「マンノ精肉店」@羽曳野 超穴場精肉店のコロッケとスジ肉

スポンサーリンク
たまには料理
スポンサーリンク

食肉処理場のお膝元でありながら、卸はたくさんあっても小売の店がほとんど無かった羽曳野市向野。

そのど真ん中に、2014年からオープンされているのが「マンノ精肉店」さん。木曜から日曜までの週4日のみの営業。

場所は、住宅密集地の路地の奥、表からは小さな看板があるだけで、知らないとまず普通に通り過ぎてしまうロケーション。でも路地の奥には数台が止まれる駐車場があります。

見た目は掘っ立て小屋(失礼)ですが、中はモノトーン基調でレフライトを使い、オシャレな雰囲気に設えられています。

冷蔵ケースの中は、グラム2600円のシャトーブリアンやソトヒラ、マクラといった黒毛和牛の希少部位やホルモンが宝石箱のように並んでいます。

でもそんなお肉様にはとても手が出ないので、グラム162円の国産牛スジ肉を購入。

そして、税込み81円のコロッケも買いました。

コロッケが入っている袋もなかなかおしゃれですよね~。

コロッケは、甘めのじゃがいも生地に国産牛のミンチがたっぷり、ネットリ濃厚な味わいでとても80円そこそことは思えない高級感があります!

牛スジ肉は、アキレス腱やメンブレンが無い霜降りの赤身スジ。これでこの価格は安いですよね~。

白味噌とコンニャクでどて焼きを作りましたが、ホロホロととろけるような味わいで、実に上品などて焼きが出来上がりましたよ。

1kg単位からおまかせで肉を見繕ってくれるサービスもあるそうなので、いつか頼んでみたいものですな。どうもご馳走様!

関連ランキング:その他 | 高鷲駅

コメント

タイトルとURLをコピーしました