。

もっと角打ち的な店を想像していたら、酒屋スペースの隣に立派な居酒屋風の店構えがあってビックリ。中に入っても奥に長い立派なカウンターがある座り飲みの店でした。

まずはおでんの大根と牛すじ。出汁がちゃんと取られていて味が良く染みており、これはなかなか良い店だと確信。

和歌山といえばアジというイメージがあるので、カウンターにあった大きな南蛮漬けを1尾。あっさりと上品な味わいで酒が進みます。

これもカウンターにあったピリ辛の鶏唐揚げ。ビールを1本空け、腹もくちくなったのでこれにてお勘定。

地方だとこういう店が案外高かったりするものですが、値段は合計で1200円ぐらいと、下手をすると大阪の角打ちよりも安い値段でしたよ。どうもご馳走様!

この後、スーパーかどっかで買い物がしたかったのですが、駅の近辺は全くそれらしき店が無く、酒が入ると歩くのがだるくなったので、このまま帰宅する事にしました。ちょっと最後は不完全燃焼でしたが、楽しい小旅行でありました。

 

酒の道場 花野

関連ランキング:居酒屋 | 和歌山市駅


 

いいね!と思ったら、↓クリックをお願いします!