大阪・関西のB級グルメガイド

サイト更新情報

1/50ページ

たちのみ ねこ ~何故か呼び込みがいる京橋の激安底辺立ち飲み

  • 2018.10.11

最近は、本当に個人営業の居酒屋がオープンした、という話題を聞かなくなりましたよね。 個人で飲み屋を開業する場合はほとんどが立ち飲みで、昔ながらの店を除けば、座り飲みの居酒屋はほとんどが資本系の店になってしまった感があります。 その立ち飲みも二極化が進みつつあり、1つは女性をターゲットにした、インスタばえするような凝った料理が充実している代わりに、グラスジョッキの生ビールが450円ぐらいするような店 […]

あいすべきものすべてに@高井田のつけ麺

  • 2018.09.27

大阪の二郎系ラーメン店の中では、お気に入りの部類に入る高井田の「あいすべきものすべてに」。 自宅や職場からのアクセスが遠いのでなかなか訪問が出来ないのですが、この日は休肝日なのに夜は外食命令が出たので、自転車で回り道して行ってまいりました。 目的は、まだ未食のつけ麺。二郎系のつけ麺はマッチョ千日前店で出していますが、関西では珍しいメニューですよね。 しかも、こちらのつけ麺は麺が普通のラーメンとは違 […]

美人女将が営む小洒落た小皿焼肉店「桃李」@堺筋本町

  • 2018.09.14

最近は、イタリアンのYAICHIROによる和食立ち飲みや、燻製を売りにした立ち飲み店など、今どきな飲食店ラッシュが続いている堺筋本町・東横堀川界隈。 その中で、昨年の秋ぐらいにカウンターのみの小さな焼肉店がひっそりとオープンしているのに気づきました。 普通、自分の好みとしてはこういう店はパスするのですが、地下鉄への通勤路の途中にあるためずっと気になっていて、ある時ふと立ち寄ってみたところ、意外にも […]

安くても料理にこだわる角打ち「伏見屋」@守口・土居

  • 2018.08.10

しかし最近は、下手すると座り飲みの居酒屋よりも多くオープンしてるんじゃないかというぐらいに、新しい立ち飲み店の情報を良く見かけます。 でも大体傾向としては似通っていて、以前に目立った海鮮系の立ち飲みはピークを過ぎたようで、今は女性が好みそうなちょっとひねった創作料理系のアテを並べ、ビールは生だけでグラスジョッキで380円ぐらいから、というパターンが多いですよね。 もともと日本の大手メーカービールに […]

孤独のグルメで中国人にも人気?「甘辛や」@昭和町

  • 2018.07.28

こちらは、大阪の粉もん店としてはかなり老舗に入る部類で、私にとっても長い間の宿題店でしたが、美章園という場所まではなかなか出向けず、案の定ほったらかしのまま年月が過ぎ・・・ ところが去年の春ぐらいに、あの「孤独のグルメ」で串カツの武田と一緒にこの店が取り上げられ、突然「行ってみよう!」というスイッチが入ってしまいました(笑)。 場所はJR阪和線美章園駅から昭和町へ伸びる道を西に行った先にあります。 […]

西中島南方のレトロ角打ち「田中萬酒店」

  • 2018.07.13

今まで本サイトには掲載しておりませんでしたが、この店に通い始めたのはもう20年以上も前の事でした。 当時は十三近辺に住んでおりまして、まだ世間では立ち飲みと言えば酒屋の角打ちが主流で、専門店は京橋や天満、西成に数えるぐらいしか無かった時代でしたね。 そんな中で、こちらは行きやすい場所にある事から良く立ち寄っていた店でしたが、それからまた引っ越ししたせいでルートが代わり、最近まではずっとご無沙汰状態 […]

ノーマルな「とんこつラーメン」もお見事!「ぶたのほし」@JR尼崎

  • 2018.06.29

前回の初訪問で「さかなとんこつラーメン」を食べ、その完成度の高さに驚嘆したので、すぐ時間を作ってノーマルの「とんこつラーメン」をいただきに再訪。 これで基本的なラーメンメニュー2種類を食べたので、本サイトにも情報を追加しました。 さて今回は日曜日、しかも所要で出遅れたので開店15分ぐらい前に到着。既に店内の待ちスペースは空いていて、30人ぐらいの前客がいたでしょうか。そして開店の11時になり、私は […]

安い旨いボリューム満点、これぞ大衆中華の鏡!「栄華飯店 関目店」

  • 2018.06.08

ここで何度も書いてますが、私には「いつでも行けると思った店に、いつまで経っても行かない」という欠点があります。 この店も、実はチャリンコでの通勤路に面していて、数えきれないぐらい前を通り、ネットでの評判も良いというのを知っていながら、つい最近まで行かずじまいになっていたお店です。 そしてようやく、意を決して初訪問を果たしたわけですが、こんなに良い店だったのかとまず後悔。そして坂を転げるかのごとく集 […]

庶民的な関東風の老舗うなぎ屋「川勝」@住吉大社

最近はシラスウナギの不漁でますます値段が高騰しているうなぎ。 私もうなぎ自体は大好きですが、スーパーや牛丼屋で売っているような中国産にはほとんど手を出さず、もっぱら国産うなぎしか食べないようにしています。 その場合、やはり値段を考えると割高な大阪のうなぎ屋で食べるのはなかなか難しく、鶴橋の川徳で持ち帰りを買うか、競争が激しい三重のうなぎ屋に限られてしまい、ここ数年は年に2~3回食べたら良いほうぐら […]

こんな下町に魚介が売りの新店が!「立ち呑み まさ」@徳庵

  • 2018.05.02

JR学研都市線の大阪側の駅は、住道のように再開発をしたところもありますが、どこも狭苦しい下町に駅があって、飲み屋も昔ながらの居酒屋、角打ちしか無くて一見客にはなかなか厳しいエリアです。 徳庵駅の付近では、立ち飲みでは唯一「まこと酒店」という角打ちがあるぐらいだったのですが、駅の西側に出たところに新しく店が出来ているという話が聞こえてきました。 店に入ってみると、中は大きなコの字型のカウンターがあっ […]

店名と豚のトレードマークからかけ離れたハイブロウ豚骨「しあわせのらーめん ミゥ」

  • 2018.04.13

大阪城目当ての外国人観光客があふれる、森ノ宮交差点を南に少し行ったところに、ピンクの豚がトレードマークのラーメン屋さんがありました。 しかも店名が「しあわせのらーめん ミゥ」と来れば、いかにもスガキヤのような優しい味のラーメンを思い浮かべるところですが、いざ店内に入ってみると、あの豚骨臭がプ~ンと店内に漂っているのだからビックリします。同じ建物の隣が、オシャレなカフェなので苦情来ないんだろうかと心 […]

意外とオープンモダンなお好み焼きの老舗「ぼん繁」@天満橋

  • 2018.03.30

ここで何度も書いてますけど、家や仕事場から近ければ近いほど、後から天候が悪い時などに行けばいいやと思ってしまう悪い癖が私にはあります。 こちらも今の会社で働くようになってからウン十年、特徴的な店名とデザイン文字がずっと気になりながら2000回以上は自転車で前を通り過ぎているのは間違いなく、ようやくようやく重い腰を上げて通ってみたというわけです。 行きにくかった理由は、まず貫禄がある老舗だと言うこと […]

本町の激安肉バルランチ「Rosemeat Factory」

  • 2018.03.16

御堂筋の本町交差点の南西角、ヨドコウビルの地下に肉バルの店があって、ランチの激安どんぶりを求めて昼時は大賑わいです。 何しろ、最も安いカルビ丼はたったの380円で、ちゃんと注文ごとに肉が焼かれ、タレを回しかけて出されるシズル&ライブ感は値段以上のものがあります。 そのカルビ丼は薄切りのバラ肉を使っていて、若干オイリーではありますが若者に人気の品。 480円のハラミ丼は、肉質こそ固めですが旨味があっ […]

ガッツリ志向なサラリーマンのオアシス「グリル&喫茶K」@梅田

  • 2018.03.02

B級グルメのガイドサイトを作っている身としては、安くてボリュームのある「ガツめし」店の紹介は必須ではあるのですが、10年前ぐらいならともかく、最近はそういう店に行く事が厳しくなって来ました。 まだ土日とか夜に行ける店であれば、子供と一緒に行って分けて食べたり、ライス抜きでビールとおかずだけという手段が取れるんですけども、平日ランチのみの場合はご飯少なめコールで逃げるぐらいしかありませんからね。 な […]

サク飲みに好適、天満駅前の立ち飲み「千歳屋」

  • 2018.02.16

相変わらず大阪では新しい立ち飲み店のオープンが続いている模様ですが、ルクアのバルチカに象徴されるように、ターゲットは完全に女性客にシフト、インスタ映えする料理と豊富な地酒、でもお値段は高めという店ばかり。 そんな時代になってしまうと、我々のような安酒大好き人間はどこへ行って飲めばいいのかと嘆くばかりですが、珍しくオッサンをメインターゲットにした立ち飲み屋が天満にオープンしていました。 場所は天神橋 […]

1 50