大阪・関西のB級グルメガイド

居酒屋

1/4ページ

酒屋が経営する居酒屋の名店「畑分店」@大正

  • 2020.07.22

実は、この店の情報をアップしようかという直前に、店の老朽化によって9/17をもって閉店するという衝撃的な情報が飛び込んで来ました。 ただ、マスター自身は別の店に移転して営業を続ける予定だそうで、風情ある店の雰囲気は失われてしまうかもしれませんが、料理はそのまま残ると信じてアップさせてもらいました。 場所はJR大正駅のすぐ西側、横道に入ったところにあり、味のある看板と暖簾が目印。近所には畑酒店という […]

コロナ明けのプチ宴会「酒仙房 金生」@千鳥橋

  • 2020.07.11

新型コロナウイルスの蔓延以来、仕事でもプライベートでもすっかりご無沙汰になってしまった飲み会。 緊急事態宣言が明けて状況も落ち着いたという事で、グルコバ常連のだいこんさんの音頭で、ishさんやえて吉さん、あきこさんの5人で千鳥橋にある「酒仙房 金生」に集合。 こちら、昔から本サイトでトップクラスのコストパフォーマンスとして最高の評価にしているお店なのですが、いかんせん場所が千鳥橋で会社帰りなどで気 […]

海鮮酒場 あんじ 麩屋町綾小路店@京都

  • 2020.02.26

先日は、2年ぶりに開催された高校の部活同窓会。 店は、先輩の実家の近所にある「海鮮酒場 あんじ」というところだったのですが、新型コロナウィルスが猛威を奮っているのに、店内は予約で満席という人気ぶり。 まずは名物の造り盛りという事で、鯛やサーモン、生のマダコ、マグロなど7種が入った一皿。確かに人気だけあって鮮度抜群! 天満市場で何度か見かけていて食べたいなと思っていたけど、あまりに量が多くて断念して […]

酒の道場 花野@和歌山市駅

  • 2020.01.06

箕島の和Dining清乃でラーメンを食べた後・・・ せっかく和歌山まで来たのだから、当然ラーメン1杯だけで帰るわけも無く、箕島から海南駅に移動、そこからバスでマリーナシティまで。 でもポルトヨーロッパは冬場の平日という事でガラガラだったし、黒潮市場も完全に観光客向けの施設で、場内で買ったものをその場でバーベキューするのが売りみたいですが中国人観光客しか見当たらず、和歌山らしい海産物は皆無で個人的に […]

中島屋セカンドブランド「スタンドはじめ」@鶴橋

  • 2019.11.07

以前に驚愕のワンコインランチで紹介した「スタンドはじめ」。 中島屋のセカンドブランド立ち飲み 鶴橋の人気居酒屋である中島屋が改装工事をする際、中島屋さんの本職である酒屋をリニューアルしてオープンした立ち飲み店。中島屋が復活した後も、セカンドブランドとして営業を続けています。 マグロと海鮮が売り! ドリンクは、生中が280円、中瓶が400円、チューハイが250円、焼酎が300円より。地酒も380円か […]

松茸の土瓶蒸しと鯛の骨蒸し!「スタンドアサヒ」@南田辺

  • 2019.10.31

毎年秋の恒例となりつつある、スタンドアサヒ@南田辺の松茸土瓶蒸し飲み会。 「今年もそろそろやな」とishさんに粉をかけられまして(笑)、いつものメンバーで予約をかけましたよ。 まずはほとんど突き出しのようになっている小鉢から。これもいつもの組み合わせでしっとり旨し。 前回はメニューにあったけど売り切れで断念した、鯛の骨蒸しをやっと確保。ねっとりと溶け出したゼラチンと、淡白だけど深い鯛の身が合わさっ […]

串カツ 一品 AI (あい)@堺筋本町のヒレカツ定食

  • 2019.09.23

船場センタービルの2・3号館地下2Fにある「ジョイ船場50」という飲食店街。 その中に、老夫婦がやっていた「串カツなべ」という店があって、私も何度か行ったことがあるのですが、いつの間にか代替わりかしたようで、居抜きで「串カツ 一品 AI」という店に変わっていました。 店の人も、おっちゃんと若い女性に変わっていて、店の横にはド派手なビニールのポールが立ってたりしますが、店内は全く変わってないので違和 […]

天神祭の日にあえて「やきとりの名門 秋吉」@京橋

  • 2019.08.07

大阪に住んで長いので、どちらかというと京都人よりは大阪人化している私ですが、やっぱり祭りといえは祇園祭であって、天神祭は単なる花火大会だと思っております(笑)。 その花火がある日に、もしかすると皆祭りに行って空いてるかなと思い、いつも人で賑わっている京橋のコムズガーデンにある秋吉に寄ってみたら、そんな甘くは無くて8人ほどの待ちが発生していました・・・ 普段ならスルーしてしまうところですが、気分が焼 […]

博多名物のかわ燒きが大阪に本格上陸!「かわ屋」@京橋南口

  • 2019.07.29

博多の名物よしてつとに有名な「かわ焼き」。 単なる鶏皮を焼いたものじゃなくて、長い鶏皮を串にぐるぐる巻いたものを、6日間かけて油を落としながら焼き上げるという手の込んだ料理だそうです。 その本家である「かわ屋」が大阪に初出店という事で話題になったのですが、普段は予約でいっぱいらしく、飲み仲間を誘って予約しようかなと思っていました。 でも初見の店は、なるべく味を確認してから飲み会に使いたいので、遅い […]

超穴場の座り飲み角打ち「丸正酒店直売所」@諸口

  • 2019.07.12

大阪市鶴見区諸口の鶴見通沿いに、かつてはダイエーだったグルメシティ鶴見店があるのですが、その東側にある通りを南に入ったところに、酒屋に隣接した座り飲みの角打ちがあります。 でっかい暖簾がいかにも昭和な雰囲気で良い感じですな~。 中は奥に長い大理石風のカウンターが伸びていて、老夫婦お二人で切り盛りされています。 メニューは日替わりでホワイトボードに書かれているのですが、定番は豚塩ネギ焼き。 こういう […]

もはや毎年恒例、「スタンドアサヒ」@南田辺で松茸土瓶蒸し!

  • 2018.11.08

今年は世界的に松茸が豊作らしく、天満市場などへ行くと中国やトルコ産だと1山600円ぐらいで売られていたりして驚きます。 いつもそんなのを見かけると買ってしまいたい衝動が起こるのですが、我が家の子どもたちは特に松茸が好きというわけでは無く、土瓶蒸しの容器も無かったりするので、やっぱ外で食べるのがいつものパターン。 高級割烹なんかだと、この時期は黙っていても松茸が出るのでしょうが、お値段的にも高嶺の花 […]

野毛でもつ焼き「ゴールデンもつ」@桜木町ぴおシティ

  • 2018.08.30

さて、また横浜出張ネタの続き。 台風のために2日目も宿泊する羽目になり、夜は時間が出来てしまったので関内から野毛までブラブラ歩き。 孤独のグルメで有名になった日ノ出町の第一亭も一度行ってみたいなと思いながらも、夜に1人で行くのはヘビーなので諦め、以前も行った「宮川橋もつ肉店」に寄ってみると既に多くのメニューが売り切れだったので退散。 そこで、ここもまた前に行った「福田フライ」に再訪、串カツとエビを […]

復活の十三屋@ションベン横丁でちょい飲み

  • 2018.08.03

4年前に起こった、十三駅西口ションベン横丁の大火災。 ちょっと前に、東口に移転した「らーめん担担」のエントリーを書きましたが、飲む方の大御所である「十三屋」にも表敬訪問。 実は、十三屋のほうは被災して間もなく東口で復活営業をしておられましたが、路地の中にあるウナギの寝床のような店になっていて、雰囲気が変わり過ぎて何となく入りづらかったんですよね。でもようやく、去年の秋に再建されたションベン横丁に戻 […]

祇園祭の宵々山見物の跡は、「やきとりの名門秋吉 河原町店」で納涼の一杯

  • 2018.07.18

今年は史上最高気温での祇園祭だったようですが、3連休の日曜日に宵々山へと行って来ました。 歩行者天国が始まる午後6時頃に着いたのですが、うちわで扇いでも熱風しかやって来ない暑さで早くもグロッキー状態。 山鉾もあまりじっくり見ずに、そそくさと子供が目当てにしている夜店をチェックするのみ。 あ、でも毎年振る舞い酒をやっている、室町高倉にある繁昌神社は忘れずに立ち寄りました(笑)。 烏丸通に出て、人混み […]

魚河岸 ふじ乃や@千林

  • 2018.07.07

京阪千林駅のすぐ西側、商店街の上辺りには飲食店が立ち並ぶ入り組んだ路地がありますが、そこにあった太郎坊寿司の跡地に新しく居酒屋が出来ておりました。 ネットで調べたら、どうやら海鮮が売りの立ち飲みみたいでずっと気になっていたのですが、ちょうど臨時休業に当たったりとなかなかタイミングが合わず、ようやく先日に初訪問となりました。 外観も内装も白木のカウンターで、言われなければちょっとした割烹料理店のよう […]

1 4